博士の愛した数式の作品情報・感想・評価・動画配信

「博士の愛した数式」に投稿された感想・評価

80分しか記憶が持たない博士と、家政婦の杏子、その息子のルートの日常を描いた作品
ストーリーとしての面白みには欠けるが、どこか不思議なストーリーや、博士の行動・言葉に愛着が湧いてしまう
数式の中に秘められた美しい言葉を楽しむ作品
Ken

Kenの感想・評価

4.3
ウマが合うってよっぽど大事だと思います。ちょっと切ないけど、なんだか優しい気持ちになれる作品でした。
you

youの感想・評価

3.7
数学も言葉も難しいけれどどちらも愛だった 目に見えないものこそ大事にしていきたい 

このレビューはネタバレを含みます

ラブストーリーではない。
記憶無くすけど、家政婦さんと仲良くなった。昔関係のあった義理の姉とも仲良くなった。記憶なくなるからって失礼なことするのやめようって、親子でやってたのはよかった。以上
Chad

Chadの感想・評価

2.5
全体的に原作とのイメージの違いがありすぎた。
好きな俳優多いけどみんなこの話の役に合ってないような違和感を感じた。

B級(ランク詳細はプロフィールにあります)
やっぱり純文学を実写化するのは難しいんだなあと感じた。でも映画自体の古さも相まったノスタルジーによって世界観は上手く描かれていた。原作とセットで観るのがオススメ。役者は凄い適役だった。深津絵里は可愛すぎて少し違和感があった笑。とても静かで心の琴線に触れる作品でした。
まつ

まつの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

2020/11/15 アマプラにて

交通事故の影響で記憶が80分しか持たない数学者と家政婦のお話。

自分が美しい、価値があると思うものを素直に信じられることがいかに尊く、他人にも影響を与えるかを感じる作品。
純粋に数学の美しさを愛する寺尾聰に登場人物みんながひかれていく。心があたたまる作品で原作が読みたくなる。

深津えりがかわいかった…
Uske

Uskeの感想・評価

3.8
これはちょっと難しかった。
全部理解できるような知性と感性が欲しい。
全部理解したくなる作品だからこそ。

人間の心のどんな動きも、難解な公式のように突き詰めれば美しく証明できるものなのか。

映画が完全に飲み込めない中で、良い演技、良い映像、良い音楽に浸りながら、そんなことが頭をよぎっていました。
ふゆか

ふゆかの感想・評価

3.5
出てくる人間みんな優しい

深津絵理さんずっとニコニコしてて可愛すぎる
声までかわいい
寺尾聰さんいい俳優さんだよなぁ。深津絵里さんも。この二人じゃないと成立しない名画。
>|