パパが遺した物語の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

ちょっと想像してたのとは違ったけど良かったかな
若干描き方的に最初の方分かりにくかった
ジュークボックスのシーン涙ポロポロ
アニーの子やっぱり演技上手、、、。
蟻

蟻の感想・評価

3.5
221

ラッセルクロウが娘の事大大大好きなちょ〜素敵なパパで、笑って( ◜◡◝ )←こんな顔になったラッセルクロウがたくさん見れる。あとキャメロンめっちゃ良い人。

義姉夫婦はマジで1億万回地獄に堕ちろって感じ。自分達にも子どもがいるとは思えない程身勝手だし義兄の末路に至ってはよくそんな分際であんなに偉そうな事ペラペラ言えたなってゲロ吐きそうだった。
どこに焦点を当ててるのかよくわからん映画だった。すごく散漫。
父と娘の物語ではあるが訴訟シーンや娘の迷走っぷりなどで感動できなかった。
大人汚い恐い。
唯一良かったのは父と娘がclose to youを一緒に歌うシーン。
Lavalava

Lavalavaの感想・評価

4.2
見終わった後に、なんとも深い気持ちになった。

塞いだ心がだんだん溶けていく様子もすごく心地よかったし、お父さんのことが大好きな娘の気持ちがすごく伝わってきて、見て良かった!
HARU

HARUの感想・評価

3.0
パパと娘(ケイティ)の物語。

パパもケイティも好きになれなかった今作。

邦題からもポスターのビジュアルからも想像してしまう、「父親と娘の愛情物語」「二人の愛に涙する」というような展開。でも、そこだけに焦点を当てているわけじゃないし、変に泣かせにくる映画でもないというところには好感が持てた。

でも、それでもやっぱり期待してしまう「父親と娘の愛情物語」。
正直に言えば、もっと二人が一緒にいるシーンが見たかったし、映画のおよそ半分を占める”ケイティが成長してからのお話”はいらなかったような気がする。

というのも成長してからのケイティの暴走っぷりが凄すぎて、ちょっとついていけないというか、、。簡単に言えば、ケイティは孤独感に襲われる度にその辺の男の人と寝ちゃう尻軽女。……でもそんな設定いる??

大好きな人がいなくなってしまった経験が二度もあるから、人を本気で愛せない、というのはわかるんだけど、なんでそこから尻軽女に変貌するのかは自分には理解できず。”人を本気で愛せない子”。これだけの設定で良いじゃん。って思った。

幼少期のケイティとパパの描写が素敵で暖かいだけに、尻軽シーンが出てくるとちょっと冷めてしまうというか、、。

あとはパパがケイティに向かって怒鳴ってしまうシーンがあるんだけど、そこでケイティに言ったセリフにかなり引いてしまって、パパも好きになれなかった。

あとは邦題こそ「パパが遺した物語」だけど、物語がベースになっていないのも何かなぁと。
cocoro

cocoroの感想・評価

4.0
2人で歌うclose to you
アマンダが好きで鑑賞
心理的な内容で
誰も悪くなくて
切ない。親子の愛の映画
わたしは好きな映画でした…
ラッセル・クロウは悪者の役多いな〜と勝手に思ってたけどこういう役も似合ってて好きです
挿入歌のCarpentersがとても良い感じ(;_;)
【こんな人にオススメ】
家族ものが好きな方、カーペンターズの曲が好きな方

【こんな気分の時にオススメ】
家族関係に悩んでいるとき、子育てに悩んでいるとき

【こんなシーンでオススメ】
1人でしっとりと

・邦題やパッケージからは、亡くなった父が愛する娘に物語を残すハートウォーミングなストーリーなのかな?と思ったけれど、複雑な重たい話も織り込まれていて、あれ?と思う人もいるんじゃないかなという印象。

・自分の不注意が原因の交通事故で妻を亡くし、自分も後遺症が残った作家である父とその娘の物語。娘が成人後のエピソードと、幼少期のエピソードが交互に展開され、最後に繋がっていく構成。カーペンターズの名曲がトリガーとなる。幼少期の父と子役のシーンが全て愛らしく、だからこそ、成人後のエピソードが悲しかったり。義理の家族が全ての元凶だと個人的に思うのだけれど‥。

・ラッセルクロウとアマンダの演技は流石。余談だけど、「ムーンライト」にも出てきた、パブとかにある箱型の音楽プレーヤーって日本にもあるのだろうか。
あじむ

あじむの感想・評価

4.0
ラッセルクロウに惚れました。


序盤はややベタな展開に、期待外れかなと思っていましたが、気がついたらラッセルクロウの演技力に引き込まれていきました。

娘に対する純粋な愛。その温かな感情がこれでもかというほど伝わってくる。本当に素敵な作品だったと思います。
>|