ブリザード 凍える秘密の作品情報・感想・評価・動画配信

『ブリザード 凍える秘密』に投稿された感想・評価

キャラクターそれぞれに個性があって人物が多面的に描かれていて不穏な物語が美しく流れていく。やっぱりグレッグ・荒木師匠の映画は良い。どこかで全作品特集上映して欲しい。ラストは荒木師匠ならではのオチ。終盤の暴力と狂気、普通の人がごく普通に一線を越えてしまう恐ろしさ。
母親が消えた事件が核ではなく母と娘の業について、それがウェットにならずに淡々と娘もひとりの「個」として描いているのがさすが。端から家族は崩壊していて、私は私の道を進むが、それでも親と子の関係は呪いのように心に巣食い続ける。大人に媚びず、若者と同じ目線で映画を撮り続けてきた作家にしかできない確かな表現。捻れた青春映画。
歩

歩の感想・評価

2.8
ずーっとダラダラとどうでもいい感じで進んでいって、ラスト5分だけは度肝をぬかれた。笑うなは無理。
ジャケ写、誇張しすぎ説。
2,30分くらいの短編にした方が気持ちよく見れそう

ラスト5分のために耐えるのがしんどかった…
Aria

Ariaの感想・評価

4.5
わたしなら耐えられないことが次々に。。どこかで歯車が狂うのか、最初から狂っていたのかどっちなんだろう
RRR

RRRの感想・評価

3.4
・過去の母の失踪、不自然な父の態度や書置きや荷物を持ち去った様子が無い事や
母の不安定な様子を思い出した主人公は、当時の担当刑事を尋ねるが…と言った内容
・母親の行方は早い段階で気付きましたが、それがこの物語のポイントではなく
そこに至るきっかけと動機にあり…思いも寄らない真相に驚きました
そこでやっと周りを取り巻く人等の不自然な歪みの理由に気付く仕掛けになってます
ははぁそう来ましたか、と いやホントびっくりです
・物語は母の失踪だけでなく夫婦間や母娘間でのズレや歪みもあぶり出してゆきます
歳を重ね 美しさと言うアイデンティティを失い病んでゆく母と、それとは逆に
娘盛りを迎え益々美しく成長する主人公に向ける複雑な競争意識や嫉妬が痛々しく
他作品でも度々見られるテーマですが身近な分だけ余計に厄介な問題だなと
・ミステリーとしてはパッとしない残念な感じですが着眼点は面白いなと思いました
昔グレッグ・アラキ作品が好きで何本か観てたので、あらすじはそんなに惹かれる感じではなかったが、なんとなーく鑑賞。

鑑賞前に、ここのレビューをチラリと見た限り、ラストが驚き的なことを書いてる人が多かったので「もしや、お母さん、ラストで唐突に雪女であることが露見する…?」などと、くだらん考えを抱いていたら、まさかのそれの斜め上をいく展開で。これ、笑わん人おるんか?w

伏線全くなしかーい!って感じだったが、いやいや、彼氏はイチャラブをあまり好まんタイプだったし…。こっちに持っていっちゃうあたり、やっぱりグレッグ・アラキなんやなぁー。
最後の最後に強烈www
笑うな!はきついwww
わざわざ観なくてもいいと思うけど
推理しながら観てたので自供があっさりすぎて興醒めしてたらどんでん返しキタ(≧▽≦)最後にやられた 〜(≧▽≦)
キャットちゃん可愛くてビッチだけど友達大切にするとこは好き🫶
パッケージと映像違いすぎ😂青春映画っぽい雰囲気がほとんどでした😂
たき

たきの感想・評価

2.5
「ブリザード 凍える秘密」を観る。

エヴァ・グリーン目当てに観ました。

しょっぱなからミスリードのにおいがぷんぷんしやがっておりまして、なんとなくそゆときは考えうる最高の胸糞展開を想像するのが得意だったりするのですが←なぜそれを長所だと思ったし。

はるか上をいかれました。

ラスト3分、びっくりした。
その一瞬でお母さんの印象と立場が180度変わるところで若干息を呑みました。ちと感心した。

正直ホワイトバードてなんなんよ、夢の内容てそのまんまやないかい等のツッコミどころあり。
そもそも、「で? 」と言ってしまえばそれまでではあるんですが、そんなんそれこそひっくり返すくらいのどんでん返し感はありました。お見事。

お母さん、愛してないどころか必死だったんですね、きっと。

キャットのビッチっぷりがあきらかに愛情欠乏症の諸症状以外のなにものでもなかったので、普通にお母さん出ていっただけなのかとおもた。
捨てられたという事実を受け入れられないキャットの夢オチなのかと。

そういう意味では、やっぱり「で?」 という域は出ないか。どうか。
ちわっ

ちわっの感想・評価

3.0
ラスト急にスリラーになって急展開へ

えっ、ブリザードってそれ?

エヴァ・グリーンが美しいのでオマケの評価
>|

あなたにおすすめの記事