百日紅 Miss HOKUSAIの作品情報・感想・評価

百日紅 Miss HOKUSAI2014年製作の映画)

上映日:2015年05月09日

製作国:

3.4

あらすじ

百日紅(さるすべり)の花が咲く――お栄と北斎、仲間達のにぎやかな日々がはじまる。 女浮世絵師・お栄は、父であり師匠でもある北斎とともに絵を描いて暮らしている。雑然とした家に集う善次郎や国直と騒いだり、離れて暮らす妹・お猶と出かけたりしながら江戸の四季を謳歌している。恋に不器用なお栄は、絵に色気がないと言われ落ちこむが、絵を描くことはあきらめない。そして百日紅が咲く季節が再びやってくる、嵐の予感と…

百日紅(さるすべり)の花が咲く――お栄と北斎、仲間達のにぎやかな日々がはじまる。 女浮世絵師・お栄は、父であり師匠でもある北斎とともに絵を描いて暮らしている。雑然とした家に集う善次郎や国直と騒いだり、離れて暮らす妹・お猶と出かけたりしながら江戸の四季を謳歌している。恋に不器用なお栄は、絵に色気がないと言われ落ちこむが、絵を描くことはあきらめない。そして百日紅が咲く季節が再びやってくる、嵐の予感とともに……。 江戸の四季を通して自由闊達に生きる人々を描く、<爽快>浮世エンターテインメント!

「百日紅 Miss HOKUSAI」に投稿された感想・評価

葛飾応為の絵とても好きです。
和製レンブラントとも言われるくらい
闇の中の光りが綺麗だったり
美人画では応為の誇りや悲しみも描かれていて心を惹きつけられます。


父親が北斎だと言う事、
自分が女性だと言う事の
苦悩が描かれている作品なのかなー
と思いきや物語はそこまで至らず
ちょっと残念。
わたしの思い込みが過ぎました。

始まりで広重の日本橋の構図と同じカットがあったのでおぉー!と思いました。
あと北斎の富嶽三十六景の波の絵も描いていましたね。

今よりも暗闇が多かった時代。
化け物や迷信、
そして大火に翻弄される人や魅入る人。
その描かれ方はなかなか良かったです。




最近の北斎人気は凄いですね。
平日昼間でも展覧会は混んでいます。
そんな北斎の錦絵や肉筆画とともに
数点置かれている応為の絵がとても良いです。
ひっそり咲いている華のようでした。
児嶋

児嶋の感想・評価

2.9
江戸の街並みや迫力のある火消し、動きのついた水墨画など、アニメーションは観ていておもしろい。
突風やカマキリといったシニフィアンの使い方は印象深くてよかった、特にカマキリ。
登場人物にそれといった魅力がないのが残念。北斎がそこまで絵に拘泥してる感じもしない、軽い人物に描き過ぎてるか?お栄も北斎の娘というだけで、主人公になれる器じゃない気がする。
『百日紅~Miss Hokusai~』 ってタイトルだったけど、葛飾北斎という天才の天才っぷりが印象に残る作品だった

あくまで応為さんの物語は、絵師としての応為さんではなく、江戸時代に生きた応為さんという女性を描くのがメインという感じだった
そうなると、あの親子にとっては絵を描くことは飯食ったり寝たりするのと同じこと過ぎて、あえてこの物語の中で焦点に置く必要がなかったんだろう

お話もツギハギ感が強くいまいち物語にのめり込めず
あっという間の90分というよりは、えっ今ので終わりかぁという感想
MR8

MR8の感想・評価

3.0
原恵一らしい芋臭さが詰まった90分。小津や木下ら松竹を感じられる画作りにシネフィル具合を見受けられるも、全体としては少々(というかかなり)地味すぎたか?
ぎぎぎ

ぎぎぎの感想・評価

4.0
女形?の男の人とのキスシーンが妙に生々しいかんじで良。
おゆき

おゆきの感想・評価

4.5
時代もののアニメってだけで好みなのに、声のキャストが好きな俳優ばっかり、主題歌は大好きな林檎さん、家族愛あり、切ない恋あり、ややファンタジーあり、もうわたしが好きになる要素を兼ね備えすぎてる。おまけに主人公同い年(笑)
ストーリーは脈絡なく進んでいってあまり盛り上がりはないけれど、わたしは飽きることなく観ていられた。そして何故かロックンロールが似合う。

こういう作品は本当に大好き。
盲目の妹に金魚をあげる、妹はそれを喜んでみてる。いい。

火事がかっこよかった、タイムスリップしたさが強まる。無理。
Cocoa

Cocoaの感想・評価

3.8
天才絵師、葛飾北斎の娘"お栄"に焦点をあてたストーリー。絵がなかなか好きだったし、お栄のさばさばとした性格がかわいい。絵に憑く幽霊や妖怪なんかもでてきて、当時の文化や絵の背景、絵師それぞれの性格が観れて、いろいろ想像がふくらんで面白かった。
むく

むくの感想・評価

3.0
主人公がイケメン。男だと思ったら女だった。
声もキャスティングがピッタリ‼︎
色鮮やかな江戸の風景も良かった。
ストーリーは、結構淡々としていて、そんなにのめりこめなかった。
ばし

ばしの感想・評価

3.0
お栄の日常短編集のような淡々とした映画 微妙にオカルト入ってるのが良い
>|