マイ・インターンの作品情報・感想・評価・動画配信

マイ・インターン2015年製作の映画)

The Intern

上映日:2015年10月10日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「マイ・インターン」に投稿された感想・評価

[マイ・インターン]は、ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイが共演したコメディ映画である。上手くバランスの取れた演出とまとまりのある脚本により成功している。アン・ハサウェイが出演していた2006年の映画[プラダを着た悪魔]に似た内容の作品であるが続編作品ではない。オリジナリティ溢れるユニークな作品である。老若男女問わず楽しめる笑いあり、涙ありの作品だ。決して完璧な作品ではないが大きな影響力を持っている素晴らしい作品であるといえるでしょう。
こーき

こーきの感想・評価

5.0
僕も、歳を重ねたら、こんな男性になっていたいなと、そう思いました。妻を亡くし、再び仕事をしようとインターンを始める男の姿はかっこいいとしか言えません。また、女性への配慮やインターン生としての対応、年齢だけで舵を取るなどは一切しない本当にかっこいい男の人と、インターン先の美人敏腕上司の部下と先輩という関係でも恋愛関係でもない、なんとも言えない信頼関係は人の根底にある優しさや思いやりを感じさせます。見た後は必ずほっこりします。オススメです。
ユイ

ユイの感想・評価

3.8
2人の関係がいいなと思った
何歳になっても柔軟でいられたらなと思った
Rei

Reiの感想・評価

4.0
ベンがとっても魅力的。バリバリ働くジュールズもカッコいい。

このレビューはネタバレを含みます

特に社会人にオススメしたい映画。
ジュールズのように高齢者に偏見を持ち、使えないだろう、若者についてこれないだろうと、いわゆる「老害」扱いして敬遠してしまう人は多いと思う(私も含めて…)。しかしそんな人ばかりでは無いよな、と反省。むしろ人生の大先輩であり、自分よりも知識、経験が豊富で良い刺激を与えてくれる存在も多いだろう。反対に、「イマドキの若者」相手に偏見を持たず、尊敬の念を持ってジュールズに接するベンの姿勢が凄く素敵だった。最初はイヤイヤ接していたジュールズが徐々に心を開き始め、互いに尊敬しあい、世代を超えた親友となっていく過程に感動した。恋愛に年齢は関係ない、とはよく聞くが、友情にも年齢は関係無いのだなと感じた。

また外部からCEOを受け入れるかどうかの重大な決断、女社長を勤めるジュールズと妻を支えるため家庭に入った夫との夫婦関係など、社会で活躍する女性経営者の様々な苦悩や葛藤を描いている点も良かった。端から見れば華やかで順風満帆に見える人でも、偏見やプレッシャーに苦しむこともあるし、プライベートでうまくいかなくなることもある。それでも、ベンに助言を受けながら、後悔しないための決断を下したラストに感動。下手にベンを病気にさせたりしてお涙頂戴なラストにせず、余韻を残すハッピーエンドにしたのも良かった。太極拳に始まり、太極拳に終わる…(笑)

ひとつ気になったのは、もっと掘り下げられるかと思った母親との関係性がアッサリだったこと。
そこがメインストーリーじゃないからかなぁ。 母親がジュールズの前に立ちはだかる障害物の1つにしか感じられなかった(笑)
mebeforeu

mebeforeuの感想・評価

4.2
ハートフルで良作!
シンプルにアンハサウェイになりたい人生だったと切望しちゃう!
シンプルにめちゃクチャ面白い
切実にベンみたいなおじいさんになりたい
mellow

mellowの感想・評価

4.5
とても幸せな気持ちになれる。2人でFacebookを登録するシーンが印象的。
Rina

Rinaの感想・評価

5.0
明るい話で楽しく見れた。
人物みんな新しいなぁ。
一昔前の映画と、ちょっとずつ変わってきてる。

ジュールスも「ザ・バリバリキャリアウーマン」「忙しすぎてロボットみたいに働く人」ではなくて、人を大切にする、てか普通にいい人すぎる。
マットもよく出てくる「浮気する夫、それだけの人」って感じじゃなく。
娘も「忙しいお母さんに構ってもらえない娘」ってだけじゃなくて。
みんなそれぞれ生きてて、たまたまこの映画に出てきたみたい。
細かいところまで行き届いた演出だな。

ベンは冒頭の自己紹介動画から只者じゃない感出てた。あんな歳の重ね方をしたい。

生きていく以上、大なり小なり人は周りから影響を受ける。
それなら、少しでもいい影響を与えられる人になりたい。

アン・ハサウェイ最高。

ホリデイの監督さんなのか!
ホリデイだーいすき!
遊

遊の感想・評価

-
70歳のデニーロが出勤前夜に家の鏡で笑顔と挨拶の練習してるの、You talkin' to me?へのオマージュならまじでセンスありすぎ
>|