ライフ・イットセルフ 未来に続く物語の作品情報・感想・評価

上映館(6館)

「ライフ・イットセルフ 未来に続く物語」に投稿された感想・評価

アメブロを更新しました。 『「ライフ・イットセルフ 未来に続く物語」人の関わりとは不思議なもので繋がりに驚かされる事がある。』
https://ameblo.jp/yukigame/entry-12557105833.html
nikumusume

nikumusumeの感想・評価

3.5
色んな愛の映画。
自分の物語を紡いで幸せに生きることが、愛を返すことになるのかも。

未婚子無しの身では、残念ながら想像しきれない愛があるけれど。

幼い子供がいる人は号泣するかも知れないなぁ。
隼也

隼也の感想・評価

3.9
【横断歩道はゆっくり渡らずすぐに渡り切りましょう】

泣くまではいかなかったけど感動したし、章の最後らへんは毎回、何回もうるっと来た。でも泣かなかった笑


冒頭のサミュエルジャクソンの語り。マザファッカー。章ごとの区切り。パルプフィクション (優勝トロフィー。ダンス。注射からの復活)。タランティーノ大好きかよ!ってなって嬉しかった笑、構想的にもめちゃくちゃパルプフィクションで全く関係ない人たちが巡り合わせで集まってくるってお話の筋と同じ。
Tomato Tomato、とか意味深な表現とか言い回し、意味のないような台詞回しが最後には繋がっていく伏線回収的なのも面白い🤣🤣、そしてボブディランの曲と映画が絶妙にマッチしてて監督やるなぁって思った。
こういう映画で妙に優しい人って後々何か企んでるんじゃないかなんて考えちゃうけど実際めちゃくちゃ優しい人でしたってなってホッコリする笑、アントニオバンデラスさんごめんなさい笑


偶然に偶然が重なる、奇跡とも言えるようなお話なのでその感じが嫌な人には向いてない映画だと思う。登場人物の話す言葉には重みがあるけどあんまり会話自体が面白くない時も少しあってその分、章自体が少し間延びしたなぁって感じ。。


観て良かった映画♫
まじで当たりだった。
セリフや物語の構成が良すぎて引き込まれた。
人生だとか運命だとか本当に深く考えさせられる重厚な作品。
年取って子供できたらまたみたい。
unO

unOの感想・評価

2.5
ひとつの悲劇的な交通事故により重い運命の枷を背負うことになる二組の家族、ニューヨーク在住のデンプシー家とスペインに暮らすゴンザレス一家。遠く離れた地に住まう彼らを巡る数奇な運命と世代を越えた交錯を、ボブ・ディランの楽曲で彩るヒューマンドラマです。

『パルプ・フィクション』のオマージュを織り交ぜながら描く群像劇で、無関係と思われた人物達が繋がっていくスタイルと、それをハートウォーミングな結末に集約させる物語はテーマ性も含めて、伊坂幸太郎原作の『アイネクライネナハトムジーク』に近い感触を味わえる作品です。

「素敵な偶然」と呼ぶには些か出来過ぎた、人物の意志の介入の隙がない文字通りの「シナリオ」への賛否は観る人の人生観に大きく左右されます。『封神演義』や『ウォッチメン』を愛し、Incubusの『Make Yourself』を愛聴する身としては、それが正しく素敵であったとしても、張り子にされた人生には拒否反応を抱いてしまうのです。
e

eの感想・評価

4.2
本日1本目
フリーパスにて

物語は紡がれてる。
悲しい事辛い事楽しい事嬉しい事、たくさんの出来事を経て未来へと。

涙が頬を伝いました。
なんとなく途中結末読めてしまいましたが、素敵なお話でした。

ただ残念なのは携帯をエンドロール中につけて見てた人がいることだい。
見るなら外に出てほしい。
心残りは音楽聴きながら余韻に浸りたかった。。

後はready player oneのオリヴィアクックさんが出ててテンション上がりました。
可愛い(๑°ㅁ°๑)‼✧
ある事故が実は複雑に絡み合い繋がっていく。。
切なく深く笑顔が胸に突き刺さる。
まにょ

まにょの感想・評価

3.9
ほんまに人生って予期せぬ悲劇の積み重ねやけど最後はなんとなく前を向ける感じ良かった。
KatoTomoko

KatoTomokoの感想・評価

1.0
邦画でアイドルちゃんが主演しがちな映画で、心情を全てモノローグで語る的な演出を、ついつい忌み嫌ってしまうけれども、

あの演出ってワールドマーケットの手法なんだね!

ということを教えてもらえた作品。

時代考証とかさ、使用歌曲への敬意とかさ、映画を構築する上で重要な要素と捉えてたのもを、全ひっくり返し。

ディランが生きてよーが死んでよーが、レペゼン装えばなんでもいいのね。
『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』


“ 未来に続く物語 ” が、キーワードですね✨


頭が疲れている時には観ない方が良いです❗


“ あの日、あの瞬間 ” の “1つの出来事 ” が、何世代ものそして幾つかの家族の時を越えて交差する壮大な物語💡


巡り合わせや絆はずっと続く人生は壮大な物語なんだと・・命は自分だけのものじゃなく…

まだ人生は終わっていない❗

まだ出逢うべき人に巡りあっていないかも。。

そんな風に感じさせるお話しでした❤

オープニングの男性ナレーションが私は好きじゃなかったので、ー0.2しました(笑)

178/2019
>|