舟を編むの作品情報・感想・評価

舟を編む2013年製作の映画)

上映日:2013年04月13日

製作国:

上映時間:133分

3.8

「舟を編む」に投稿された感想・評価

MOTO

MOTOの感想・評価

3.5
辞書編纂という地味なテーマながら娯楽映画の王道を行く作りで寅さんや釣りバカと併映でもおかしくないくらい素晴らしい大衆映画になっている。
宮崎あおいのマドンナ感もたまらない。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.5
辞書を作る話。
毎日の積み重ねってすごく大事。
静かな物語だけど中身はあつい。
地味で大した盛り上がりもないけど、最後じわーっときて、邦画もいいなぁと思う。
一生懸命さにやられる!
troy

troyの感想・評価

4.2
「こういう作品があるから邦画を観るのはやめられない」原作未読。前情報なしに観たのだが心に残る作品だなんて…。こういう作品は邦画ならではだ。というより、この国の雰囲気によるからこれは日本人にしかわからない風情のある作品なのだろう。やたら劣化洋画のようなエンターテイメントな映画より、俺は断然好きだ。言葉の素晴らしさ、辞書という書物の大切さが心に染み渡る。この便利が当たり前な世の中に、アナログで地味だが、大切なものに焦点を当てた原作者と映画化した制作陣に拍手を送りたい。
HiromiIse

HiromiIseの感想・評価

4.4

辞書をつくってるだけなのに。
そこにある物語がすごく深い。
見てて勇気貰える
きほ

きほの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

とっても良い作品だった。
心に残る言葉選びが多い、そして一人一人が温かい人柄で一生懸命仕事に取り組んでいて素敵だった。何十年もかけて1つのものをつくりあげる丁寧さ、そして言葉の海を辞書とゆう船で渡っていく素敵さ。

たくさんの人々に正しく言葉を伝えていく辞書って素晴らしいなあと改めて思った。

それにしてもほんと好きなシーンがたくさん…。なにより不器用な馬締さんがコミュニケーション取るために頑張ってる姿が愛おしい。カグヤさんとの関係も素敵!!!

下宿先の大家さんが言った「相手の気持ちが分からないのは当たり前。分からないから言葉で相手を知っていくんじゃない」みたいな台詞が最高だった。後は馬締がカグヤさんに恋をして、恋とゆう言葉の意味について表した書き方がほんと素敵だった。

西岡さんのプロポーズシーンも良かったなあ。演者さん全員がはまり役ですごく演技も素晴らしかった!!夫婦っていいなあ。
20180911新文芸坐
面白かった。辞書編集という地味な作業、特に大事件も起きない主人公の人生を淡々と描いているだけだけど、随所でじんわりと感動させられた。

あと、全く作品と関係ないことなんだけど、俺がこの映画観ようと思った切っ掛けが、昔上司に「お前の話し方は舟を編むの主人公みたいだな」って言われたからなんだけど、その時は「松田龍平に似てるの?イケメンってことか?」って満更でもなかったんだけど、実際に観てみたらさ、松田龍平が演じる主人公、コミュ障を通り越してちょっと足りないヤツじゃん!?俺、こんなふうに見られてたのかよ・・・ってちょっとショックだったんだわ。まあ作品とは全然関係ないんだけどね。はあ。
あいこ

あいこの感想・評価

2.8
初めて小説を読んだとき、主人公の「右」の説明にほほーって思ったの今でも覚えてる。まじめくんが海に浮かぶ言葉を集めるシーンすき。
メグ

メグの感想・評価

4.5
ザ・日本映画。
松竹が製作と知って納得。

原作が大好き。
映画もちゃんとしっかりしてた。配役がみんな合ってたと思う。

辞書を作る人って今の時代には珍しい職人気質な人たちばかりで社会からみても変わってる人たちなのかもしれないけど、とことん極めるために努力を惜しまない仕事って簡単にできないよなあ、

西岡の歳を取っても青春してる、って表現本当に的確。

でもこの映画タイトルだけじゃストーリーわかんないし、アカデミー賞を取っていなければ、そんなヒットしなかっただろうな、、
原作を知ってる人か映画通しか観なさそう。
現代においてSNSや音楽そしてこのレビューを見ている今、皆が目にする耳にする言葉。

その言葉というものの大切さ素晴らしさを改めて教えてくれる作品。
誰しもが使ったことがあるであろう辞書。それを一冊作成するまでの苦悩と葛藤。これを観た後に辞書というものの素晴らしさを実感します。

言葉の重みを伝えるにもかかわらず作中の台詞が少なく、キャラクターを心情を半ば自分で読んでいくという作風が斬新!

松田龍平の地味なキャラクターを言葉、姿勢から全て演じている凄さ!手の組み方までにしなっと自信のない組み方を演出するような演技力に魅入る。

恋愛や人生観を主体に伝える映画ではないがとても素敵な映画に出会いました!
まるで偶然入った路地にお洒落なカフェを見つけたような感じです
>|