ヤング・アダルト・ニューヨークの作品情報・感想・評価

ヤング・アダルト・ニューヨーク2015年製作の映画)

While We're Young

上映日:2016年07月22日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

ジョシュとコーネリアはミドルエイジの夫婦。ジョシュはドキュメンタリー映画の監督だが、もう8年間も新作を完成させていない。いつの間にか人生にも夫婦にも何かが欠けてしまったと感じていた。そんな時、20代のカップル、ジェイミーとダービーと知り合い、クリエイティブに生きる彼らから刺激を受ける。時代に乗り遅れたくないとSNSに縛られる自分たちと違って、レコードやタイプライターなどレトロなカルチャーを愛する…

ジョシュとコーネリアはミドルエイジの夫婦。ジョシュはドキュメンタリー映画の監督だが、もう8年間も新作を完成させていない。いつの間にか人生にも夫婦にも何かが欠けてしまったと感じていた。そんな時、20代のカップル、ジェイミーとダービーと知り合い、クリエイティブに生きる彼らから刺激を受ける。時代に乗り遅れたくないとSNSに縛られる自分たちと違って、レコードやタイプライターなどレトロなカルチャーを愛するセンスのいい彼らと行動を共にするうちに、2人は再びエネルギーを取り戻していくが──。

「ヤング・アダルト・ニューヨーク」に投稿された感想・評価

若さはどんなにお金を出しても
取り戻せなくて、若ければ
何でも出来るなんて幻想だと
思いたいけれど、けれど、
痛々しいけど必死な姿にわかる
わかると。
最近は時間を作って映画を見る事が多かったけど、今日は時間を潰すために見た映画。なんだかもったいないよーで、良かった。

古いものをカッコいいと思う若者と新しい物を使いこなそうとする大人。私も古い物をいいと思う傾向だから、若夫婦の生活や家なんて最高にクールで見習いたい。

結局世の中容量がいい人や人を操るのが得意だったりする人が得をするってなんか実感させられるとゆーか、自分が正しいと思ってた事を覆されたり、いいように使われる者の気持ちも分かるし、人の良い所、人の友達と上手い事繋がろうとする感じも分かるし何かと考えさせられた。アダムドライバーこの役似合うね。わたし、結構好き。

あのthank you〜の手の合わせ方が途中からムカついて来るし、もう、目も見ずにお会計してもらうの当たり前みたいな態度はムカつくね〜最高〜〜

個人的にエンドロールとかにwingsの曲使ってたので良い。ローラーシューズのシーンなんてかなり好き。
amanda

amandaの感想・評価

3.5
ストーリーは良い意味で裏切られました。(「ニューヨーク」って付いてりゃ日本人ウケいいだろ的な映画かと思ってた)

かと言って胸に残る系でもない。。
BIGMAC

BIGMACの感想・評価

4.0
セリフが素晴らしく響きました。「尊敬されたかった、弟子が欲しかったんだ。彼は僕をちゃんと大人として見てた。初めて自分の事を大人をマネてる子供だって思わずに済んだんだ。もう44だ、一生できない事も、持てない物もある。世界は意のまま、の逆ってなんだ。」たしかに思ってた映画と違いました。笑。ラブコメディなのかななんて。
沢山傷ついて、それでも自分にとって大事なものが見えて来た時に、人は大人になるんやな
Yukimin

Yukiminの感想・評価

3.0
思っていた感じとは違ったけど、人のイタイ所を上手く描いていたし、子供居る、居ないのくだりは あぁーあるあるって納得。アダムドライバーがイラついたけど それは演技が上手いという事かな?ビジュアル的に好きでは無いけど。
assaco

assacoの感想・評価

3.6
アダム・ドライバー目当てで見たけど、なんともイラつかせる役でいい感じ。わたしにとってこの映画は、終始軽やかにイタイ矢が何本も放たれてた。逃げずに全部受け止めよう。ナオミ・ワッツはいい女。劇中合間合間にかかる曲が何の曲だったかずっと気になってる、他の映画で使われてたと思うんだけど…。
kosuke

kosukeの感想・評価

3.2
この作品でアダムドライバーを好きになれればいいな、と思って見たが、残念ながらそうはいかず。

大人がどっぷり若者の世界に浸ると良い事ないんだな。笑
大人は大人のコミュニティの中で居心地良い場所を見つけるべき。
MONO

MONOの感想・評価

3.0
…楽しく観られる映画ではない(−_−;)

ジェイミーにイライラした!
祝賀会のジェイミーはとくにクソ。(笑)

人のマネばっかするのは楽しくないね。

観てる側をこんなにイライラさせられるのは、それだけ演技が上手いんだよね。アダム・ドライバーすごい👍
ふたば

ふたばの感想・評価

2.3
いいようでよくわからない。もう一度みたいとは思わないかな。あらすじはすきでした。
>|