ヤング・アダルト・ニューヨークの作品情報・感想・評価

「ヤング・アダルト・ニューヨーク」に投稿された感想・評価

これは…年齢云々の話以外にも結構色んなテーマ内包した映画だったんじゃないか?まず「下手に出る謙虚なやつ」「色んな人を繋ぐいいやつ」であることによって人を食っていく成功者っているよね〜っていう視点(そしてそういうことができない不器用な人、「甘ちゃん」を打ちのめす) そんで本質ではないかもだけど「ドキュメンタリーってどこまでが演出なの?」視点 言語化できないけど他にも色々ある 邦題とあらすじのポップさに騙された、ニューヨークシティ系映画だと思ったらとんでもなく胸にモヤモヤを残すいい映画だった、「イカとクジラ」に似た読後感 あとこの監督の描くケンカはやっぱめちゃくちゃいい
かこ

かこの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

あー、この人の映画、本当に好きだ。どれも大好き。

抽象化の塩梅が本当に毎回ちょうどよくて、あるあるにも感じるけどすごいリアルにも感じる。目が抜群にいいんだなぁ。

今回はもうずっと悲しかった。
視野が広くなったから狭くなるんだよなー。
本当の真実とかそういう形のないものを追い求めて人生のドツボにハマっていく。
自分を信じきることなんて大人になったらできないから、諦め方を学ぶしかない。

けど、最後、
心の底から絶望できたからこそ、
それでも残った希望が結晶のように浮き上がってきたのがすごい自然なハッピーエンドで、最高だった。

ラストシーンも最高。
新たなる若さへの恐怖と愛しさの共存。
oji

ojiの感想・評価

3.4
ノム・バームバック監督作品なのと、何かで知ったから見てみた
特段、すごく注目すべき点はなく、"大人になれない子供"が、大人視点・子供視点で見られた

ベン・スティラーとナオミ・ワッツのコンビが、コメディに拍車をかけ、アダムドライバーが、ヤングアダルトの象徴にして、辺にオーラやら実力を纏ってるから見てて嫌になる。

アマンダ・セイフライドも出てて、意外とキャスト豪華
中年夫婦がプリミティブな若者夫婦と出会って刺激を受けて覚醒するが実は騙されててベンスティラーがやることなすこと全て裏目に出てかわいそうな映画。
アマンダサイフリッドは世界一美人だし、アダムドライバーは世界一イケメン。
かい

かいの感想・評価

-
人生結局は結婚して子供がいる生活に落ち着いちゃうのかな〜〜〜難しい
中年夫婦がふと出会った若者夫婦に感化され、生活や考え方が変わっていく様がリアル。

演者の技量が高いので、ある人物のニューヨークでの生活をのぞいている様な感覚に陥った。

これは心に残る!というシーンがあったわけではないが、たまにはこういう映画を観るのもいいのではなかろうか。
最後の1シーンが良かった
おれも才能ある若い人に尊敬されたい
juri

juriの感想・評価

-
他の映画よりも人によって感想がばらついてる印象。それがおもしろい。わたしの感想は、分かるような分からないような。

アダムドライバーは嫌なやつとかヘタレとかの役の方が好きなのなんでだろう。笑
ニューヨークでそれなりにおっしゃれーに生きてるオレたち四十代夫婦が出会った、これまたおっしゃれーに生きてる二十代夫婦。
ヤング・アダルトなそんな二組の夫婦のすったもんだをあくまで軽くおっしゃれーに描いたコメディ作品。

正直言ってこういう都会的で斜に構えたような作風は嫌いです。
怪しげな新興宗教施設で幻覚剤を呑んでみんなでゲロ吐くシーンなんて、ばっちいだけで何が面白いのかさっぱり分かりません。
こればっかりは好みの問題なので如何ともしがたい。
ベン・スティラーやナオミ・ワッツ、アダム・ドライバーやアマンダ・セイフライトといった、豪華で華のある新旧役者陣共演に+星0.5!
べん

べんの感想・評価

3.0
アダム・ドライバーとの対峙シーンのショットが決まってた記憶。
>|

あなたにおすすめの記事