パパが遺した物語の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

KAORUKO

KAORUKOの感想・評価

3.8

ラッセルクロウがお父さんとして本当に優しくて、割と最初の方からなんか知らないけどジーンとして涙したなぁ。
子役の子の演技が良かった。
この作品のケイティがもうないのかと思ったときのようにせめてちゃんとありがとうって言おう。
「close to you」のシーンは本当に微笑ましい。
B

Bの感想・評価

4.3
はじまってすぐ泣いた
ほんとに感動するシーンばかり

パパのつらさと残された娘の思いが切ない
やんぬ

やんぬの感想・評価

4.0
パパが好きすぎてメンヘラ化した女の子
曲のタイトル忘れたけど、あの曲良く親が聞いてたなー
ジャケットの子供の涙に完全に心を持ってかれた

まず、ラッセル・クロウがスゴい
強烈な後遺症に悩まされながらも娘の為に色んなものを犠牲にして常に娘の傍にいようとする
本当に素敵…というかラッセル・クロウがいいパパにしか見えない←

娘はお父さん(自分を愛してくれた人)を亡くしたトラウマに頑張って克服しようとして、それでも克服できない葛藤も伝わってきて涙腺が緩んでしまった
アマンダ・セイフライド美人だった

大切な人と見たくなる作品
bigBEM

bigBEMの感想・評価

2.8
ラッセルクロウの演技が良かったことと、カイリーとアマンダが可愛かったことくらいしか覚えとらん。。。
とてもくだらない物語
中途半端でこの程度の話しを映画にしようと思った事が凄い!
半端じゃないm(__)m
jaja

jajaの感想・評価

-
誰だって、人を好きになれば、その瞬間から失う時が来ることを恐れおののく。かつてそういう経験をしたことがあれば、なおさらだ。▼付き合う前から、いずれ別れることを前提にして、そこから逆算して考えている。そんな馬鹿なと思うだろうが、人生で何回も経験すれば、そういう癖がついても仕方ないではないか。▼だから、このケイティを笑えないし、異常だと言えない。深く愛し親密であればあるほど、失った後が辛いくて、変な言動をしてしまうのだ。▼因みに、男だって愛がなければ生きていけない。仕事でごまかしているうちはいいとしても。
yasochi

yasochiの感想・評価

3.5
俳優陣は子役も含めて凄くいい

凄くいいんだけれど

ドラマの仕舞いかたが弱いというか変に複雑で幸せそうな映画なのに幸せじゃないという妙に現実路線が下敷きであり、
うーんもったいない感強し

娘役のカイリー・ロジャーズは可愛いし、ラッセルクロウの発作はリアルだし、アマンダの誘いの眼力はものすごいし

カイリーがなぜアマンダになったのかの説明が欲しかったな叔母のセリフだけじゃあわかんない
いっそいじわるな人が出なければすっきり観れたんじゃないかと勝手なことを書いてしまう
たくみ

たくみの感想・評価

3.7
少しだけアイアムサムと被るような物語だった。過去のパパと今の娘を交互に描写してて良かった。
Topaaaaz

Topaaaazの感想・評価

4.5
ラッセル・クロウとケイティ役の女の子
親子の愛が溢れてた
2人ならんで カーペンターズの close to you を口ずさむところが とてもよかった

成長して 幼かった頃の彼女はどこにもなくて 大切な人だけじゃなくて自分自身も傷つけたり…どうしてそんな風にしか生きられなくなっちゃったんだろ…てこっちまで苦しくなった

そんな時 ジュークボックスから流れてきた曲…
現実の自分、幼かった頃のパパとの思い出
彼女の口から出た言葉に 涙が止まらなかった

彼女のこれからの幸せを見守りたくなった。
>|