退屈な日々にさようならをの作品情報・感想・評価

退屈な日々にさようならを2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:142分

3.9

あらすじ

東京。映画監督の梶原はまだ映画だけでは食べていけず、飲み会で知り合った男からMVの仕事を依頼されるも頓挫、あれよあれよと想像もつかない事態に巻き込まれていく。一方、とある田舎。亡き父から継いだ造園業を営んでいる太郎は会社を畳む決心をする。太郎には18歳の時に家を飛び出して以来、10年近く連絡のつかない双子の弟・次郎がいた。会社を畳んで数年後のある夜、太郎の家に次郎の彼女を名乗る女性から電話がかか…

東京。映画監督の梶原はまだ映画だけでは食べていけず、飲み会で知り合った男からMVの仕事を依頼されるも頓挫、あれよあれよと想像もつかない事態に巻き込まれていく。一方、とある田舎。亡き父から継いだ造園業を営んでいる太郎は会社を畳む決心をする。太郎には18歳の時に家を飛び出して以来、10年近く連絡のつかない双子の弟・次郎がいた。会社を畳んで数年後のある夜、太郎の家に次郎の彼女を名乗る女性から電話がかかってくる。彼女曰く、同棲中だった次郎は彼女のもとからも最近いなくなったらしい。

「退屈な日々にさようならを」に投稿された感想・評価

あい

あいの感想・評価

4.0
20170725
トーストを食べる音が心地よかった。
真実と自分の中にある現実はときに違うのかも。
どっちが幸せかはわからないね。
(今泉監督の作品の中で一番好きでした。どんどんそれが更新されるといいな。応援してます^^)
natsuno

natsunoの感想・評価

4.3
タイトルが良い!
退屈な日々にさようならを
繰り返し口に出してしまう

知らない方が幸せなこともあるのか?そうなのか?

あなたは花を買わない、あの人は花を買う。わたしは花屋に行って参る。

カネコアヤノちゃんの歌声良かったな〜

退屈な日々にさようならを
show5

show5の感想・評価

4.5
『本当って何ですか?』

本当って何だろう。
自分の中に存在する君と
君の中に存在する自分と
みかんのように皮をむいて
並べてみたいと思った。
そんな映画でした。
暇神

暇神の感想・評価

5.0
札幌 クチコミ劇場part4で鑑賞。

今泉監督の作品はほとんどぜんぶ好きだけどこれは最高だった!
いままででいちばんすきな作品かも!
パンバスもはやくみたい!
"いなくなる"ってことは、"ここにいた"ってこと。そんなキャッチフレーズの通り、人の愛について、そして生きていること/死ぬということについて、独特なカット・表現方法・台詞回しで描いた作品。

正直解釈が難しい。人によって感じ方も答えも違う気がするし、かなり余白も多く作られてます。

本編終了後にはなんと出演していた村田唯さんの舞台挨拶があったのですが、彼女はこの作品が完成して初めて観た時「気持ちは溢れるけど言葉にならない」といった気持ちになったそうです。私自身も似たような感覚でした。きっともう一回観たら少しは言語化できるだろうな。ということでとりあえず星3.8で。

当方インディーズ映画の鑑賞は初めてだったのですが、これは「沼」の入口だとはっきり分かりました。今泉監督の他の作品も気になるところ。

音楽的にはカネコアヤノ、マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)、chelmicoが関わっていて、特にカネコアヤノさんの主題歌が素晴らしいかったです。音楽好きな方は是非。
感想が書けない映画。

この作品のテーマが何だったのかは、
観た人によって異なると思う。

けれど、その答えは、
カネコアヤノの「退屈な日々にさようならを」の中にあるような気がしてる。

この曲が好きだから観に行った。

この曲は、とても映画的で 何かが変わる予兆のような曲。

東京でも観に行こうとして結局時間がなくて行けなかったけど、

季節を越えて今札幌で観れたことは、感慨深い。

偶然懐かしい人にも会えた。

後半にかけて全貌が少しづつ明らかになってくの見てて気持ちい
丁度良い間の取り方。
次郎が死ぬ前の朝の食パンを食べるシーン。なんとも言えない無機質な二人の中に、愛があるんだな〜でもこの後死んじゃうんだな〜みたいな
あと最初も最後も風が強い日ってのが良い
色んな人との繋がりと、それに伴うその人が"存在"しているかいないか、「死んでいると知ってれば死んでるし、知らなければ生きている」
らしいです。難しいです。
20171126
sat0mi

sat0miの感想・評価

-
やっとみれた
大好きなアヤノちゃんのうたが映画館で流れるの最高。
もっといろんなうたが流れたらよかったし、もっと女優カネコアヤノをたくさんみたかったし、最後のふて寝している姿がアップになるのはなんかめちゃめちゃよかった。限りなくカネコアヤノに近い牛越あみだった。要するにね、アヤノちゃんが演技してる!とおもった。いつものアヤノちゃんも大好きだけど演技してるアヤノちゃんもちょういい!また、スクリーンでアヤノちゃんをみたい。
でも、
ながかった、途中でちょっと、かなりかな。あきた。
こんな当たり前に知ってたりおもったり感じたりしている日常をみせられても、な。とおもった。それで…?とおもった。
今泉監督の映画をみるといつも思う。いつも私がおもってることだらけ。だから悔しい

このレビューはネタバレを含みます

人がまたまたぐるぐる循環していて、最初はもやっとするけど、最後には全てが繋がった。登場人物に愛着が湧いて、人を大切にしたい思いに駆られた。

私も、朝に自分の分の食パンの耳を食べて、代わりに真ん中の部分をくれるような人と一緒になりたい。

めちゃめちゃ恋愛観が好きでした。
今泉監督の作品はいつも冒頭のシーンが唐突だから???って気持ち抱えたまま見始めるけど気づいたらくるりと話しがまとまりだしてそれが気持ちいい

松本まりかさんって不思議な女優さん
>|