パパが遺した物語(2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:
  • アメリカ
  • イタリア
  • / 上映時間:116分
    監督
    ガブリエレ・ムッチーノ
    キャスト
    ラッセル・クロウ
    アマンダ・セイフライド
    アーロン・ポール
    クヮヴェンジャネ・ウォレス
    ダイアン・クルーガー
    ジェーン・フォンダ
    ライアン・エッゴールド
    カイリー・ロジャーズ
    オクタヴィア・スペンサー
    ブルース・グリーンウッド
    ジャネット・マクティア
    ヘイリー・ベネット
    あらすじ
    小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

    「パパが遺した物語」に投稿された感想・レビュー

    ひっと
    ひっとの感想・レビュー
    17時間
    2.5

    このレビューはネタバレを含みます

    パパが娘の為に一生懸命の愛情を注いでるのが伝わる映画でした!
    レビューみて、期待して泣く気満々だったんだけど、、、泣けなかった。
    とってもいい話だったんだけど、
    お母さんもいなくて寂しくて、
    お父さんもいなくなって寂しくて
    怖くて怖くて、臆病になってく気持ちはわかる。。

    不安で不安で誰とでも寝るっちゅー心理は私には、わからないけども。。(--;)
    Mako
    Makoの感想・レビュー
    2017/04/07
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    Fathrs & Doghters👈原題。
    この本の内容が知りたかったなぁ。
    過去と現在が言ったり来たりする話は今日で2作目。
    でも、これはなぁ…。
    せっかくお父さんが生きている頃と娘の空気感に入り込んでも急に引っ張り出されて人間関係がどうのこうのいってて。。
    でも!ラッセル・クロウの発作の演技がすごかったし本気で心配してしまうような迫力でした。
    nrm
    nrmの感想・レビュー
    2017/04/01
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    父親の娘の愛に溢れた物語。
    子役の女の子が可愛すぎるのと
    ラッセル・クロウの演技力と、
    最後やっと人を愛せるように
    なったアマンダがとても綺麗。
    み
    の感想・レビュー
    2017/03/21
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    思った映画とは少し違った。父と、娘の死ぬまでの物語だと思っていたから。
    映画でよくある、数年後はいつの間にかやってくる。この映画は25年後。大人になったケイティは愛が分からず彷徨っている。誘われた男性と夜を共にし、空いてしまった心の隙間を埋める。
    そんな人生、と思うけど2時間の中で彼女の悲しみも苦しみも伝わってくる。分からないこと、ない。大人はいつだって勝手だ。見栄だとか、自己愛だけで子供を苦しめる。
    でも、ケイティのパパは違った。彼女のことを見つめ、愛し、守るために生きていた。そんな人を失った時、私たちはどうするんだろう。難しい。
    劇中歌と主題歌かとても素晴らしく、サントラが欲しくなってしまいました。これは結婚式の前日に父のことを考えながら観たい作品。愛おしい。
    ねこ
    ねこの感想・レビュー
    2017/03/15
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    ラッセルクロウ泣かせるわ〜
    でもまあぼちぼちかなあ いい話ではあるけど、ありがちな感じ

    娘があんな尻軽で愛情いっぱいで育ててくれてパパがかわいそう、、

    なんかそこまでって感じかな
    ポテトチップかわいい
    かずま
    かずまの感想・レビュー
    2017/03/09
    4.2

    このレビューはネタバレを含みます

    事故で妻を失い後遺症を患らいながらも父親として大切な娘を愛し全てを賭けて全力で守ろうとする父の愛は素晴らしかった😭
    幼少期の明るく元気な頃のケイティと傷を抱えたまま成長し変わってしまった姿を交互に描く事でとても感情移入ができました

    長い間愛が分からず心に穴が空いてたケイティが大好きな父親の遺作に人生を変えられたキャメロンと出逢う事で少しずつ人を愛することを知り変われたのは亡くなった後でも心に寄り添い続けてくれた父親からの贈り物だったんじゃないかな🎁

    個人的にはケイティが小さい時に自転車の練習をしてたのと成長してから子どもに自転車を教えてたシーンが父親にそっくりで好きやったな〜

    後ケイティの子ども時代の子が可愛すぎてメロメロ😍笑、エンドロールで流れる曲も映画の余韻に浸れて最後まで素晴らしい作品やった😊

    でも従兄弟の夫婦にはほんまに腹立った!笑、なんだかんだ理由つけてケイティを自分らのもんにしたいだけのエゴやし、自分らの子どもがいんねんから親なら子どもと引き離されんのがどんな気持ちかぐらいわかるやろ😡
    ヒッキー
    ヒッキーの感想・レビュー
    2017/03/08
    2.0

    このレビューはネタバレを含みます

    ラッセルクロウの発作が名演技すぎて、映画っていうことを忘れた。過去と現在が交互されるので時々、混乱した時もあったがラストが近づくにつれて納得。
    まゆごろう
    まゆごろうの感想・レビュー
    2017/03/06
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます

    前から気になってた作品

    パパの娘へに対する愛が凄く伝わった
    ケイティがまだ幼い頃と25年後の成長したケイティのシーンを入れ替わったりして分かりやすかった。

    ジェイクを演じたラッセルクロウ演技上手すぎ

    エリザベス夫婦にケイティを養女にしたいと裁判をかけられたとき
    エリザベス夫婦が裕福なのに対してジェイクは経済的に良くなかったから裁判するお金に苦しんで、発作はおきるし、だからって娘を取られたくなくて
    必死に本を書いて本当はケイティと一緒に色んなことして過ごしたいけど
    こんなにも追い込まれてもケイティの事だけを考えてすっごくケイティのことを愛していたんだなって思った。

    ケイティはキャメロンとの関係が分からなくてモヤモヤして自分でも分からなくなってしまって。

    ケイティは人を愛せないっていってたけどパパにあんなにも愛されていた事に気づいてなかったのかもしれないね
    それに気づいたときケイティはキャメロンに愛してるって心のそこから言えるようになったのかな。


    あとエンディングの曲がめっちゃ良かった☺️
    イチ
    イチの感想・レビュー
    2017/02/22
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    娘の寂しさが伝わってきたからこそ、終わり方が残念。もっと父と娘に関連付けても良かったと思う。
    もう少し父との関係を掘り下げても良かったかな、と。父と娘の本しかり、彼にあの本を預けたまま何もなかったし。
    close to youを歌うシーンは良かった。
    りーちゃん
    りーちゃんの感想・レビュー
    2017/02/22
    2.0

    このレビューはネタバレを含みます

    感動モノだとばかり思ってたけど、途中でおかしな展開になって涙が引っ込んだ。
    >|