チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛の作品情報・感想・評価

「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」に投稿された感想・評価

ヨズカ

ヨズカの感想・評価

3.7
19/5/26
17世紀のオランダ絵画を彷彿とさせる美術効果が素晴らしく、当時の裕福な家庭の生活や庶民の暮らしぶりが丁寧に描かれている。
フェルメールの世界に浸れます。
チューリップの見方が変わるかもしれない。
Miki

Mikiの感想・評価

3.6
夜が開け、朝が必ず来るようにフィーバー、熱も必ず冷める…。作品の終わり方として個人的にはチューリップフィーバーが終わり、熱も冷め二人が結ばれないまま終わるのも悲劇っぽくて良かったと思いました。でも、最後修道院でソフィアを見つけたデインの笑顔見たらこれはこれで良き〜ってなったのはいうまでもないです。友だちに球根を取りに行かせるところなんかは「走れ、メロス」っぽいなあと思って見てました。マリアが妊娠した時すり替え作戦を思いついたシーンはかなりワクワクしました。物語が何回か展開するので退屈しない作りになってると思います。ファンとしてはデインの顔もっと見たかったなあ、みたいな。やっぱりデインの魅力は影のある役でさらに輝くと再確認しました。
実話ではないけど、本当にフェルメールの世界に入ったみたいな影のある綺麗さ。

それぞれの登場人物が、善と悪を兼ね備えてて、そして早とちりや誘惑から面白いようにすれ違うところはロミオとジュリエットみたい。

でも全てがバラバラになりそうな時、また最後いい感じでピースがはまっていく。
絵画を意識していてとても凝ってるなと思った、美しい不倫映画。
あとデイン・デハーンがセクシーすぎて、もう、いいんですか?いいんですかこんなの見ちゃって、、
17世紀のオランダ、チューリップと肖像画家、演者も名優ばかりで期待値は高かった。面白く作られていたが、みんながそれなりにいい人で悪人がいなかった。コスチュームもので悪役がいないとスパイスの効いてないカレーのようでパンチがない気がする。いい人のクリストフヴァルツもトムホランダーもなんだか不思議。
キヅキ

キヅキの感想・評価

3.8
このあたりのヨーロッパの時代背景に興味があったので鑑賞。不倫もので死んだ事にしてるとこの旦那様辛過ぎてどうなるのか怖かったけど、其々一応幸せな終わりだったんじゃないかなと思う。旦那様ほんとに愛してたんだな…と思うとやるせない部分あるのであの映画の中で誰よりも幸せになってほしいけど。
オランダにおけるチューリップがどうやって根付いてったのかみたいなそういう歴史背景感じられてそういう意味でも興味深かった。ブレイカーへぇえ!
ゆうこ

ゆうこの感想・評価

3.7
これはちょっと予想外の結末だった🤭
「人間の値打ち」って映画のラスト観たときと似た感覚🤭
こんな無茶なことしてて最後どうなるの?!ってハラハラしたけどみんなが新しい人生でそれぞれ幸せを感じているならそれでいい。と思う☺️
uee

ueeの感想・評価

-
アリシア・ヴィキャンデル また絵画が絡むヨーロッパ舞台の映画に出て欲しい
じえり

じえりの感想・評価

3.0
デインデハーン見るために鑑賞

恐るべしチューリップバブル

結局はみんな幸せになったなら良かった良かった
Kurumi

Kurumiの感想・評価

-
フェルメール展を観に行ったタイミングで見れたら良かったのだけど、今更、やっと!
光が美しくて絵画のようだったし、色も、視線も、全て美しかった。
セルフィッシュすぎてイラッとする場面もあったけれど、恋に落ちて周りが見えず、きっと私もそうなるんだ。
どうか散らないでと願っても、いつかは散って消えていくのね。だからペインターは描くしミュージシャンは歌うのか。
もっと知りたくなった。フェルメールのことも、他の画家のことも。

それよりなにより待ってましたデハーーーーーン。
扉開けたらデハーンとか最高すぎない?少年のようにやんちゃな笑みを浮かべたと思ったらセクシーデハーンに早変わりするから、もうほんと。最高なんですけど。
見てからレビューまで時間をかけてしまったせいでデハーンのことしか書けないわ。
私はお魚屋さんがタイプだったな。
>|