百日紅 Miss HOKUSAIの作品情報・感想・評価

百日紅 Miss HOKUSAI2014年製作の映画)

上映日:2015年05月09日

製作国:

3.4

あらすじ

百日紅(さるすべり)の花が咲く――お栄と北斎、仲間達のにぎやかな日々がはじまる。 女浮世絵師・お栄は、父であり師匠でもある北斎とともに絵を描いて暮らしている。雑然とした家に集う善次郎や国直と騒いだり、離れて暮らす妹・お猶と出かけたりしながら江戸の四季を謳歌している。恋に不器用なお栄は、絵に色気がないと言われ落ちこむが、絵を描くことはあきらめない。そして百日紅が咲く季節が再びやってくる、嵐の予感…

百日紅(さるすべり)の花が咲く――お栄と北斎、仲間達のにぎやかな日々がはじまる。 女浮世絵師・お栄は、父であり師匠でもある北斎とともに絵を描いて暮らしている。雑然とした家に集う善次郎や国直と騒いだり、離れて暮らす妹・お猶と出かけたりしながら江戸の四季を謳歌している。恋に不器用なお栄は、絵に色気がないと言われ落ちこむが、絵を描くことはあきらめない。そして百日紅が咲く季節が再びやってくる、嵐の予感とともに……。 江戸の四季を通して自由闊達に生きる人々を描く、<爽快>浮世エンターテインメント!

「百日紅 Miss HOKUSAI」に投稿された感想・評価

わりに

わりにの感想・評価

4.3
渋いけどキレがあってよかった。こういう何も起こらなくてちょっとなんか起こる映画が好きだ。

好きなシーン
泣き虫
歩き出すと潰れちまう
手が出て行く
俺も初耳だ
椿
命も目も
akihiko810

akihiko810の感想・評価

3.6
杉浦日向子原作漫画のアニメ映画化。おおむね原作にそって作られていて、なかなかよい出来の映画だった。 原作よりも「お栄」に焦点をあてたことで、主人公が誰かはっきりしてわかりやすくなったと思う。お栄役・杏の演技もなかなかぶっきらぼうでよかった。しかしあらためて原作をまた見返したくなるのは、原作の傑作さの証明だろう
SHOTAISM

SHOTAISMの感想・評価

3.0
アニメーションの描写はとても綺麗。
途中までのシナリオもバラエティとしてそこそこ楽しめたものの、ラストの始末がどうも呆気なくアニメーション映画を見た!という感じにはなれない印象を覚えました。
あられ

あられの感想・評価

3.8
簡潔にまとめられていて、アニメーションらしくとても好きな感じ。
くろお

くろおの感想・評価

3.9
物語にあまり起伏はないが、それが帰って良い印象。
作画含め、雰囲気が非常に良くて何気ない日常描写が凄く愛おしい。
特に人間臭くありながら、怪奇じみた変人性も時に見せる北斎がいい。
凄く納得する人物像だ。

終盤に変わらぬ日常が変化してしまう出来事が起きるが、
凄くアッサリ描写。悲しみを表に出さず、カラッと受け止めるお栄の姿はまさにそれまでに描かれて来た江戸の人達の逞しい生き方そのもので、
そこに非常に感動した。

難点は…音楽が浮いてる点と声かなぁ。非常に聞き取りづらい箇所があったり、演技的にちょっとどうかと思う人がいたり…
アニメーションは綺麗。
色合いも目に優しい。

船に乗っているシーンで葛飾北斎が描いた「神奈川沖浪裏」が出てくるところがとても印象に残った。

でもなんだか自分の思ってたストーリーじゃなくて残念。
昔の絵描きの話とかそういうところに焦点を当てて欲しかったのに、幽霊のようなものが出て来てから急にフィクション感が出てきて、あぁ、これはアニメなんだ、と冷めてしまった。

芸術映画を目指したのか、恋愛映画を目指したのか、色んなことを全部半端にしたせいでつまらなくなった気がする。
kazco

kazcoの感想・評価

3.6
北斎の娘の物語。
娘がいたことすら知らなかったけど、この映画を観る限り北斎の視点で描いても面白くならなかったろうな、達観してしまってるところがあるし。

短編の連なりなんだけど、繋がりが非常にスムーズなこともあって短編と意識する間もなく物語が進行していく。
最初と最後で使われたBGMがハードロック調なのがこの作品では浮いていた。
ケイコ

ケイコの感想・評価

3.0
北斎の娘・お栄の視点から北斎や江戸をみつめるストーリーは斬新でした。
俳優陣が名を連ねてるけど、プロの声優には遠く及ばん!
いつ山があるのかな?と思っていたら割と平地のまま終わった。(江戸だけに?)
アニメーションとして見るなら、「よろし」くらいかな。色彩とか良かった。
yuka

yukaの感想・評価

3.5
杏ちゃんの声って本当に杏ちゃんやな〜

すごい淡々と。
比較的切ない。

EDで流れてくる林檎姉さんの声の色気な

絵が綺麗
>|