Mr.ホームズ 名探偵最後の事件の作品情報・感想・評価

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件2015年製作の映画)

Mr. Holmes

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:104分

3.3

あらすじ

93歳となったシャーロック・ホームズは、自身を引退に追い込んだ30年前の未解決事件について決着をつけたいと思っていた。それは、ある夫からの、不可解な行動をとる妻への素行依頼だった――しかし、その謎解きは、彼の人生最大の失態となるのだった。いま、ロジャー少年をあらたな助手に迎え、ホームズは最後の推理を始める。

「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」に投稿された感想・評価

ぷち

ぷちの感想・評価

3.4
老人と少年のやりとりがとても楽しくみれた。思ったよりしんみりしたが音楽も作品にあっていてすき
Telescope

Telescopeの感想・評価

4.4
薄れゆく記憶、深まるホームズ像。年を増すごとに魅力溢れる姿でした。
yumiko

yumikoの感想・評価

2.9
年老い、認知症に抗うホームズが最後に挑むのは自分の記憶と心。日本人との交流や死者の悼み方をはじめ日本の描写とか首を傾げるシーンも多くあるが、亡くなった大切な人々を思いながら石を並べるラストは切なく、残される者の淋しさと新たな希望に悲喜両方の涙が。
イアン・マッケランの演技を通して老人の感情の動きがよく描かれている。
小説版のシャーロックホームズの心境が年を重ねて変化する様を描くのが新しい。
この映画自体の原作となる小説では結末が異なっていた気がする。

日本の描写が海外からのイメージに沿っていると思わせる点が少し残念。
イアン・マッケランって、『ロード・オブ・ザ・リング』で、白の魔術師を演じてた人? だとしたら、自分はこっちのほうが断然好きだ。横顔を映したときのとがった鼻と、ときおり見せる鋭い眼光がホームズらしく、さらに彼が時折吐くウンチクも往年のホームズを彷彿とさせる感じで、なんかイイ。

それにしても、最後の事件のときすでに老境にあるホームズなのに、意外にモテます。そして、片田舎にひきこもり、記憶の糸をたどっているときも。

老境にある名探偵の心の傷と、彼の世話をする家政婦とその息子との心のふれあいが物語の軸で、少年とホームズとの間に芽生えた友情、特に少年が名探偵を敬慕するさまが微笑ましい。少年のころ、自分もよく明智探偵の助手の小林少年に憧れたものだ。少年は、第二のワトソンになりたいんだよな。それが、よく表現されている。とても素晴らしい子役だ。

本作では、ホームズにとって、『日本』が特別な存在の国だったが、とても光栄で嬉しく思った。真田広之出演。
ぷよ

ぷよの感想・評価

4.2
ヤングシャーロックのニコラス・ロウが出演しているということで続けて見てみた。
いい感じに出演しているし、年齢も重ねている。面影もそのままだね。
英国が舞台の映画にありがちだけど、列車が緑の中を抜けて田園風景が広がる。この映画にもあります。大好き。
そして、また、列車が走ると不思議の国日本へ。実際はたくさんあるのかもしれないけれど戦争メインの映画ではない海外の映画で広島を見たのは初めてだった。
嫌いな方はたくさんいるのでしょうが、海外の映画の不思議な日本大好きなので私は気に入ったシーンだった。
Netflixで吹替鑑賞
(ㆁωㆁ*)

難事件を解決!みたいなミステリーではなくてヒューマンドラマな感じ。
イアン・マッケランを満喫する映画でした。

オマケ程度に日本が出てくるけど海外の映画が描く日本はどうしてこうもピンズレするのかいつも不思議です。
晩年で認知症のシャーロック・ホームズをヨボヨボのイアン・マッケランが演じていて、良く似合っている

マグニートーの時とは全然違う
がんばれ!マグニートー!
老いに負けるなー!と応援したくなる映画

事件を解決する推理というよりは、男の子との人間ドラマ的な映画かなと思います。

世の中には色々な形のシャーロック・ホームズがあるなー
ハウスキーパーが残ってくれてよかった。ひとりにならなくてよかった。

品格ある老人はすてき
イアン・マッケランは勿論、年老いた名探偵と不思議な友情を結んで行くロジャー役のマイロ・パーカーの演技が素晴らしい!

美しいイギリスの田舎の景色や音楽もよかった。
真田広之も良かったけど、日本文化の表現は『あれ?』ってなってしまうのはやっぱり仕方ないのだろうか笑

ホームズ関連は全く詳しくないですが、人間ドラマとしてしっかり楽しめました。
>|