フックの作品情報・感想・評価・動画配信

フック1991年製作の映画)

Hook

上映日:1992年06月20日

製作国:

上映時間:142分

3.6

「フック」に投稿された感想・評価

方眼

方眼の感想・評価

4.0
80年代後半から90年代、子供の心を表現する役者はトム・ハンクスか、このロビン・ウィリアムスと相場は決まっていた。群衆シーンの演出はうまい。
ママン

ママンの感想・評価

3.1
記録👀

とりあえず観たという記憶しかない。

ジュリア・ロバーツがティンクだったっけ?
スピルバーグの見逃し案件。

見逃してるだけに、あまり評判はよろしくない作品。

中年になったピーターパン!、、ひょっとしてスピルバーグご本人のこと?^_^

この発想は中々ユニークで良いのですが、発想が十分生かされていないし、なんだかワクワクしない^^;

ピーターパンをロビン・ウィリアムス。フック船長をダスティン・ホフマン。ティンカーベルをジュリア・ロバーツという考えうる最高のキャスティングなんですけどね、、^^;

テーマパークではしゃぎ回る大人たち、、って感じです^_^
ロビンウィリアムズその他の名優でなんとか体裁を保ってる。まぁ悪くは無い
テーブルの料理が見えた瞬間👍

忘れてましたけど、大好きな映画です!!
超豪華大人版実写ピーターパン!
監督「スティーヴン スピルバーグ」

ピーターパン「ロビンウィリアムズ」
ティンカーベル「ジュリアロバーツ」
フック船長「ダスティンホフマン」

エクスペンタブルズ並みの豪華キャスト!

凄いですよね。結構古いので、知らない方もいるのではないでしょうか?

ピーターパンの話ですが、アニメのストーリーとは全く違い、かなり変化球です。

ピーターパンが、ネバーランドを去り、ネバーランドの事を忘れ、大人になり、社会人になり、結婚して家庭を持っています。

自分の子供がネバーランドに連れ去られ、取り戻しに行くのですが、自分がピーターパンという事を忘れていて、飛び方も戦い方も何一つ分からないという状況から、話が展開していきます。

私が大好きなシーンは「ネバーランドの仲間達が、ピーターパンを本物かどうか多数決を取るシーン」です。

スピルバーグならではの壮大感のある音楽演出で、昔の仲間達が、飛べもしないで老けたピーターパンを、本物だと認めていく描写に鳥肌が立ちます。

あー、会社辞めてネバーランド行きたい。

子供も大人も楽しめる作品なので、見た事ない方がいたら是非^^
michiko

michikoの感想・評価

3.0
子供の頃好きだったが、海賊達に誘拐された兄弟が段々とその状況に馴染んでいく様が怖かった。こういった夢と希望の物語で闇落ちは期待していない。
プロフを書いてて、ふと思い出しレビュー。
僕の中で子供の頃の浪漫映画といえば、BTFにグーニーズにこれでした。
評価はベルギーチョコの海くらい甘いです。

VHSで借りてきて何度も何度も見ました。
大人になって、おなか出た、ただの中年が夢を思い出す。
これ以上の浪漫があるでしょうか。

間違いなく今までのディズニー映画で一番好きです。
アラジンの実写版も良かったですが、比較にならないです。
あのピーターパンの後日談の創作なのにこのクオリティ。
オリジナルを再現するだけの実写とは一線を画しています。
物語も本当に良く考えたと称賛しまくりーの美しい。

子供の頃も夢をくれ、ピーターパンのような中年になった今も、
ずっとあのネバーランドにいつ帰れるのか、待っています。

あの、このままだと中年超えてまうんですけど、
僕の場合は片道切符だけなんでしょうか?

見たことない人はきっとここが仮想現実だって気づいてないんですね。
可哀想に..

このままだと本物のピーターパン症候群になれそうです。
不思議なお薬で空が飛べるようになる違う扉が僕を待っているかもしれない( ;∀;)

この作品の映像美は本当に、世界の絶景空撮シリーズに勝るとも劣りません。映像からのメッセージは希望、希望、希望です。
最後は空を飛べます。
ライバルなのにどこか憎めないルフィオの配役も最高だったけど、今もう45歳やて(笑)

さっきなんとなくWIKI見てたら、驚愕の新事実。
なんとあのフィルコリンズが俳優として参加していたっていう。
全然気づかなかった。。

グッド警視役らしぃ。

知らない人の為に紹介しておくと、
フィルコリンズはアメリカでは
昔から有名なシンガーソングライターです。
当時は打ち込みっていう音楽の制作方法は珍しく、
いわゆるHIPHOP的なものが有名ですが、
彼はドラム、ギター、ボーカル、作詞作曲、すべてでアルバムを作りあげる猛者です。打ち込みでも彼の場合は生演奏を重ねていくスタイルです。
今は声出すのがやっとなお爺ちゃんです。
そんで有名なターザンの映画の主題歌も歌っています。
タイトルは『You'll Be In My Heart』
僕のお勧めは『Take Me Home』
え、もうフック関係ないって?
うるせーなつまり最高の映画ってことだよ!

評価100%偏ってます。

忘れてた、この映画の最大のメッセージはきっと、
愛、そしていつかは現実と向き合う日がやってくる、それに決着をつけて、またつぎに進むことで大人になるのも悪くないよと言った感じです。
嘘です。僕なら下界にはおりません。
大人になりたくなかったピーターパンが大人になってしまったら…
年老いたウェンディがマクゴナガル先生で驚き
ダスティン・ホフマンのフック船長がことのほか気に入った
子どもの頃、
ビデオテープすりきれるまで見た。

ああー、また見たい。
あのカラフルなご飯食べるシーン見たい…
>|