舟を編むの作品情報・感想・評価・動画配信

舟を編む2013年製作の映画)

上映日:2013年04月13日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「舟を編む」に投稿された感想・評価

Akiramovie

Akiramovieの感想・評価

3.7
テーマとして 辞書 言葉の持つ意味 を、考えさせられ面白かったけれど、話題作だったのに 何故か作品として 熱量が足りなく 感動も薄かった。

加藤剛・オダギリジョー・小林薫 が 意外と 大根ぽい 演技になってしまったのは なぜだろうか?  演出?台詞?

渡辺美佐子・宮崎あおい 演ずる 大家さんと 大家さんの姪 が、リアルな雰囲気のキャステイング で とても シックリ。

いまや 小説家の 又吉さんの チョイ出し も 楽しい。

あの二人は 将来 子供は 欲しくない設定なのかしら?

やはり、日本映画の課題 90分位に 編集しよう!
久しぶりに見たくなって!

全く知らなかった、辞書がどうやって作られて行くのか
その地道な過程を知られるのがおもしろい

先生と2人でマクドで用例採集するシーンが素敵

恋と右を調べたくなっちゃう
国語辞典監修者の老教授が、どん欲に生きた事例を取り込み、誤用も含めた新しい辞書を目指す姿に、出版社側のメンバーも自らの立場から貢献するようになっていく。ひとつひとつの言葉に込める想い。変わらないものと変わっていくもの。それぞれを許容しながら、ずっと先を目指して、少しでも前へ。
その

そのの感想・評価

4.0
宮崎あおいにハマったので続けてこちらを鑑賞

『恋』

"観覧車って誰が発明したんだろう"ってゆわれて、私もマジメさんと同じ行動してた😂

辞書が作られるまでの過程がリアルで知らないことばっかりだった。けど、後半に詰め込みすぎでは?

宮崎あおいと松田龍平の関係性もとても素敵で、丁寧な暮らしで憧れるなぁ
達筆のラブレター出てきた時は笑っちゃったわ

松田龍平ってどんな役でもピタッとはまってる

2020年299本目
yui

yuiの感想・評価

3.7
最後まで見れない映画だろうな〜と
期待しないで見たのもあるかもだけど
そんなこと全然なかった〜◎
松田龍平の変わり者の演技うまい!
ハラハラドキドキがない日常的な映画って苦手だけど最後まで見れるしうるっとくる!
見たことない役者達がいい味出しててそこも良いし
お家の感じとかなんか色々雰囲気がすごく合ってていい◎

辞書1つ作るのにこんなに大変なことだったんだ!と知りました🤭
例とか見るのが楽しそう👀辞書に興味が出る大渡海見てみたい
pon

ponの感想・評価

4.0
不器用で変わり者のみっちゃんが、周りの人に影響を受けながら素直に成長していく様が清々しい。奥さん役の宮崎あおいも素敵。感動したなぁ。
foryou

foryouの感想・評価

4.1
一冊の本、一枚の紙、
一つの言葉、一つの文字への愛を持とう

静かで優しい愛に包まれる。
zzz

zzzの感想・評価

4.5
語彙力が無い自分に嫌気が差して数ヶ月前辞典買ったんだけれど、結局使いこなせず本棚に眠らせてしまっていた。折角なので使ってみようと思う。

穏やかにゆるりと時間が流れている映画だった。
でも思ったよりも断然コミカルで、すっかり夢中になってしまった
馬締の愚直さ、情熱が周りにも伝染って行く様子が純良で素敵。
でもかぐやとの恋路はもう少し詳しく知りたかったな〜

このレビューはネタバレを含みます

仕事のスタイルに馴染めず、会社で行き場を失いつつあった男が、辞書に出会ったことをきっかけに、人生の舵を切りはじめるお話。
映画史上一番好きな告白シーン。
tomomy

tomomyの感想・評価

-
どうせ地味な映画なんだろってナメテマシタケド、そんなことなかった。スローな前半から奥底に眠る情熱がずっとあって、後半爆発って感じ。
温度が心地よい作品でした。
>|