ピーター・パン2/ネバーランドの秘密の作品情報・感想・評価・動画配信

「ピーター・パン2/ネバーランドの秘密」に投稿された感想・評価

新田畳

新田畳の感想・評価

3.0
2000年代の作品ももうレトロになるような時代に自分はいるんだな、と感じた。

ゼロ年代は「信じないことを信じる」という信念の力によって文化が形を得た時代だった。安易で大衆的なものを信じないことによって、社会に流されない「自分」を得られた(と思い込むことができた)易しい時代だったように思う。

ピーターパンやサンタクロースを鼻で笑うことで大人の一つの要素を得られた、ある意味(正否は別としても)まだ整然としたそういう答えに辿り着けた世界が10年前くらいまではあった。
こと日本では震災がそこから次のタームに移り変わる節目だったのかもしれないけど。

そこから徐々に気づかないうちに「夢見ない自分」を持つことよりも「みんなで夢見ること」が生きる多くの人たちにとっての大きな希望になった。それは経済、政治、災害、疫病が何重苦にもなった暗闇の中で生まれた人々の切実な祈りなのだろう。

ネバーランドが生まれ、否定され、また多くの人が存在を信じようと奮闘しているのが現代だとすれば、作品内でその存在を信じ切りピーターパンとの再会を果たしたウェンディは多くの人間にとって一番の理想のモデルになり得るように思う。「祈りと成就」を成し遂げた存在。

人って奇跡そのものよりも、奇跡を体験した誰かを求めていたりするのかもしれない。
それを目の当たりにすれば、安心してそこに突き進むことができるから。
今はそういう時代なのかなーと思ってる。
続編物のディズニー作品の中では面白い方だった!
弱ったティンクかわいしょ、、、

このレビューはネタバレを含みます

意外な導入、なんと戦争の時期…!
今回はウエンディの娘が主役です。

オープニングのところはピーターパンのおさらいでめちゃくちゃ素敵でしたね。

どうしようもない現実から、もしかしたらピーターが攫ってくれる?と思いきや海賊船!時計台ビッグベンのそばを今度は海賊船で通るのもステキに見えました。

ネバーランドに行く瞬間、サイケすぎんか???

50年経っての続編というのがすごい!!!クラシック作品を違う世代がまた作るのもいいと思った、リスペクトを感じる場面がいくつか。色んな背景があったんだろうか。
でもでもでも、さすがにクラシック作品の女性陣は群を抜いてキレイな気がしてる…!作画が神!!

お話の展開はとってもシンプルなので誰でも楽しめると思います!
弟連れてってあげたかったけどお話の展開上仕方ないと納得。。

最後、ウエンディには見えるのね❣️信じてるから??

続編としてアリだと思いました🙋‍♀️🙋‍♀️✨

ピーターパンとフック船長は、永遠にディズニーランドのように、毎日戦ってるのかななどと思った⚓️⚔🐊💣💚
あすか

あすかの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

大人になった今改めて見たら感動が止まらなかったし、本当泣ける!
フック船長の登場シーンドキドキするし、ピーターパンはずっとかっこいいし、ティンカーベル可愛すぎる。
最後のウエンディとピーターパンの絡みがもう、、
Chibio

Chibioの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ピーターとウェンディが会話するところが胸にジーンときました。

このレビューはネタバレを含みます

本作ではウェンディの娘が主人公。
戦時中ということもあり、お伽話に目を輝かせるような子供心は薄れていた。
幼い弟にも、そんな物語は空想だと冷たい言葉を向けてしまう。
しかしその夜…。

いつまでも子供のままのピーターが最後に大人になったウェンディと会うシーンがなんだか少し切なくて良かった。
【soutaの映画つぶやき No.448】
"ピーター・パン2 / ネバーランドの秘密"


第2次世界大戦中のロンドン。ウェンディの娘ジェーンは ウェンディと間違えられ フック船長一味によって ネバーランドに拐われてしまう。。


"ピーター・パン"の続編。
ウェンディの娘 ジェーンの物語ですが、戦時中の世界、すっかり夢を見ることを忘れてしまっていた。。

ネバーランドも 妖精も信じない ジェーン。ピーター・パンとの冒険の中で、夢を見ることの大切さ、信じることへの力について 考えさせられる。やや知名度低めですが 良作です。
chika

chikaの感想・評価

5.0
ピーターパン初公開時が、1953年で、
続編公開が、2002年で、
当時子供だったウェンディが大人になり、
2児の母に。

そして、戦争という辛い背景から
海賊に誘拐され、
ネバーランドという世界へ連れて来られてしまった。

フック船長(ネバーランド出身)は、
「子供はいつまでも子供のまま」と思ってるので
ジェーンをウェンディだと思って誘拐してしまい、
ピーターもジェーンと会った時に
ようやく気付く。

けど、最後には、
ピーターがロンドンの世界へ足を踏み入れ
子供はいつまでも子供じゃない、
人は変わるということを学んだお話。

ピーターパンでは、ワニがフック船長の
トラウマとしてきたけど、
ピーターパン2では、タコがフック船長にとってのトラウマに。笑

Pirates of the Caribbeanもそうだけど、
海賊って強そうな武器持ってて、
コミカルな性格だよね。笑
へ

への感想・評価

5.0
ピーターパンは子どもの頃から幾度と見てきた、そして何歳になっても見たいと思える作品のひとつ。原作との繋がりが垣間見れてワクワクする。最後のシーンは何回見ても泣ける、、
胸がぎゅーってなるような切なく、でもとっても素敵な大好きな作品。
まるり

まるりの感想・評価

3.5
オンクラの予習で見ました。フィナーレはベタだけど2作目のテーマとして良かったなと思います。
>|