ボーン・コレクターの作品情報・感想・評価

「ボーン・コレクター」に投稿された感想・評価

masato

masatoの感想・評価

3.5
久しぶりに鑑賞。昔、見たはずなのにあんまり覚えていなかった。面白かったけど、数年後また忘れていそうな感じの作品。

猟奇的連続殺人事件を脊椎損傷して寝た切り状態の元警官と現役で優秀な女性捜査官が解決して行くサスペンス。

犯人予想通り。怪しい人は違うっていう方程式がピタッとハマる作りでした。
ぽん

ぽんの感想・評価

2.8
.
2018🎬45
ボーン・コレクター
.
検証しよう
.
.
わたしはいま猛烈に後悔している。なぜこんな怖くてグロい映画を夜中に見てしまったのか。寝れんくなるやつや....タイトルでなんで怖いやつって気づかんかったんやろ....
天才的な推理頭脳を持つライムを中心に、猟奇殺人の犯人を追う話。ボーンコレクターはやべぇな。犯罪がいちいちぐろくてあかんかった。
アメリアをアンジーが演じてたんだけど、若かった....!The 外国人顔よなぁ。
日本でもアメリカでもなんででも、ミステリーとかサスペンスでちょい役の人が犯人っていうのは変わらないと思ったね〜まる。
sakurako

sakurakoの感想・評価

3.5
グロかったけど、あかん!行ったらあかん!死ぬで!ってハラハラしながら見れた。
録画を。
普通の警官が、殺人現場の写真撮影の仕方や現場の残し方うまかったからってそんなふうに大抜擢されちゃう?と、最初っからなんとなーく引き気味に見てしまってもうだめ。
あおい

あおいの感想・評価

3.0
手となり足となり、次の手掛かりを掴め…

デンゼル・ワシントン&アンジェリーナ・ジョリーのコンビが贈るサスペンスミステリー。半身不随のデンゼル・ワシントンが事件を解決する、「セブン」風の映画。

◎ストーリー
ある日、少年課に勤める警官のアリシアは、骨が剥き出しになった遺体を見つける。さらには、その被害者の妻も行方不明になっているという。現場に残された難解な暗号に捜査が手詰まりになったその時、過去の事件で半身不随になった科学捜査官のリンカーンが再び招聘されることになる…

ちょっとお粗末な「セブン」でしかない!犯人の動機もしょーもないし、グロさも控えめです。

でも、デンゼル・ワシントンの安楽椅子探偵はとても新鮮で良かった!彼とバディを組むアンジーの方は、少しキャラ薄目でしたが( ^ω^ )あとは、2人の絆が生まれる過程とかもあまりないのに、仲良くなってたのがちょっと不思議やった。もう少し時間かけて描いても良かったのかな。

全体を通して暗めで、説明不足感が否めない。リンカーンの過去描写もなく、キャストは良いのに勿体ない映画。
BSで観賞しました🎬
ライム(デンゼル・ワシントン)とアメリア(アンジー)の絶妙な関係がいい👍
犯人が残す証拠にメッセージ性が含まれ、それを紐解きながら事件を追い、進んでいくうちに、お互いを認めあい解決へと向かっていく🦴
ラストはライムを殺しに来た犯人、ギリギリ間に合ったアメリア〜最後は見応えあり⚔️
ライムは若かりし頃のマッコール さん。イコライザー の印象が強いけど、こっちもいい味出してますよ❗️
それよりアンジーが本当に美しく綺麗で素っぴん感が最高です🌹
あと、ライムを看病する看護師役のセルマ(クィーン・ラティファ)が、肝っ玉の座った姉御みたいでファンになりました🤗
maco

macoの感想・評価

-
この女性警官アンジーだったっけ、というくらい久々に観た。わりと好きで原作も読んだ気がする。車椅子探偵ものだけれど、ライムの境遇もあり、命へのひりひり感がある。シリーズの続きを読みたい。
書庫番

書庫番の感想・評価

3.9
日本公開年に劇場鑑賞。

デンゼル・ワシントン演じる、ある事故の為に肩から上と指先しか動かせない科学捜査官が安楽椅子探偵宜しく、連続殺人事件の謎に挑む。
彼のパートナーとして現場に赴く才気溢れる女性警官にアンジェリーナ・ジョリー。

設定の面白さと数々の殺人トリックが見所の良質なサスペンスミステリー。
犯人は結構早めに気付きました。(笑)
ka28mar

ka28marの感想・評価

3.0
これは原作があるのね。
アンジーが初々しすきて気がついてなかった記憶があるw
もともと狭いところは嫌いぢゃないけど
デンゼルが狭いところで事故に合うところで、自分は狭所恐怖症なのに気がついたwwwあんな夢を見て怖いw
[R_SUS]
YTcrow

YTcrowの感想・評価

2.7
昔見た時はもっと面白かった気がしたんだけど、今は好みが変わっちゃったのかいまいち物足りなかった。
>|