青い体験の作品情報・感想・評価

「青い体験」に投稿された感想・評価

gon

gonの感想・評価

3.2
ニーノが良くも悪くも変態顔。
ちょっとエロ要素が入るとすぐ音楽が流れてくるの面白い。題名にあっていて良かった。
ニーノ とんでもない悪ガキ。
友達の姉さん ・・・ マンガみたい。
ヨーロッパは、格差社会・・メードさん大変。 
kirito

kiritoの感想・評価

3.4
【性春】

性は人にやる気を与え、力以上の原動力を与える。
時としてそれは性犯罪に至ってしまうためもちろん注意が必要ではあるが。

こちらはその辺の男はバカだなぁってのが可愛らしく?描かれてる映画。
(だけど、多分女性は嫌悪感を抱く人がいるかも😥)

ある家族の母が亡くなった。
そんな母は死ぬ3日前にメイドの要請をしていた。
そのメイドは若くてものすごく美人な女性で、長男、次男、そして父が虜になっていく…(三男はキッズなのでまだわからない模様)

という映画。


この家族男性ホルモンめっちゃ強そう😢

父ちゃん禿げてるし、めっちゃ体毛あるし…そして長男もおんなじ素質持ってるから将来父ちゃんとおんなじことになるな(確信)


意図的なカメラワークがまた憎らしい。
どう考えもこれAVだろってくらいの際どいアングルも多い。
男性諸君は悶々とさせられること必至。
パンツの映し方が…SYUITU!!!

例えば窓を拭いてる彼女のパンツが見えるように男性陣が頑張ってかがみこんでみようとするところが本当に見ててアホらしいんだけど、こういうやついっぱいいるんだよね。世の中に。


最後の懐中電灯の明かりで裸を映しながら
、スポットライトのようにおっていく技法はもはや才能開花しすぎてやばい(語彙力)

次男のニーノの言動がいいところを邪魔してくるのでめちゃくちゃイライラするのだが、これも監督が意図してることなのだとしたら…もはや狂気。


性にうえた男性諸君は必見。特に学生さん。
もちろんいつまでも心(もムスコも)は若いぜ!って言うおじさま方もどうぞ。

2018.8.18
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.5
フランスが『エマニュエル夫人』と『О嬢の物語』で日本がロマンポルノならばイタリア映画はラウラ・アントネッリだ!ということで?元気のよいエロコメディ。パッケージにもなっているパンチラ場面よりも、ごみを拾ってる最中にどんどん紙屑を捨てていく場面、クライマックスの見せ場となる闇夜の中の雷の中の童貞喪失場面がとってもおもろい。カトリックの国ならではなのか、パパが死んだ妻のユーレイに怯えてひぃひぃい言ってる様がかわいいw男どもがみんな女は自分にだけ夢中になってると勘違いしてる様を見るとどこの国でも男は変わらんなぁと思う。しかし全世界の女性に言いたいには、本人は意識してないかもしれんけど、角度によって胸が見えたり下着が簡単に見えたりするような服。まじであれ見えちゃったときの罪悪感が何とも言えんから本当に止めてくれwお前らの目の前にいる僕も一応オスなんだぞぃ。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

4.0
‪「青い体験」‬
‪僕の大大大好きな青春映画が初円盤化され再鑑賞したがも〜最高!葬儀に始まり結婚式で終わる。突如現れた家政婦に異性と母性を求める次男ニーノ。主導権を握り全裸にさせ暗闇の中ライトをチラつかせながら追いかけ回る雷鳴の中の映像は画期的で不気味かつ不吉で怖い。取り敢えず最高の一作だ。‬
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

1.6
イタリアの男はみんなケダモノで女はみんなアバズレなんか。。という完全なステレオタイプがそのまま映像になったような、イタリア人による作品。お手伝いさんは可愛い。
frOm

frOmの感想・評価

3.5
謎に無修正版というやつを借りました
使用されてる曲いちいちおしゃれ、レトロポップパイプオルガンみたいな音
お手伝いさん美しいしすごい仕事できるし気がきくし優しい!ただ小悪魔じゃねえか字幕で見てたけどまあまあ字幕ないやんけ
はしごのくだりめっちゃおもろい、わかったパンティーねっつってパンツ見せてくれるのめっちゃおもろい
雷のシーン撮り方がすごい好き!めっちゃニーノ目線!その後のアンジェラ目線!
いはら

いはらの感想・評価

2.5
中学生向けのB級エロティックコメディ映画
ただし、現在はR指定作品らしいので子供は見れません

最後の鬼ごっこがバカらしくて笑う
Hideko

Hidekoの感想・評価

3.5
原題: Malizia

邦題からしてもっとエロティックな作品かと思いきや、コメディ要素もありで楽しめました。

若い男の子って欲望だけじゃなく、繊細さも併せ持っているんだなと今更ながら納得 笑

高校時代、ある男子生徒から思わぬ事を言われたことがあり、そんなとこ見てるの⁈と驚いた経験があります。とにかく複雑なんですね。女性にはわからない色々な感情の起伏やもつれがあることが少しわかったような気がします。

お父さんの天然な性格やバックで流れる軽快な音楽でちょいエロ、でも爽やかな作品に仕上がっていると思います。

原題の”Malizia” 調べてみると悪意、ずるさ、悪だくみ…などの意でした。次男のニーノのことですね。この原題の翻訳を邦題にしていたらきっと日本でのヒットはもう少し抑えられていたかも 笑

末っ子の男の子がとても可愛かったです。食べちゃいたいくらい。もちろん変な意味じゃなく 笑
淵野辺

淵野辺の感想・評価

3.6
思春期の少年かわいいー

でもなんだか、、ニーノの行動謎い、、女だからそう思うのかな
>|