ランナーランナーの作品情報・感想・評価

「ランナーランナー」に投稿された感想・評価

レオ様が製作に係わっていたのですね
正直、もっと面白い映画になったのでは?と
いっそのこと、コメディにしちゃえばよかったか?みたいな
yuki

yukiの感想・評価

2.5
公開時劇場で。

ロッテントマトで8%というとんでもなくズッコケた数字を叩き出しちゃったオンライン・ギャンブルが題材のクライムスリラー。

もっとワクワクするような映画を期待しちゃってたからか、ものすごくつまらなかったし題材的にもっとスタイリッシュに演出できなかったものかと思ってしまった。  

主人公のリッチーも応援したくなるようなキャラじゃないし、最後ああなった所でなんにもスカッとしないし、これといった見せ場もなく、こう言うのもなんだけど本当につまらないのよね。相手を出し抜くおもしろさが皆無。不正を掴んだ時のおもしろさが皆無。ここが致命的。

プロ級の腕を持つポーカー大好きベン・アフレックが出てるんだから、お遊びのシーン入れてあげてもよかったのに。
KANAKO

KANAKOの感想・評価

2.5
金持ち悪者役のベン・アフレックもいいよな😍笑ベン好き
映画自体はふつう……
asehoi

asehoiの感想・評価

1.9
いやー
表紙とこんなに違うものかと驚いた。

カジノがテーマなら、きちっとカジノでスリルを味わわせてほしい

イマイチ
各コメントにあるように逆転劇が弱いです。
敵を賄賂で味方にしただけ。

これ観るぐらいなら、
「ラスベガスをやっつけろ」
をおすすめします。
怒れるほど破綻もしてなければ
死ぬほど眠くなるようなつまらない映画でもないんだけど

面白いと思えるところもほとんどほとんどなく

感情が何も動かなかった

唯一ベンアフレックが安定の渋カッコよさがあるなって感想
水曜日

水曜日の感想・評価

2.8
大学の学費を稼ぐためにネットカジノに手を出し損をしたリッチーは、その胴元の不正を糺すべくコスタリカに向かう…。

悪の胴元がベン・アフレックなのだが、コスタリカの緩さとベンの気楽な緩さが最後まで尾をひいたのか、犯罪ドラマな感じになれなかった感じ。

主人公のティンバーレイクは歌手のときのイメージのまま「クリーンな少し悪」を演じるが、やはりコスタリカに呑まれてしまった感じがある。

この映画は緊迫感を出そうと試みるもコスタリカという場所と出演者のセレブオーラのおかげで緩くなってしまったかも。…誰も悪くはない、皆が熱演なのは伝わる。

昨年亡くなった『ホームアローン』のパパ役のジョン・ハードがパパ役で出演してました。ちょっと痛々しい感じでした。
最後まではまれない映画は久々だった。
展開が早すぎて着いていけないところがあった。
実話を基に作られた、ジャンルとしてはクライムスリラーとのこと。

ジャスティン・ティンバーレイクや、ベン・アフレックが出演していることもあり、見栄えは十分なのだが。
「実話」の悪さが際立っていたかもしれない。展開に派手さはなく、逆転劇を強調するも、映画を見慣れた客層を喜ばせるほどの個性はなかった。

ただ駄作というには惜しいのかな。ここまで低い評価になる、自分では見逃した汚点がまだあるのかもしれません。個人的にはこんなものかなと思いました。
ギャンブルがらみのクライムサスペンスかな。ジャスティンティンバーレイクてうまいのか下手なのかわからんけど、よく主演してるよね。そしてなんかデジャブ感がある。悪いベンアフとちょいワルFBIにアンソニーマッキー。なんか派手なようで今ひとつな感じでしたよ。騙し騙され。
>|