舟を編むの作品情報・感想・評価・動画配信

舟を編む2013年製作の映画)

上映日:2013年04月13日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

あらすじ

「舟を編む」に投稿された感想・評価

酉婆

酉婆の感想・評価

-
しをんちゃん原作
辞書編纂の裏側が見えて面白いというところか。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.5
右の言葉の意味にも色々な解説がある。

日本語ってほんとうに複雑で
でも素敵だと思う。
辞典を作ることが
あんなに時間がかかる作業だと思っていなかったのでびっくりした。
Katsuki

Katsukiの感想・評価

4.0
映画全体に静かな雰囲気が流れている。直向きな主人公の姿が印象的であった。
Sunao

Sunaoの感想・評価

4.2
言葉の力。
そんなことばさえも薄っぺらく感じさせるような

ことばと向き合う2時間。

僕も言葉が好きですが、
まだまだ知らないものが沢山あって
それを拾い上げていくこと
それらを咀嚼するようにアウトプットすること

これらを怠らないようにしたいと
強く感じました。
ナガ

ナガの感想・評価

3.8
重い、難しい、使いにくい、高い

そりゃそうだよね、
それほど時間も手間も情熱も盛り沢山の大作だったんだ
c

cの感想・評価

-
久々に再鑑賞したので記録。

この映画の好きなところは”良い人”しか出てこないところ。意地の悪い上司や、口うるさいオバサンなどのストレス要素がない。口下手な主人公を否定的に扱う人間はおらず、彼を理解し、受け入れている人ばかりなのだ。なんとも心温まる作品。
人に恵まれ、同じ熱量で仕事ができる仲間がいるというのは非常に羨ましい。

作品というものは目にするのは”完成形”だけだ。それが出来上がるまでの時間、労力が表に出ることは決してない。この映画を観た後に辞書に対して「高い」と言えるだろうか?
過程に目を向ける、それだけで作り手の思いは報われるものだ。
ちぃ

ちぃの感想・評価

4.0
再鑑賞をしよう📽
≣≣≣≣≣✿≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣
「船を編む」…言葉は海原のよう。その言葉が航海する船のよう🌼.*素敵なタイトル

調べ物はGoogleに頼る事が多く辞書を引くことなどなくなってしまった私は…この作品を観たら心が浄化されるような感じになりました。

辞書作りに費やす年月を知り…辞書には作り手の心がこもっている事がわかります♡*°

「大渡海」…今を生きる辞書
言葉…生まれては死んでいき、変わっていくもの。若者が使う言葉も載せる辞書を作る事になったが、この辞書を完成させることは出来るのだろうか🤔







↓↓↓ネタバレあります




辞書作りに携わる事になった馬締さん(松田龍平)は下宿先の、タケおばあさんの孫の、かぐやさん(宮崎あおい)に恋をする♡*°

馬締さんが名前の通りの真面目(▭-▭)✨
さん♡*°
とてもいい人なんでしょうね〜♡*°
穏やかで、みんなに優しさを忘れないような人でした︎💕︎

「馬締さんの恋の語釈」
ある人を好きになってしまい、寝ても覚めてもその人が頭から離れず、他の事が手につかなくなり身悶えしたくなるような心の状態。

成就すれば天にものぼる気持ちになる。

辞書には…そんなふうに載っているのでしょうか♡*°

この作品の中には好きな言葉が何点かありました︎💕︎

・他の人の気持ちがわからないから興味を持つんでしょ…タケおばあさん。
確かにその通りですよね〜◡̈*.。

・自分の指先が言葉に触れる…荒木さん
指紋が無くなるほど長年作業をしていた彼の言葉でした。世界が指に触れるって言うのかな〜…なかなかこんな言葉言えないですものね♡*°

馬締さんと一緒に仕事をしていた西岡(オダギリジョー)もチャラい感じでしたけど優しくて良き人でした♡*°
彼は「ダサい」の語釈を書いていましたね〜

反対に「イケメン」…顔だけでなくて心も美しい人の事を言うそうですよ︎💕︎

「大渡海」…13年もの月日をかけて作られた辞書。
辞書を作るために必死に生き抜く姿の素晴らしさに感動でした🥰
なにかのために頑張る姿って…本当に素晴らしいですね✨✨✨

馬締さんと、かぐやさんの夫婦👫関係が素敵でした(*¨)~♥
邦画ならではのしっとりした色味いいよね。
馬締くんが四苦八苦しながら辞書作りを通して人と繋がっていく様子愛おしいかよ〜。松田龍平、大きな感情の起伏を表に出す感じではないけど少しの変化でこちらが察せる感じの演技がよい。


あとはもう私は原作が好きなので、どうしても原作と比較しながら見てしまうところはあるんだけど。
映像化にあたり、限られた時間のなかで何を主軸にするか問題はあるのは理解できるし、そうすると自然と辞書と馬締になるのはわかるんだけど、西岡とか岸辺とか、『主人公にならない人(その仕事への適性が天性のものではない人)』の届かなさとか苦悩とか寂しさとか喜びとかがとくに小説で好きだったのでそこはほんと少しでもエッセンスでもいいから入ってたらよかったなあなどと贅沢を言う。
あとこれは本当センス悪と思ったけど、松本先生死去のタイミングの違いがこう…よりドラマチックにするための変更って感じがほんと、チープゥって感じになって残念。
あと装丁が思うてたよりダサかった(失礼)。

原作が本屋大賞かなんかとってにわかに流行ったころ、当時付き合ってた人が、「船を編む読んだ?めちゃよかったわー」とLINEしてきて、間違いかな?と思ったけどその後も絶対「船を編む」と書いていて、舟と船にこだわらない言語感覚の人がこの内容の作品を「めちゃよかったわー」というのなんか皮肉だなと思った記憶。


21-36
ami

amiの感想・評価

4.0
一つの言葉に対してこれから先
こんなにも向き合う事ってあるのだろうか。
自分なら「恋」についてどんな風に語釈をつけようか、と考えるのも楽しかった。

マジメくんが辞書制作に出会ったことで
仕事へのやり甲斐を感じて前向きな気持ちに変わっていったこと。
やはり人には向き不向きがあって自分に合った仕事に就けることは
とても幸せなことなんだなと感じました。
金春色

金春色の感想・評価

3.0
原作既読。随分前に読んだのでキャストに関してはオダギリジョーは原作のイメージに合ってるくらいの感想。95年当時この言葉はあったのか、こういう風に使われていたのだったかと疑問に思うことも。
辞書作りという地味で膨大な作業の積み重ねが淡々と描かれる。特にドラマティックなことが起こらないのが普通の人の日常であり、平凡に見える毎日の積み重ねと辞書作りの地道な作業の相関性。人に興味を持てずコミュニケーションに難ありの馬締の成長物語でもある。馬締なりに妻を大切に思い愛しているのだと分かるが配偶者の香具矢からしたら彼を愛するということは言葉(辞書作り)しか愛せない彼を愛せるのかということ、ととある舞台のセリフとリンクしてしまった。あと猫が可愛い。
>|