吉原炎上の作品情報・感想・評価

「吉原炎上」に投稿された感想・評価

今の時代、かたせ梨乃の様なこ〜〜〜〜んな体張った女優さん、他に誰がいますか???
存在感半端ない。
カメラワーク気にしたり、異常に意識する女優さん蒼井優さん、寺島しのぶさん、安藤サクラさんか🌸

カメラワーク気にしたり、自分の顔が綺麗に撮れてるか異常に意識する女優さんがいる中、かたせ梨乃様。本物の大女優ですよ。
主役の名取さんもとーっても綺麗でした。
でもかたせ梨乃様の演技と存在感がすごくて主役顔負けでしたね。
nago19

nago19の感想・評価

4.0
若い頃に見た嫌悪感が無くて仕方なく身を売る女性たちが悲しい。その中での生き方身の処し方でささやかな幸不幸の差が出る。意地とかプライドとか優しさとか抱えるものがみんな違うから。
だぶ

だぶの感想・評価

3.8
吉原波乱万丈。そいで最後燃えます!映画

揺れる乳、揺れる頬、リアルに燃えるセット、花魁にしては高年齢女優陣だけどそれがまたよし
え、終わり方つよ!!!って思った笑
他にも色々とやばいところいっぱいでおもしろかった。
かたせ梨乃すごかったー
THE☆昭和の女優魂!!!

初めてちゃんと始めから終わりまで観ました。

主演の名取裕子さんはもちろん、二宮さよ子さん、梨乃姐さん、西川峰子さん(例のシーンの鬼気迫る演技たるや!)、そして私の大好きな藤真利子姐さん、体張ってます!!
そしてこれまた私の大好きな『ねずねず』こと根津甚八様の男前からにじみ出るエロさ♥

したたかに逞しく女郎として生きていくしかなかった彼女たちの、壮絶で哀しい運命。

モヤモヤと色々考えさせられました。

要所要所で友近がチラつきましたが、観て良かったです。
明治末期の吉原すごいです。おおげさで過剰な演出と演技が楽しめました。今で言うと、借金返すためキャバクラに入店してNO.1をめざす話かな?笑っちゃうシーンもたびたびあった。友近のものまね思い出しちゃう。
Komi

Komiの感想・評価

3.7
たまたまやってて観てしまった。久しぶり。もう何度か観てるけど、最初に受けた衝撃はもちろん、その後もタイトル見るたびにいろんなシーンがまざまざと浮かぶ、凄くインパクトのある映画。

赤のイメージがすごい。ほんの小さく唇にさす紅。赤い布団部屋。真っ赤な吐血。名取さんが掘に飛び込んだ後、ぶわっと拡がる赤い水…。地面にぶちまけられて、のたうち回る金魚たち…。吉原の女性の、哀しみの色の代表みたい。

今はもういない俳優さんや、今は大女優の若い姿。体当たりで裸を晒したり、醜態を演じたり、凄まじい情欲をさらけ出したり、ほぼ全員が熱演。こんな映画、今は出会えない。

吉原という世界の事もとても興味深かった。
Bom

Bomの感想・評価

3.3
かたせ先輩の演技!主演かのようです。

2018年初観作品143本目
chikawo

chikawoの感想・評価

-
男は頭がお花畑だな。
女はみな逞しい。そして哀しい。
若様クソ!

このレビューはネタバレを含みます

随處、随處で身を切られるやうに苦しくなり、涙が止まらず、観てゐてしんどかつた。泣きすぎて目が出目金のやうにパツパツに腫れあがつた。



〽︎御前この世に何しに來たか 牛や馬でもあるまいし
朝から晩までこき使はれて
それも不運と諦める

こんなにも辛い思ひをして生きてきた女たちがゐたのだ。
か弱い女をこんな目に遭はせる、狂はせる、遊郭と云ふもの。
人生と云ふもの。
餘りにもむごい。
むごい故に美しさ際立つのが尚更哀しい。

主人公の紫、
紫の苦労を、痛みを、もう少しきちんと描いて慾しかつた。
始め、客を取るのが怖くて逃げる場面などは感情移入してしまふほど辛かつたけれど。

紫を取り巻く周りの遊女の哀しさが痛くて、もうやめてあげてと叫びさうになる。
嘘で己を固めまくつて、病氣になつて、気が狂つて、血反吐出しながら死んだ女の哀しさ。
心中の約束を信じて裏切られて發狂し、自殺した女の哀しさ。

何処にも居場所のない女たちの儚さ、脆さ。
◆追記
斎藤眞一さんの繪が大好きなのだが、あの繪を忠實に再現してあり驚いた。
暗い部屋にぼんやり光る灯。
>|