パパが遺した物語の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

KRchan

KRchanの感想・評価

4.2
おとなになってわざわざパンフレットまで買ったのは初めて 子供の頃の環境、経験が 人格を形成する 的な?自分に重ねたりして・・・
Manae

Manaeの感想・評価

3.7
不器用だけど一生懸命な父親の愛情に涙が出た。
santasan

santasanの感想・評価

3.5
パパとの物語とケイティの物語が時間軸を交差させながら進むが、パパとの物語の結末が見えているので、むしろほぼ時間軸に沿ってストーリーを展開したほうが分かりやすかったんじゃないかと思う。愛を確かなものとは感じられないケイティの不安はどこから来たんだろうか。母親と父親を続けて失ったのが8歳。それまでは父親からむしろ多くの愛を受けたはずだけど、父を失ってから愛を感じることなく育ったんだろうか。
カーペンターズの名曲と共に〜的な感じで書いてあるから期待したのに、2曲しか出てこなかった。
でもカーペンターズ歌うシーンめっちゃ好き
瑠花

瑠花の感想・評価

3.4

気が付いたら娘をポテトチップスと呼んでいた、特に理由もなく。

Close To you 一緒に歌うシーンが好きすぎる
ひろみ

ひろみの感想・評価

3.4
娘に対する愛がたまらなかった、娘の子役めっちゃうまい
ゆめ

ゆめの感想・評価

3.5
映画館で見たからか面白く感じた。
子役がうますぎる‼︎
PAIGE

PAIGEの感想・評価

5.0
エンドロールはもう涙ボロボロで、
自分の真ん中にどんってきて
なんか嬉しかったな
自分にとってすごく大切な映画になった
mana

manaの感想・評価

3.3
病気と養育権の裁判費用で悩みながらも娘と過ごしてる日々が本当に幸せそうで、娘役の子がめちゃくちゃ可愛い。大人になっても可愛い容姿はそのままなのに病んでるケイティが痛々しい。パパと同じ愛情を求めてるからなのかな。恋人にそれを求めるのってすごく難しいなと思う。
アメリカ人って何で子供をよくわからないあだ名で呼ぶんだろう?
彼氏役がブレイキングバッドのピンクマンだった。
saho

sahoの感想・評価

3.7
邦題ずれてる。
アーロンがとんでもなくイケメンに見える魔法(笑)
泣かせたいなら、なんか惜しいな…って感じ。
ホロりとしかこなかった。

もちろん感動はする内容なんだけど、誰が中心なのか、どの登場人物に焦点を当ててるのか、はっきりしなくてすべて中途半端な感じがしてしまった。

だけど、愛するのが恐くて自己破壊的な性格になってしまい、本当は愛しているけど怖いがために、ケイティがしてしまったある行動はすごく悲しかったな…。
>|