ジャングル・ブックの作品情報・感想・評価

ジャングル・ブック2015年製作の映画)

The Jungle Book

上映日:2016年08月11日

製作国:

上映時間:106分

3.7

あらすじ

ジャングルに取り残された赤ん坊のモーグリは、黒ヒョウのバギーラによって母オオカミのラクシャに預けられ、ジャングルの子となった。バギーラからは 自然の厳しさと生き抜くための知恵を教わり、ラクシャからは惜しみない愛を注がれ、幸せな生活を送るモーグリの前にある日、人間への復讐心に燃える恐ろしいトラのシア・カーンが現れる…。果たしてシア・カーンの言うように、人間であるモーグリはジャングルの“脅威”なの…

ジャングルに取り残された赤ん坊のモーグリは、黒ヒョウのバギーラによって母オオカミのラクシャに預けられ、ジャングルの子となった。バギーラからは 自然の厳しさと生き抜くための知恵を教わり、ラクシャからは惜しみない愛を注がれ、幸せな生活を送るモーグリの前にある日、人間への復讐心に燃える恐ろしいトラのシア・カーンが現れる…。果たしてシア・カーンの言うように、人間であるモーグリはジャングルの“脅威”なのか?それとも、ジャングルに光をもたらす“希望”なのか? いまを生きるすべての人々に捧げる奇跡のエンターテイメント。

「ジャングル・ブック」に投稿された感想・評価

ぺれ

ぺれの感想・評価

3.7
巨大スクリーンで見たこともあり自然の迫力がすごく見入ってしまった。
人間と動物の間にある見えない壁。それを乗り越えられるほど強いオオカミ、クマ、クロヒョウなど仲間、家族の愛の強さが身にしみる映画だった。
巨大オランウータン、トラ怖かった。
可もなく不可もなくもなく。

狼の子供がひたすら可愛い。
熊さんがプーさんに見える。

映像美は期待したよりは普通かな?
アニメ版も観たことがなかったので、ライオンキングとターザンを足して2で割った様なストーリーだな〜と思ってましたが、こちらの方が元ネタなんですね。

モーグリ可愛すぎる。

流石フルCGというか、
ディズニーの実写作品は期待を裏切らないというか、
美女と野獣同様やっぱり映像も世界観も綺麗で素晴らしいです。

キングルーイの歌も凄く中毒性あります。
でも実際あんなサイズのギガントピテクス?目の前にしたら恐怖でしかないだろうな…。
モーグリに襲いかかるシーンはちょっとしたホラー。

吹き替え版で観たのですがシアカーン役の伊勢谷友介、「人間は敵だ!」の台詞が似合い過ぎててちょっと笑いました。笑

機会があれば字幕も観たいです。
YuAriyoshi

YuAriyoshiの感想・評価

3.9
Disneyの実写版。
オオカミやらクマやら動物かわいすぎた。
ジャングル・ブックってこんなストーリーだったっけか。
CGのクオリティがすごい
内容は「ディズニー映画」って感じで安心して見れるストーリー
じえり

じえりの感想・評価

3.0
ディズニーの底力‼︎
動物のリアル
映像美
オラウータン?デカすぎ
fuo

fuoの感想・評価

4.8
アニメ版の結末よりは良かったかな。
ただ、実写というだけあってアニメ版の可愛いさは失われていた
音暗

音暗の感想・評価

3.7
元々の長編アニメーションとは異なる点もありますが、さすがはネイチャー系の作品を撮ったりもしてるディズニー、動物たちや自然風景の造り込みが凄い。

吹き替え版で観ると最初、声が浮いてる感じがして違和感あるかもですが、非常に動きが多くストーリーもポンポン進むので、観ている内に気にならなくなるかと。

個人的には、バルーがとても癒し系。あと、狼の子ども可愛すぎる。
もふもふ好きさんは、是非ご鑑賞ください(笑)。
chloe

chloeの感想・評価

3.6
子供のリクエストで借りましたが、映像が綺麗でしたので私も一緒に楽しめました。
子供の頃、絵本で見たのを思い出し懐かしかったです。
のろ

のろの感想・評価

3.6
先に観ていた母にどうだった?と尋ねると
「可愛かった」
と返ってきましたが、上に同じくです。

小さなモニターで観ていたながらも映像美には感心しました。

くまさんの声が後半になるにつれて西田敏行さんに戻っていきます。
吹き替えされてることを知らなかっただけにちょっと残念。

マイジンクスの“一人と一匹系=涙”を期待していましたが
“一人と多数”すぎて泣くことはなかったです。
>|