舟を編むの作品情報・感想・評価

舟を編む2013年製作の映画)

上映日:2013年04月13日

製作国:

上映時間:133分

3.8

「舟を編む」に投稿された感想・評価

ひとみ

ひとみの感想・評価

3.0
当時の彼氏と見た。邦画は暗い!暗いシーンが多いとかじゃなくて、もう画面が暗い!!!!!!!
言葉を好きになる、原作が良かったので観てみる。
この静けさが好きだ。
理沙

理沙の感想・評価

4.0
開始数分で何も手がつかなくなるくらい引き込まれる空気感。
好きです。
静かな流れの中で、一生の仕事をする人々の話。

言葉は誰かに気持ちを伝えるためにある
映画の中に出てくる言葉の使い方、選び方いろんなものが心に響きました。
不器用に生きる馬締さんが、一生の仕事を見つけて、熱い心を持って仕事に打ち込む姿を見て、私は仕事に対してここまで熱心になれるだろうか…と。
自分を見つめ直してみたくなりました。
働くことは美しい事ではないかもしれないけれど、頑張ることは魅力に溢れているんだと思います。



まさか辞書をつくるだけど映画で泣くとは思っていませんでした。
最後30分涙がポロポロ溢れて止まらなくないんです。
Yukenz

Yukenzの感想・評価

3.6
静かな展開だけど内に秘めたそれぞれの熱い思いがジワリと伝わってくる。
辞書作りという今まで自分が考えたことのない世界の話がテーマで、日本アカデミー賞の作品賞を受賞したとあっていつか見たいと思っていた。
優しい昭和の感じがして、特に振り子時計が12回音を鳴らした時に、昔実家に掛けてあった同じような時計とその当時の懐かしさに胸がジーンとなった。それが12年後の転換シーンになっていて自分のその後とも重なり一人勝手になんとも言えないノスタルジーに浸ってしまった。
まじめさんとかぐやさんは相変わらず穏やかで、賑やかさはないけどお互い幸せなんだろうなとほっこり。
そして八千草薫さんの笑顔はいつ見ても大好き。これって自分のおばあちゃんの優しい笑顔を思い出すからなのかなと鑑賞後に一人で納得した次第。
小川

小川の感想・評価

-
若い時に一生の仕事を見つけられただけでラッキー、あとは突き進むだけ。ほんとうにその通り、染みました。
かぐやが、旦那さんのお箸は丁寧に揃えて置くのに自分のお箸は無造作にばらっと置くところすごく良かった
walk

walkの感想・評価

3.7
1つ1つ、書いたり話したり、見たり聞いたりする言葉を大切にしたいと思った。
suu

suuの感想・評価

3.7
自分の知らない世界を映画で知ることができた時、見て良かったなーと思う。
この辞書の世界も然り。
Sakurako

Sakurakoの感想・評価

3.9
本も面白かったけど映画も良かった。
言葉が好きだし、言葉をたくさん知ってることに憧れがあるからこういう仕事って大変そうだけど羨ましくもある。
コトバがもっと好きになった。言葉って生きているんだよなぁーー
「言葉の意味を知りたいとは、誰かの考えや気持ちを正確に知りたいということ。それは人と繋がりたいという願望」
松田兄はこーゆーの似合う
inomakaz

inomakazの感想・評価

3.6
言葉が好きな人や編集に携わる人にとっては、ワクワクすると同時に、背筋が伸びる作品。

一家に一冊当たり前にある辞書、でも、この辞書を新刊で作ろうと思うと、10〜15年かかるのはざらだそう。『舟を編む』は、そんな辞書作りに情熱をかけた人々の、苦労と人間模様を描いている。

松田龍平がオダギリジョーを泣かせるシーンで、こっちまで泣けてしまった。加藤剛さんの知的で穏やかな演技も深く印象に残る。宮崎葵と池脇千鶴も、別なタイプの、りんとした女性を演じていて惹かれた。

同僚に話したら、『辞書になった男』を勧められ、辞書の世界にますます興味が湧いてきた。
>|