パパが遺した物語のネタバレレビュー・内容・結末

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿されたネタバレ・内容・結末

タイトルからして感動作。
原題の方が好きだけど、邦題も悪くない。

事故で身体が不自由かつ貧乏な父親が、それでも娘を愛した話。


ポテトチップが幼少の時、2人でClose to you を歌うシーンには涙。あれ、本当の家族より家族だろ...。

自分を見失いそうになった時、父親との思い出の曲が流れた時、自分の愚かさに気づいてよかった。

”Like moonlight on the water, and sunlight in the sky
Fathers and daughters never say goodbye”

父親と娘に”サヨナラ”は無い。

大人になったらもう1回観よ。
ラッセルクロウの演技に感服。


タイトルはイマイチ。

妻の親戚は鬼畜野郎共。


もっと父と娘の話が観たかったなあ。

現在の娘の堕落生活より。。
エンディングの曲がすごい良かった。
俳優陣は最高だったけどストーリーはどうなんだろう、、。
あれだけ父親からの愛情をもらっていたのをみたから、愛を分からない様な娘のグレ方がいまいちピンとこなかった。
叔父さん叔母さんうざい。
ケイティただのメンヘラにしか思えん。なんでSEX依存症なってんの?
なんで両親が今の自分見たらどう思うかとか考えへんの?
演技がすごい。娘の気持ちの揺れ動き、経験したことないけど、すごい共感する。寂しい気持ちとか、愛を欲しがるとか女の人特有のかなぁ
小説家のジェイクは自身の交通事故で妻を亡く、自身も入院した、それにより後遺症で発作が止まらなくなったことにより精神科に入院費し、7歳の娘ケイティを裕福な叔父のところに預けた、7ヶ月後退院し、娘を迎えに行くと叔父たちが娘を養子にしたいと言い出したが、娘を抱えて自宅にもどった、娘との生活は幸せだったが、発作はなおっておらず完治していなかった、それに気づいた叔父は娘を養子にするために裁判を起こしてきた、そのためにお金がかかる、娘のために小説を書き上げるが駄作だったか、次に娘を思い書き上げた「父と娘」は賞を獲得するが、発作で死亡した

そんな過去から人を愛せなくなっていた心理カウンセラーのケイティ、自閉する少女をカウンセリングする日々、時間はかかったが、少しずつケイティに心を開いていた、
プライベートでは好きな人でもない男と寝てばかりしたが、父の遺作を愛する作家志望のキャメロンに出会い、好きになり、過去と向き合おうとしたが、また好きではない男と寝てしまい、キャメロンに激怒された、ケイティはキャメロンが本当に好きな人だと気付きキャメロンに会いに行くが、女性といたので逃げ出してしまったが、それは友達ではキャメロンはケイティを家の前で待っていてくれ2人は抱き合った

愛してくれた父、亡くした父と母、ひねくれていた叔母によって出来た過去、本当の愛を欲していたのだろう、
それを見つけられたのは父の小説、父のおかげだった

父の娘に対する愛情を感じられた
ん~、どこに視点を置いて
誰のどんな話か観ることができんかった
ケイティが裏切ってしまった、
元カレと寄りを戻して
ああ、ケイティの心の様子に
視点を置いて観れば良かったんか~
って、解ったけど、、、

元カレと別れる原因になった
ケイティが外の男と寝ること
ずっと愛情を言葉で行動で注いできてくれた彼に対して、わざと試してる感があって
観てて嫌悪感が酷かった。
自分がどうしたいか解らん泣!
って訴えてたけど、だからって
許されることじゃないだろう、、、と。

パパが患った病気と闘いながら
一生懸命、ケイティの側におろうと
したのはよく解る!
けど、何か今一つモノ足りんというか
モヤモヤが残ったままかな?
期待しすぎちゃったかな。まっすぐな娘に育って欲しかったなぁ
お父さんの娘に対する大きな大きな愛に感銘を受けた。自身が両親と喧嘩し、関係が悪い時に見たから特に。自分を愛してくれる人がいるって素晴らしいこと。
アマンダが自分を愛してくれる人はみんな去ってしまうというトラウマを抱えて男遊びで心の隙間を埋めるっていう設定も、現実味があって好きだったけど、最後には無償の愛を手に入れた彼女に純粋に羨ましさを感じた。
一方、邦題でもあるパパが遺したものについてはよくわからなかった。幼い頃の父の愛が成長したアマンダが本当の愛を手に入れる過程にどう影響したのかは謎、、
主人公はセックス依存症。幼い頃母を事故でなくし、父もその事故の後遺症で苦しんでいた。父は後遺症の治療をするが完治はせず、そんな子どもを彼の姿を見た亡き妻の妹が娘を養子に欲しがる。そして、裁判を起こされ娘を愛している父は裁判に勝つため弁護士を雇うが幾分お金がない。それからは働きつめ、ついに本を執筆する。その本は偉大な賞を受けるのだが執筆後、父は発作で頭を強打し亡くなる。そんな辛い経験をおった主人公は心の隙間を埋めるため毎日違う男と寝る。しかし、そんなことではそれを埋めることは出来ず。いつか本当の恋をし、愛というものに気づく。観ていて父親の葛藤が多く感じられた。娘とはそれほどにいとおしい存在なのだろう。主人公の心情の変化を観ていると自分も変わろう!という気持ちになれた。
>|