パパが遺した物語のネタバレレビュー・内容・結末

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿されたネタバレ・内容・結末

すごくよかったです。ラッセルの娘を大切にしている気持ちが伝わってきて、 何でもない日常が大切でかけがえのない時間 家族愛 そして失ってから気づくもの家族の大切さ。家族の暖かさは何にも変えられないものだと改めて思いました。
愚行に走る寸前の、音楽に救われるシーンだけは良かった
ラッセルクロウが好きなのでサービスしてこの点数
いい映画だし泣いたけど、最後は恋愛でまとめないでお父さんのこともっと取り上げて欲しかった。
ポテトチップって響きめっちゃいいし愛情感じる〜〜
タイトル負け映画といったら悪いけど、正直残念感が強かったかな。
時系列も大人時代と子供時代を織り交ぜるのがすごくいいと思ったし、ラッセルの演技は最高だし、、
もっと人と人の葛藤について触れて欲しかったかな。
叔母が言った「男に愛はいらない」って言葉と最後のキャメロンが迎えに来たので終わるのも複雑。
もっと意味のある言葉かと思ってた、、
大切な人を次々と失ったことでsexでしか人との繋がりを感じられず、分離不安を乗り越えられず人との別れを極端に恐れて試し行為をするケイティが悲しい
子供にとって絶対安全基地である親を幼い頃に亡くすというのはそれだけ心に大きな傷を残すのだろう

それにしてもアメリカはおかしな国だ
父親がいるのに裁判で勝てば親戚が子供を取り上げることができちゃうんだなぁ(この映画では取り上げられなかったけど)

邦題は感動狙いの改悪で残念
父と娘が一緒にいるシーンでは、随所に父親の娘に対する愛情が溢れていて、お互いがお互いを必要としてることが伝わってきた。それだけに、2人を引き離そうとする状況には、悶々としたりハラハラした。
父親の“娘のため”、という行動力や意気込みを感じていただけに、あの最期はあまりに呆気なく、切なく感じた。

ラッセル・クロウの迫真の演技に引き込まれ、親子の触れ合いの中に感じる愛情に心温まり、大切な人を幼い頃に亡くすという経験から大人になっても愛情に対して希薄で臆病になった娘が、父のファンという男性との出会いで少しずつ変わっていく様子に感動した。
子供の頃、事故で母親を亡くした女の子。
運転していた父親はショックから精神病に入院することになり、親戚の家でお世話になる。

父親は作家だったが戻ってきて、破産したり、大変な思いをしながらも、溺愛する娘のために本を書き続ける。

父と娘という本を書き終えた父は発作で倒れ頭を打って亡くなってしまうが、本は大ヒット。

成長した娘は、大学院で心理学を学び、同じやわうに心に傷を負った子供のケアをしたりしていたが、自らはトラウマから人を愛することができず、セックスだけの関係で心の隙間を埋めていた。

そんな時に、父親のファンという男性と恋に落ち、付き合うが、失うのが怖くて、自ら相手を傷つける行為をして振られてしまう。

最後は、彼の元を訪れ、愛していること、彼なしでは生きれないことを告げることができ、ハッピーエンド。

父親の愛、愛する人を幼い頃に失い続けた子の愛することへの恐れ、失うことの恐れ、それを受け入れる彼。切ないけど素敵な作品だった。
父と娘の深い絆を描いた涙必須の物語。

ラッセル・クロウ演じる娘を溺愛する父親っぷりが最高でした。

小説家の父親が、ある理由で亡くなってしまい、その亡くなる前に執筆した「父と娘」の小説の本当の意味を知った時に涙。

設定上、メッセージ性が高く素直に感動してしまった作品でした・・。

正直「父親が亡くなってしまった後」が面白かったです!

「父と娘」の小説が大好きなある人物が登場してから、たくさんのことが見えてきます。

娘のケイティの心情や言動の変化を感じるシーンが多数あります。

にしても、ラッセル・クロウは本当によかった(笑)
愛娘をポテトチップスって呼んでるのが可愛らしくてたまりせんでした。お父さんが倒れて物音で目を覚ますシーンなど悲しくて泣きました
タイトルからして感動作。
原題の方が好きだけど、邦題も悪くない。

事故で身体が不自由かつ貧乏な父親が、それでも娘を愛した話。


ポテトチップが幼少の時、2人でClose to you を歌うシーンには涙。あれ、本当の家族より家族だろ...。

自分を見失いそうになった時、父親との思い出の曲が流れた時、自分の愚かさに気づいてよかった。

”Like moonlight on the water, and sunlight in the sky
Fathers and daughters never say goodbye”

父親と娘に”サヨナラ”は無い。

大人になったらもう1回観よ。
>|