ザ・ウォークの作品情報・感想・評価

ザ・ウォーク2015年製作の映画)

The Walk

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

「ザ・ウォーク」に投稿された感想・評価

tkimmk

tkimmkの感想・評価

-
普通に観ても面白いけど、大画面の3Dで観るべきでした。くぅ!
今の映像技術はすごい。
作り物だとわかっていてもハラハラする。
そう感じさせる、ジョセフの演技力もね。

計画を立て、仲間を集め、そして実行する。
ワイヤーの上を渡るだけの話ではない。

主人公が自由の女神の上に立って、ストーリーテラーをする演出だけはダサいと思った。笑
蒼

蒼の感想・評価

4.0
渡っただけでなく、何往復もして、曲芸したり寝そべったりも実際にしたんだろうか?そんなにできるもんなの?
まったくクレイジーで、理解はできないし、正直、身近にいて巻き込まれたら厄介だとは思うんだけど、この技術にも、人並み外れて周囲をも巻き込んで実現する情熱、パワーにも脱帽。スゴすぎて呆気にとられる。
渡るのも大変だけど、準備もまた大変な大仕事なことまでは想像できていなかったので、なるほどと思った。共犯者が何人もいるよねぇ。
彼はこの後どういう人生を送ったんだろ。
ara

araの感想・評価

3.5
犯罪芸術クーデター

・UNBELIEVABLE, CRAZY, BEAUTIFUL
・コレ実話なんだ〜、トチ狂ってんな〜
・今はなきワールドトレードセンター、ここではリアルに色んなドラマが起きたのね〜
・てゆーか建設途中なのに一般人こんな悠々と入り込めちゃうって安全面配慮なさすぎw
・ジェフのキャラ可愛らしくてすき
・ジョセフゴードンレヴィットって役柄によって顔付きが変わるとゆーか纏う空気とゆーか雰囲気変わるから面白い
・こーゆーのってだいたい実際の写真とか映像とか、本人達がエンドロールにちょろっとあると思ったらないやん…
OGAMI

OGAMIの感想・評価

3.5
綱渡り映画。実話。スリルだけではないディテールの部分も粋でナイス!さすがバック・トゥ・ザ・フューチャー、フォレスト・ガンプ、コンタクトなどを手掛けたゼメキス監督。主人公のクレイジーな生き方が凄い‼︎
2018年159本目

激しいアクションでもガチガチなホラーでもないけどハラハラドキドキ手に汗握るシーンのオンパレード。圧倒的なスケールで綱渡りをクリアした瞬間思わずすげぇって思った。これが実話でこんな偉業を成し遂げた人がいることに驚き。

このレビューはネタバレを含みます

成功することがわかっていても、実話だと信じられないぐらい凄いことなので、見応えや緊張感があった。犯罪だとしても、成功してやり遂げたらそりゃあ英雄扱いされるなあ。テンポや音楽もよかったと思う。ただフィリップの性格が自分勝手でイマイチ感情移入はできない。

このレビューはネタバレを含みます

綱渡りのシーンが長すぎる気もするけど、そこに至る過程はハラハラ
みはる

みはるの感想・評価

4.0
"そこは空中に浮かぶ島のよう 足元は無限の虚空だ"
綱渡りだけで2時間も話保つの?と思っていたけど、決行日だけじゃなくて計画段階も含めて面白かったです。オーシャンズやM:Iシリーズが面白いのも、強盗当日や任務遂行だけが見どころじゃないもんね。
実話とは思えない、まさに命懸けの挑戦で、静かな緊張感漂います。ハラハラ。高所恐怖症の人は画面越しでも怖いかもしれません!

どうして綱渡りのためにここまでするのか?
なんでこんなクーデターを起こしたいのか?
ここまで綱渡りに執着するフィリップが疑問でしたが、彼自身が綱渡りは人生そのものと言うのだから納得しました。
当たり前だけど高ければ高いほど危険度は増すのに、当時世界一高い建物であったワールドトレードセンターに惚れ込んでからはフィリップはそこで綱渡りすることにこだわります。建物だけじゃなくて8月6日に決行するというのも絶対に変えようとしません。結構頑固なんですね笑 でもそれだけ意志の強さが伝わります。

500日のサマーのトム役も可愛くて好きだったけど、インセプションのアーサー役も良かったし、ジョセフ・ゴードン=レヴィット良い!
今作で演じているのはフランス人なのですが、大学でフランス文学を学んでいたことを生かして演じきっているなという印象を受けました。純粋に凄い。俳優自身の人生経験が役に繋がるって素晴らしいーー!
ワイカ

ワイカの感想・評価

4.1
ワールドトレードセンタービルの間を綱渡りしたフランス人の大道芸人フィリップ・プティを描いた作品。

公開当時は、予告編がなんだかシリアスな雰囲気だったので、「確かにすごいことをやったのかもしれないけど、超高層ビルの綱渡りなんて誰の役にも立たないことをした人を、さも偉業を成し遂げた人みたいに描いてるんだったらあまり共感できないかも」と思い、ちょっと敬遠してました。

でもフィルマークスの評価が良いので、今回アマゾンプライムで見てみたら、最後まですっかり引き込まれ、とても楽しめました。

パリでの幼少期から綱渡りに取り憑かれるまでの前半が、テンポ良く軽快に、かつコミカルに描かれていて、どんどん物語に引き込まれます。パリを意識してか、音楽を含めてオシャレな雰囲気だったのも良かったです。

ニューヨークでの後半は、とにかくハラハラ 。ワイヤーをこっそり設置するところはスリルがあったし、そして何より綱渡りのシーンはCGとは思えないリアルさで、いつ落ちるかとずっとドキドキしちゃいました。まるで自分も高い所にいるような、足がふわっとすくむ感覚を味わいました。映画館で見たらかなり心臓に悪かったかも知れません。

逮捕されてもヒーローになってるというのが、この時代の大らかさを表してて素敵でした。綱渡りの罰が綱渡りっていう判決出した裁判官も、シャレが分かる人だったんでしょうね。劇中で綱渡りを芸術にたとえてましたが、映画のつくりの良さもあって、確かに芸術を感じました。

ビルの偵察シーンはスパイ映画みたいで笑えたし、現地で仲間を増やしてくだりも良かったです。保険屋さんが反体制でアナーキーなことにワクワクして協力するとか、なんかロックだよなぁと。

この人は今もご存命のようですが、最近はどうされてるんでしょう。やっぱり今でもすごいところで綱渡りしてるんでしょうか。

>|