ザ・ウォークの作品情報・感想・評価

ザ・ウォーク2015年製作の映画)

The Walk

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

「ザ・ウォーク」に投稿された感想・評価

y

yの感想・評価

4.7
ゼメキスのVFX見世物根性のなかにシブく光る、屋上の"謎の男"の場面がたまらない。ゾクゾクしたわ。
おはなしとしては、才能溢れるクズの伝記ケイパー風味、という美味しいやつ。
はるな

はるなの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

あの時の時間や空間は、一生宝物なんだろうな!とにかく無事で良かった!
so

soの感想・評価

4.0
手に汗にぎるならぬ、全身にうっすらと汗をかきながら鑑賞。
本人が過去を語って聞かせているので、この綱渡りで彼が死んでないことはわかっているのだ。それでも、こんなにも緊張しながら観てしまうのは、1本の縄の上から見下ろすニューヨークの景色があまりにもリアルだからだろうか。

本人が語って聞かせるスタイルでは、結末がわかってしまってスリルが失われるのではないか、と思ったが、それは間違いだった。
綱渡りのシーンが始まる頃には、この映画が見せたいのはこの綱渡りの成功・失敗ではないということがわかった。
夢の実現のための準備の過程と、実現した瞬間の心の大きな満足感。
それこそこの映画が描こうとしていることであり、だからこそ綱渡りという特殊な行為さえ、誰にでも共感できる普遍性を帯びるのだ。

映画中、彼を支援する仲間達は、彼の綱渡りを何度も「ビューティフル」という言葉で表する。
いわゆる芸術でもなく、役に立つものでもなくむしろリスクを犯すだけの、綱渡りという行為を、「ビューティフル」と心から讃える、彼らの感性も素晴らしいと思った。

自分も、無謀な計画をする人に、「ビューティフル」と言って力を貸すことができるだろうか。
神戸典

神戸典の感想・評価

4.5
この作品は1人の綱渡り師の夢を描き、手を貸してくれる仲間の大切さ、そして夢を実現した時全てのものへの感謝の気持ちを持つことの大切さ、どんなことでも可能であることを証明した作品だ。
特に、映像と音楽がシンクロし、美しい朝を迎えるニューヨークに鳥たちが目覚め風が街を散歩するような優しい旋律と次第に明るくなって行く映像、ビルに照らされる太陽。
それはフィリップの理想の美しい場所を観客にも見せてくれているようだ。

特にフィリップが綱渡りを始めようとする時に霧が立ち込めてあたりを覆い尽くし、フィリップと一本のワイヤーが永遠に続いているようなシーンは、フィリップの集中力や極限状態の研ぎ澄まされた世界を見事に表現している。
誰も成し遂げられない事を成し遂げたフィリップはもちろん警察に捕まるが、全ての人が拍手で迎えてくれた。
彼は最大の名誉を手にした。

今作でフィリップを演じているジョゼフ・ゴードンは「スノーデン」でも実話の人間を演じているが、彼が演じるとまるで本人なのではないかというほど役にはまり、命を吹き込んでいる。
彼の甘いマスクとは裏腹な力強い声、そして長い経歴から身につけた唯一無二の演技は俳優としての高い地位を確立している
HIRYU

HIRYUの感想・評価

2.8
意外と過去のシーンが多かった
綱渡りの映画だと思ったけど確かにそれだけだと映画化したら時間短いわなって納得
個人的にはビミョーなとこ
ゆか

ゆかの感想・評価

3.7
これが実話だなんて信じられない!最後の綱渡りは、観てるこっちが怖くて、早くやめて〜と思ってしまった!
2Dで劇場鑑賞。これは劇場でしか味わう事の出来ない体験。大画面からの迫力、臨場感を全身で感じました。
3Dで観るべきだったかな。
これが実話だなんて信じられない。命綱なしで何度も渡る。
こんなことを考えて実行してしまう所が凄すぎます!
仲間の協力もあって成し遂げた事でもあります。とにかく言葉ではいい表せない興奮と感動を味わいました。
たつみ

たつみの感想・評価

3.6
計画の段階からバタバタしていて、決行日ですらトラブル続出だったのによく上手くいったよなぁと思う。。

一度渡り切ったかと思えば何度も行ったり来たりするし、これが実話って言うことが、とにかく信じられない。

集中したときの綱以外何も見えなくなる感じが、恐らく体験した人だからこそわかる描写で、個人的には好きだった。

何よりあれだけのことをやった人間を、ただ逮捕するんじゃなくて、ワールドトレードセンターの永久パスまであげちゃう辺りが人間味があって素敵だった。
R

Rの感想・評価

4.0
映像を見ているだけなのにこんなにハラハラできるのかと思った映画。
ジョセフゴードンレヴィッドはすきな俳優ですし、自分はすきな映画でした。
ラストの綱渡りシーンは本当にハラハラしてどうにかなりそうでした。

このレビューはネタバレを含みます

実話を基にした話だと考えるとすごい。
主人公がキレまくったり理不尽言ってるシーンにイライラしたけど、メインの綱渡りのシーンはすごく良かった。綱の上に寝転ぶシーンとか最高。何度も方向転換するのも面白かったし、ただ一本の綱を渡ってるだけなのにダレずに楽しめた。
普段実話系は見ないけど見てよかった。
>|