嘘つきみーくんと壊れたまーちゃんの作品情報・感想・評価・動画配信

「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」に投稿された感想・評価

tetsu

tetsuの感想・評価

3.0
瀬田なつき監督作品と聞き、鑑賞。


[あらすじ]

"過去に起きたとある事件"で出会ったみーくんとまーちゃん。
不可解な連続殺人や児童誘拐事件が多発する街で、十数年ぶりに再会した2人の不思議なラブストーリー。


[感想]

ポスターヴィジュアルからは、想像もつかないクセの強さと内容のエグさ。

『殺さない彼と死なない彼女 』と似たような題材でありながらも、作家性が爆発しすぎて、シンプルに疲れるゲテモノ映画でした。

理不尽かつ、精神的にキツくなる痛々しい描写の数々。
(しかし、年齢制限は全年齢対象のG指定。笑)

たぶん、事前情報もなく観ていたら、確実に無理なタイプの映画だったなぁとも思います。苦


[瀬田なつき作品として]

瀬田なつき監督作品としては、他作にも繋がるこれらの要素が興味深かったです。(以下、箇条書き。)

・鼻歌
・尾行
・室内での破壊行為
・リアプロジェクション
・飛ぶ風船
・水まき
・二者の関係性
・過去と現在の時系列の交錯

その他、今見ると、チープにすら感じる合成演出など、かなり尖った実験的な手法も心に残りました。


[おわりに]

クレイジーでシュールな笑いが合わなければ、かなり観ていて疲れる本作。

しかし、西尾維新さんリスペクトのラノベ原作を可能な限り再現したセリフや、ありがちな青春恋愛ものとは一線を画した影のある物語など、独特な作風にはハマる人がいそうなのも確か。

個人的に、オススメしたい作品とは思えませんが、少し変わった映画や猟奇的な描写が好きな人は、楽しめる作品だと思いました。
面白い。けれど自分の中では、うわぁ!超面白かったー!と騒ぐような面白さでは無かったです。
誰かにおすすめもしづらい。しづらいというのはつまらないからというよりどう言う映画??と聞かれて
うまくこの面白さを説明できない気がするから。
みーくん、まーちゃんの関係は気持ち悪く不気味。
嘘の中にも確かなものがある関係。
みーくん。そのオチはわかっていたよ!
嘘だけど。

見事に騙されました。
なすび

なすびの感想・評価

4.0
染谷将太を見てると自分は役者になんてなれないなと思わせてくれる…ずっと着てたグレーのチャンピオンのパーカー鬼かわいかった!!!

大政絢すごいな…seventeen読んでた時代懐かしいよ…映像で見るとまじスタイルいいね、アイカーリーの主人公にも似てるわ

天才って呼ばれる理由がわかった気がした、なんていうか「どどど、ど、どういう!?!?」みたいな感想だった🎈

瀬田なつきの新作への準備万端!たのしみわくわく
思ったより面白かった。染谷将太は妖怪みたいな不気味で特異な存在感だな。
10年以上前のドラマ『太陽と海の教室』に出てた大政絢は、最後どうしようもないくらいに情緒不安定になっちゃう役で、確か濱田岳が巻き込まれちゃったんだけど、このドラマに関して覚えている事はこれくらいしかなくて、それくらい強烈だった気がする。全く主演級じゃなかったはずなのに。はまり役だったんだなと今作を観て思い出した。横では染谷が「嘘だけど」と連呼してた。
ぽてと

ぽてとの感想・評価

4.0
ずっと気になってはいた作品。
ていうのも大政絢ちゃんが好きで、っていうだけの理由。
なのでストーリーは全然把握せずに観たんですけど、好きでした。思ってた以上に好きでした。

嘘つきみーくんにまんまと騙された。
でもそれは真実じゃないだけで嘘でもない。
本当と嘘
幸せと不幸
一見対極にあるようなものも見方を変えたら重なってたりする。
物事ってそう簡単じゃないよなぁ〜。


ところどころ演出にうーんってなったこともあったけど、そういうのどうでもいいくらいにはストーリーが好きだった。
外的な「商業映画」要請と内的な自己模倣を負の面に持ってしてこれってすごくね?
"幸せの背景は不幸"
原作の帯で見たこの言葉。
今回は使われていないけど、やはり
この作品にはピッタリなキャッチコピー
だと思いました。
原作未読なんですけどね(笑)
手に取ったものの買わなかったという。
昔から文庫本のあらすじを読むのが
大好きなんです😂

側から見たらとんでもなく歪んでいる
みーくんとまーちゃんの関係。
でも、本人達がそれを普通だと思って
いるのであれば、きっとそれが普通。
普通って本当に難しいです。

みーくんにとっての世界はまーちゃんで
まーちゃんにとっての世界はみーくん
そんな2人の関係は見ていて狂っているけど
とても美しかったです。

なんかこのセリフの言い回しとか
好きだなーと思っていたら、原作の
入間さんは私の大好きな西尾維新様の
影響を受けていらっしゃるとか。
そりゃ好きですわ🤦🏻‍♀️🤦🏻‍♀️

お話は、残酷なところもあって
目を逸らしたくなるシーンも
ありましたが、しっかり最後まで
楽しめました🙆🏻‍♀️

原作にはまだ続きがあるとか。
2人のその後が気になります!
槙

槙の感想・評価

-
11月の「ジオパノ」公開前に瀬田なつき履修(?)しときたくて。商業デビュー作とのことで映像的に荒削りな部分も少なくなかったけど、やろうとしてることの、そのやる気を買いたい!って思える系の作品だった。

外的、後天的要因により精神と心と体が自分でうまくコントロールできない少女、というところで、なんとなく庵野秀明の「式日」を彷彿とする内容だったのだけど、「式日」が(言葉の情報量が多い割に)映像で心象を具現化していたのと対照的に、こちらは発話の連鎖でみーくんの精神が浮き彫りになっていく作品で、なんだか文学的アプローチ?を感じたのだけど、原作がラノベだった。そりゃあねっていう。。。

ちょっと言い過ぎかもしれないけど庵野秀明「式日」(00年)→瀬田なつき「嘘つき〜」(10年)→小林啓一「殺さない彼と死なない彼女」(19年)の3作をなんらかの補助線でつないで語ってみたい、って思ってしまったな……。
お父さんのDVDコレクションのひとつだった。この作品で染谷将太くんが大好きになって出てる作品をみた。この作品の醸し出す雰囲気というか空気がずっと好きで、どんどん食べてるものがなくなって太ってしまった。
>|