パパが遺した物語のネタバレレビュー・内容・結末

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿されたネタバレ・内容・結末

後遺症を抱え、精神的にも金銭的にも独り苦しむ父。そんな中でも娘への愛が溢れていた。娘と幸せに暮らすために必死になっていた矢先に亡くなってしまうなんて、とても辛かった。

ケイティは母も父も失い、大切な人を失うのが恐くなっていたのだと思う。だから心から愛するたった一人の恋人を作ろうとしてこなかったのかな…。

最後には、「どうなるかは分からないし不安だけど、一人の人を愛して良いんだ、愛したいんだ。」そんな風な彼女の前向きな心の動きを見れた気がする。あの後ケイティが自分を大切に出来ているといいな。
夫婦喧嘩中の車の事故で母を失い、父親(ラッセル・クロウ)は病気を抱えたまま、なんとか愛する娘ケイティを養おうとするパートと、25年後の、心の隙間が埋まらないままのケイティ(アマンダ・セイフライド)のパートで描かれる。

終盤までハッキリとは語られないが、心の隙間は父の死によるものであり、経済的に苦しくても、病を抱えていても、手放さず大きな愛を与え続けた父の死を受け止め、前を向けるのか。

いい映画なんだと思いつつ、響かなかった。わたしがきっと悪いんだな。
記録

あぁなんでしょう…切ない…
すごく感情移入してしまいました。
人と本気で付き合うって、向き合うって、怖いのですよね。
最後、彼氏が戻ってきてくれて本当に良かった。

アマンダセイフライドは際どい役多いな。
でもね〜目が離せないというか、好きですね〜。

はて、
アマンダセイフライドなのか?
アマンダサイフリッドなのか?
構成が多少複雑ではありますが、とても良い作品でした。
劇中歌である「Close to you」を聞く度にパパと歌った子供時代、そしてジュークボックスでのシーンが思い出されて泣きそうになります。

見始めてから以前見たことあることに気づいた( ̄▽ ̄;)

内容は忘れてたので楽しめました

親が子供に伝える愛…

それを受け継ぐ子供…

人生いろんな時があるけれどそこにはいつも愛がある( ̄^ ̄)

試練があっても君は強くなれる

君の心の中に僕が住んでるから

最後の歌感動(*´`)♡
俺には難しかったのかな?
心の傷が埋められない女性が父の本をキッカケに本当のパートナーに出会う的な話だったけど、タイトルからもう少し父が残した物語が大きな要素になるのかと期待してしまったから少し残念。
すごくよかったです。ラッセルの娘を大切にしている気持ちが伝わってきて、 何でもない日常が大切でかけがえのない時間 家族愛 そして失ってから気づくもの家族の大切さ。家族の暖かさは何にも変えられないものだと改めて思いました。
愚行に走る寸前の、音楽に救われるシーンだけは良かった
ラッセルクロウが好きなのでサービスしてこの点数
いい映画だし泣いたけど、最後は恋愛でまとめないでお父さんのこともっと取り上げて欲しかった。
ポテトチップって響きめっちゃいいし愛情感じる〜〜
タイトル負け映画といったら悪いけど、正直残念感が強かったかな。
時系列も大人時代と子供時代を織り交ぜるのがすごくいいと思ったし、ラッセルの演技は最高だし、、
もっと人と人の葛藤について触れて欲しかったかな。
叔母が言った「男に愛はいらない」って言葉と最後のキャメロンが迎えに来たので終わるのも複雑。
もっと意味のある言葉かと思ってた、、
>|