ライフ・アフター・ベスの作品情報・感想・評価・動画配信

「ライフ・アフター・ベス」に投稿された感想・評価

2020年75本目

不慮の事故で恋人ベスを亡くしたザックは途方に暮れていたが、彼女の家で死んだはずの彼女の姿を目撃する。
最初は頭がおかしくなったのかと疑っていたが、これは神様がやり直しをくれた機会だと思い、これまで以上に彼女と向き合おうとするが。

死んだはずの恋人がゾンビになって帰ってきたら…そんな奇抜な設定のホラーとラブコメをミックスした作品。
なかなかにフックを効かせた作品で面白かった。
ゾンビ映画はたまにこういうズレた設定を持ってくるのがいい。
ありそうでなかった恋人がゾンビになって帰還、しかも最初はゾンビと思えないほど普通に生活していて、不可思議な点は記憶が曖昧な程度。
だからこそもう一度向き合おうとするが、次第に彼女が壊れていく。
ザックも彼女がゾンビになってないか、お腹が空いたか、何が食べたいかなど確認しているのもなんだか笑えてしまう。
結局ゾンビになってもかなり生前の記憶は残っているようで、超人的なパワーを持って暴れまくる。
これがまたあまりないパターンで面白い。
しかもジャズが好きだとか、泥に囲まれると落ち着くだとか変な設定も盛り沢山。
ザックの少しズレた愛の形にもクスりとしてしまうし、ベスの両親のどうしても娘を守りたいという親の愛というのも伝わってくる。

ゾンビの原因も全然明らかにならないし、定番の人を食べるシーンも皆無だけど、この映画はそれがなくても異色ゾンビ映画として成り立っている。
王道を逆手に取った新しいタイプのゾンビ映画である。
現実のゾンビとしての立ち位置であるハイチやブードゥー教について触れられているのも肝である。
あとまさか後半でアナ・ケンドリックが出てきたのには驚いたけど。
saori

saoriの感想・評価

2.8
ただのゾンビ映画ではないラブコメ。女ってゾンビじゃなくても情緒不安定。デインデハーンが優しすぎる彼氏で良い
ちか

ちかの感想・評価

4.5
最高に面白かった、という言葉では足りない。
切なくて温かくなる、最高な作品。
SS

SSの感想・評価

2.5
ゾンビ映画ではなく、ラブコメです。

ラベンダーに反応するベスがかわいいね。
SUPERTIGER

SUPERTIGERの感想・評価

5.0
…凄い。

ゾンビじゃなくても、女ってみんなこんな感じやろう?笑
asami

asamiの感想・評価

3.0
設定はなんもわからんし解決何もしてくれないけどめっちゃ笑った
今までのゾンビ映画の常識全然通用しない
せん

せんの感想・評価

3.0
最愛の彼女がゾンビとして生き返った恋愛もの?ゾンビ映画?コメディ?作品。
なんとか今まで通り…とは行かず。そりゃゾンビとの恋愛なんて出来っこないし、主人公の気持ちが離れるのも納得なんだけど、案外この「もしかしたら今まで通りいけんじゃね?」みたいなのがリアルなのかも。
ゾンビ映画としては「一度ゾンビになった人間はもう本来のその人じゃない」っていう共通認識を改めて理解するし、恋愛映画としては「終わりどきを間違えんな」という教訓。なのかもしれん。(笑)
ハク

ハクの感想・評価

-
クレプスリーだ!と思ったけどあんまりいい役ではなかった。おじいさんとか昔の住人がゾンビになって家に帰ってきたところが面白かった。限定的な地域だけですぐに元通りって言ってたから、ベスだけはなんらかの原因で蘇って、その後に車で壊した墓から同じようにゾンビが出てきちゃったってことかな?郵便配達員のおじさんが何だったのか分からなかった。モーリーとメイドさんの問題の設定は何の意味があったんだろう。
ゾンビに襲われる人たちじゃなくて、変わってく恋人と自分との葛藤が中心の映画だから、ゾンビはそんなに出てこないしグロくもなくて軽く観られる映画でした。
マリ

マリの感想・評価

3.3
冒頭がわりとシリアスな重めな印象だったからそういう映画だと思ったら、最後のハイキングのシーンのシュールさに全部持ってかれた。好き。「ラベンダー!」って吠えたベスに笑ってしまった。
KAZUKI

KAZUKIの感想・評価

3.0
シュールすぎ。ま、普通に楽しめたけど。噛まれて拡大していく感染への恐怖ではなく、ゾンビ化していく彼女に対する主人公の葛藤が大筋で、シリアスに持っていくのではなくコメディ路線で走ったのはナイスアイデアかと。デインデハーンの前髪が。。。だいぶデハーンしてるよ。。。
>|