ザ・ウォークの作品情報・感想・評価

ザ・ウォーク2015年製作の映画)

The Walk

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

1974年、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センター、NYにそびえ立つ摩天楼の中でも王者と呼ぶにふさわしい荘厳なツインのタワー。この間をワイヤーロープ一本でつなぎ、命綱なしの空中闊歩にある男が本当に挑んだ。その男とはフィリップ・プティという。

「ザ・ウォーク」に投稿された感想・評価

OsamuSaint

OsamuSaintの感想・評価

5.0
ただ綱渡りするっつったって度胸だけでなく、けっこう色々準備だなんだ大変だったんだぜって話
Shuu

Shuuの感想・評価

3.8
1974年にワールド・トレード・センターでの空中綱渡りに挑戦した実録ドラマ。彼が成し遂げた前代未聞の偉業の全貌が映し出される。めまいがしそうな歩行シーンは見どころ。

1974年、フランス人の大道芸人フィリップ・プティは、誰も考えついたことのない挑戦をすることに。それはニューヨークのマンハッタンにそびえ立つ2楝構造の高層ビル、ワールド・トレード・センターの屋上と屋上の間にワイヤーロープを張って命綱なしで渡っていくというものだった。そして、ついに決行の日を迎えるフィリップ。地上110階の高さに浮いているワイヤーを、一歩、また一歩と進んでいく彼だったが……… 。

最初、予告編を観たとき、ギャングか誰かと揉めて笑えない罰ゲームでやらされているのかなと思っていたんですけど、本編は全然違いましたね。罰ゲームどころか自ら挑戦してるじゃんっていう(笑)
プティが綱渡りをするまでがとても長くて、まるでレイザーラモンRGの "あるある言いたい" みたいにいつやるの?と思わずにはいられないと思います。
無許可で綱渡りを決行する部分、張り詰めた空気感の中で1往復では終わらない綱渡りを是非観てもらいたいなと思います。
私のアイドル、ジョセフ・ゴードン=レヴィットの出演作品!

ただ、私が高所恐怖症なんで、ちょっと敬遠気味だったんですが、気分を上げる為に重い腰を上げて見ました。


や、ロバート・ゼメキスじゃないですか!さすが巨匠の作品で、良く出来てますし、やはりジョセフ・ゴードン=レヴィットカッコイイ!笑顔がたまらん!


なので、割合甘い感想になってます…


実在の事件、人物とは言え、ハリウッドの事実を基にした作品には嘘と言う名の演出はもちろんあるでしょうし、別にだから作品の評価が下がる事もありませんが、すっごく王道な映画に仕上がってます。


とにかく細かな部分は分かりませんが、高所恐怖症の方はなかなか勇気がいる鑑賞になりますよ、とだけは伝えておきたい!!めっちゃ怖いから!!


数学者のフランス人の方もカッコイイ!これは発見!こんな外見で愛嬌あるなんてイイよな〜


ある特殊な人物の特殊な体験を表した映画、ジョセフ・ゴードン=レヴィットが好きな方にオススメします、あ、出来たら過去にジョセフの作品で好きな作品がある方に、オススメします。
ロバート・ゼメキス監督ってやっぱり凄いな🤔🤔

主人公がフランス人ってのが関係?してか
オシャレな雰囲気でのスタート✨


ジョセフ・ゴードン=レヴィットってどっからか一気に演技派として売れたなぁ…😂

オレの目には″インセプション″からかな?笑
ジェームズ・フランコから役貰えて良かったなぁ😁


舞台は2001年9月11日に飛行機が突っ込んで崩れ落ちたツインタワーです。
映画としては
″ワールド・トレード・センター″
″ユナイテッド93″
を見れば分かります🙋

この物語は1974年💥

今でいうとYouTuberの過激版?
こゆ普通 イカれてるって思われる事に命懸けてる人がおるってゆー事実が凄いし
それを 凄いと捉えるか、非常識・失せろ!って捉えるかで 見方は全て変わると思う🤔

もしこれが、綱渡りをする事で不特定多数の人々に貢献出来る事であるなら(ボランティア的な人の手助けのような)もっと褒め称えられたと思う。日本でも

海外の人が出来ない事をする=凄いぞ!!ってゆー風潮?考えがこれを映画化にまでさせてると思う😲

オレには分からんけど
登山でエベレストに挑む方々の心情とかと似てるんかも…🤔
自分の為と名誉のため?






この人たちの気持ちが自分には無いし分からんからこそ凄いけど
こゆのを真似て命を落とすYouTuberとかもおるから 何とも言えん気持ちにもなる😥😥
ザン

ザンの感想・評価

4.0
ちょうど先日この話の英語の絵本を読んだところだったので、感情移入しながら見られた。なぜだろう、単なる無謀な挑戦のようであっても崇高さに満ちあふれているのは。こういう有言実行スタイルはすごく好き。たとえ真似できなくても。
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット演じるフィリップがまさにクレイジー
なんでツインタワーを歩いて渡ろうなんて発想になるんだろ?

とにかくハラハラドキドキしながらワイヤーウォークを見た

そしてフィリップを支えた仲間たちがみんないい人すぎ✨
ひとりでは成し得ないことも仲間がいれば不可能を可能にする‼︎
ジョセフ・ゴードン、
この映画で大ファンになった。
名前叩き込んだぞ。
憑依してるのかと思うほど、
ひとつひとつの表現が綺麗です。


映画自体は馬鹿げたことを、
真剣に且つ、かっこよく撮れてます。
やっぱり綱渡りシーンは見ものですな。
ヒュンヒュンした〜
tsuyo

tsuyoの感想・評価

3.3
これが実話なんですよね?
クレイジー。
お友達にはなれなさそうやけどその精神が羨ましいと思う。
ただの犯罪ではあるけどロマンがあるよね。

こんなことがあったんだ的な語り口調から入るので成功はしたのか、とわかってしまうので、ハラハラが失われたかなぁと。
でも、それでも緊張の連続からの仲間や観衆、ついには警察からの賞賛の声。
彼の中に意味はあったんでしょう。
suzu

suzuの感想・評価

4.2
「綱渡りひとつ」。
ただそれだけのことなのにこんなにも手に汗握るのかと思うと夢がある。


WTCには9.11以外にもこんな出来事があったとは…。


主謀者と共犯者たちに心を奪われる正規の大犯罪?!
skichi

skichiの感想・評価

2.5
綱渡りのやつ。
これ以上ではないけど、
クレイジーな人がいるよね。
>|