退屈な日々にさようならをの作品情報・感想・評価・動画配信

「退屈な日々にさようならを」に投稿された感想・評価

cr

crの感想・評価

3.0
死んだことを知らないってことは、その人の中で生き続けてるらしいけど、やっぱり知らなくていいとは思わないなあ。。子どもじゃあるまいし。。
カネコアヤノの歌の使われ方がいい。まさかの本人も出演してて貴重。
石川

石川の感想・評価

-
好きな女優さんが出てるからと観てみたら、とっても生温いお湯に浸かってるような、何とも言えない気持ちが終始続いた。見終わるとスッと肩の荷が解けて無くなった。
『こっぴどい猫』『知らない、ふたり』などの今泉力哉がメガホンを取り、東京と福島を舞台に死生観について描くドラマ。想像しなかったことに巻き込まれていく東京に暮らす映画監督の男性と、双子の弟がいなくなったことをその恋人に告げられる田舎の男性の物語がつづられる。『あの女はやめとけ』などの内堀太郎、『密かな吐息』では監督も務めた村田唯、『桜並木の満開の下に』などの松本まりから個性あふれる役者たちの好演が光る。
映画監督の梶原は、飲み会で知り合った男に依頼されたミュージックビデオの仕事を生活のために引き受けるが、頓挫してしまい、とんでもないことに巻き込まれる。一方、亡き父の仕事を引き継いで造園業を営む太郎は、会社を畳むことに。数年後、音信不通だった太郎の双子の弟・次郎が突然姿を消したと、次郎と同居していたという女性から連絡があり……。
2020.05.31
ぱるむ

ぱるむの感想・評価

3.9
好きだなあ

特大ブーメラン
人の事は分かって言えても、自分の事は、、


いろんな好き。
言葉じゃない、行動の愛情表現


わからなかった
わかりたかった
のかもしれない

松本まりかすごい
空気感が好き。

その人とその人がそんな所で絡んでくるのか!と思いながら観ました。

松本まりかの上手さが際立つ。
食パンのシーン良い。

独特の存在感を放つ秋葉美希氏。

大切な人がいなくなることが色んな角度から描かれている。
ぬし

ぬしの感想・評価

3.3
今泉節がところどころ見えて好きだが、ほかの作品に比べて、色んなキャラに移る分
見てるこちらも気持ちがあっちこっち行って、話を整理するだけで労力を使う。
chan

chanの感想・評価

3.5
考えれば考えるほど
考えがまとまらない
色々考えさせられる
ある意味退屈しない
この監督、上っ面のサブカル騙しの小手先の表現だけがうまいな
実力不足をそれっぽく映るシーンばっかでしんどい

カネコアヤノが最高でした
AIKO

AIKOの感想・評価

4.3
「この街は退屈すぎて
とんだりはねるを繰り返す
どうしても空は高くて
何度も何度も繰り返す
風がスカートをめくること
やめない限り
嘘がへたでも
信じてる」
今泉力哉監督3作品目。
やべえもんみちゃった…という気持ち。
ぐわーっと入り込んでしまう時間がすごく多かった。静かなのにハラハラしてしまう…。
こんなストーリーだったのか…と思いました。もっとライトだと思ってた。
俳優さんが皆さん魅力的でした。
>|