退屈な日々にさようならをの作品情報・感想・評価

退屈な日々にさようならを2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:142分

3.9

あらすじ

東京。映画監督の梶原はまだ映画だけでは食べていけず、飲み会で知り合った男からMVの仕事を依頼されるも頓挫、あれよあれよと想像もつかない事態に巻き込まれていく。一方、とある田舎。亡き父から継いだ造園業を営んでいる太郎は会社を畳む決心をする。太郎には18歳の時に家を飛び出して以来、10年近く連絡のつかない双子の弟・次郎がいた。会社を畳んで数年後のある夜、太郎の家に次郎の彼女を名乗る女性から電話がかか…

東京。映画監督の梶原はまだ映画だけでは食べていけず、飲み会で知り合った男からMVの仕事を依頼されるも頓挫、あれよあれよと想像もつかない事態に巻き込まれていく。一方、とある田舎。亡き父から継いだ造園業を営んでいる太郎は会社を畳む決心をする。太郎には18歳の時に家を飛び出して以来、10年近く連絡のつかない双子の弟・次郎がいた。会社を畳んで数年後のある夜、太郎の家に次郎の彼女を名乗る女性から電話がかかってくる。彼女曰く、同棲中だった次郎は彼女のもとからも最近いなくなったらしい。

「退屈な日々にさようならを」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

人がまたまたぐるぐる循環していて、最初はもやっとするけど、最後には全てが繋がった。登場人物に愛着が湧いて、人を大切にしたい思いに駆られた。

私も、朝に自分の分の食パンの耳を食べて、代わりに真ん中の部分をくれるような人と一緒になりたい。

めちゃめちゃ恋愛観が好きでした。
今泉監督の作品はいつも冒頭のシーンが唐突だから???って気持ち抱えたまま見始めるけど気づいたらくるりと話しがまとまりだしてそれが気持ちいい

松本まりかさんって不思議な女優さん
んーー、、、
今泉さんの映画は好きなんだけど、この作品は出演者に共感できるところがなくて正直よくわからなかった。
Lumiere

Lumiereの感想・評価

4.5
人は毎日髪を整えるが、どうして心は整えないのか
Every day People straighten up the hair, why not the heart?
knee你好

knee你好の感想・評価

4.1
大根ばかりで逆に楽しかったです。 立誠シネマで観る最後の映画がこれでよかった。右上にある白い穴と横の廊下の軋む音が。もう最後だ。細かい工夫もされてありニヤニヤしてました。りりかちゃん可愛かった。ひとつ次郎の2人の彼女はなにか崩すような気がして邪魔だなて感じました。食パンのシーンも美味しい。肩紐乳。とにかくあのメガネの話をもっと観たかった。「私にもう永遠に会えないといいね」でしたっけ?
m

mの感想・評価

3.9
6.24/元映/最前列中央

白状。3カ月経ってるけど憶えていません。覚えていないリストに書きました。

その紙には「クーリンチェ」や「ハッピーアワー」が入ってて。結構大事にしまってますよ

人が忘れてしまう映画っていい。
「良いのに忘れてしまった」って他人に言えないから ふと一人で見て噛み締めてまた忘れる

唯一覚えてる美味しいきゅうりの音がどっかで聴こえたら、また逢いたい
chi

chiの感想・評価

3.5
夜に横たわる身体。中学生の女の子。美味そうな晩飯。友達の彼氏に似た男。死のある夏。死を薄っすらと感じる日々…。

思っていたよりも良かった。今泉監督は、可愛い女の子を撮る人、くらいのイメージしかなかったので。いまに生きる人として映画監督という職業に就き、きちんと映画を撮られているんだなあ、と嬉しかった。(お前だれだよって感じだけれど素直にそう思った。)

美味しい映画って感じがしたなあ。それはつまり、五感を働かせながらじっくり見ることができるというような。優しい視線が多分に含まれていると思う。その視線を、一鑑賞者としてずっと見つめていたいと思える。
なんか映画の感想というよりも、今泉監督の作品を初めて見る目としての感想を述べてしまっているな。
人の数だけ日常があるように、その日常に関わる人たちそれぞれに内に秘めた想いも違う。擦れ違いを繰り返しながら人と人は惹かれ合う。どこかで誰かと繋がっているかのように。心に苦しみや悩みを抱える日常は決して平穏でも退屈でも実は無いのかもしれない。
知られなければ、ずっと傍に居られる愛情。知らないままなら、自分の想いの中にある記憶を抱いて生きていられたのに、でも彼の告解は、遺される者たちを先へ進ませる為だったのか、彼の苦しみを理解させる為なのか。
ところが不思議というか奇妙なことに、この作品を包む空気は決して重くも湿っぽくもなく、ただ過ぎる日々のように、ただ呼吸をするように、緩やかで穏やかに流れて行く。その時間や会話がとても好ましくて、人のずるさも優しさも受け入れてしまえるようだった。
役者さんたちの表情が自然で皆良い中でも、双子の兄を持つ妹、美希の秋葉美希さんの目力と破天荒ぶりは痛快(いやヤバいんだけど(苦笑)で、彼女の存在はファンタジーだったなあ。
うまく立ち行けない自分が無為に過ごす日々に苛立ちを爆発させる稼ぎの無い映画監督の青年や、不意に行動を起こす美希のように、穏やかならざる場面もあるのだけど、それでも何故か淡々としていて日常に埋没するかのよう。

個人的に映画監督の山下と青葉が見つめ合ってトーストを食べてる場面がとても好きで、あの場面はお互いの優しさと愛情で満ちてると思う。いや思いたい。それと太郎と千代のご飯の場面は対を為してると思う。食事にも生と死の狭間を思う。
辛く悲しい想いや苦しさはあるのに、とても優しく繊細な強かさを感じたなあ。りんご公園で遊びたい。

142分もあるのに、心地良く時間が短く思える程素敵だった。カネコアヤノさんの歌を力に、これから紗穂と美希の冒険が始まっても良いくらいに。
さど

さどの感想・評価

-
今の時代、たとえばSNSを通じて、名前も初めて聞く人の死を知ったりする。そして死をきっかけに、その人物を知ってみようとする。
自分の生きる世界にはもういない人を「知る」のはとても不思議な事のような気もする。なぜなら、「知っている」ことは、「生」につながるから。
逆に言えば、「知っている」人の場合、死の事実を受け入れて初めて、自分の中のその人はいなくなるのかもしれない。
「生」と「死」は、残酷なまでにはっきり世界に存在していながら、まったく曖昧なのだ。同じ時間が流れているようでも、それぞれの世界はお互い知っていることと知らないことを抱えている。
世界について回るもののひとつに「愛」がある。「愛」は、時間に縛られる生き死に以上に変幻自在だ。りんご公園を生き返らせようとしたミキと沙穂、「死にたくないでしょ?」と迫られる梶原、「東京」の青葉と「故郷」の貴美子など、思い思いの愛を顕す彼らの姿は美しい。
清田ハウスの女性たちが描く円環は、そんな終りのない世界と愛を優しく包み込む。
sk2

sk2の感想・評価

3.9
清田ハウスはどうしてああいう状態なんか結局わからなかった。
婦人警官は勤務中なのか?
>|