早春の作品情報・感想・評価・動画配信

「早春」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

スコリモフスキの映画をポーランド時代のものしか観たことがなかったのでずっとびっくりしてた、強烈なイメージやメタファーが多い、だが管理人室?で主人公のか細い脚がヒロインの顔の前をプラプラするショットのような細部のなんとも言えない感じがわたしは気に入った
日本語版のDVDパッケージに「死ぬほどの恋に落ちたんだ」というキャッチフレーズが載ってるけど、死ぬほどの恋じゃなくて相手は殺す恋の間違いだろう、仮に15歳のときにこれに出会っててもたぶん肩入れはできないが、なんかすごいエネルギーに触れた感じはするな、テカテカの黄色いコート買うか

このレビューはネタバレを含みます

7/21 「早春」備忘録 3回度目の鑑賞

 青春期の疾走感&暴走、性の雰囲気、ポップな色彩、CANの音楽、血、死の予感。

疾走感:よく動くカメラワーク。

ポップな色彩は赤・黄・緑が印象に残るが、赤が一番重用な役割を持つ。血の赤。ラストシーンのスーザンの出血を、ペンキで増幅するのはとても残酷でポップで最高な表現。

「叫びとささやき」の赤いセット、「恐怖分子」の赤い暗室、「戦争のはらわた」、「牯嶺街少年殺人事件」の最初のシーン。映画における赤は、特別な役割がある気がする。僕の彼女は、血の赤でもあり、本能に訴えかけるからと言っていた。僕もそれを聞き、映画は緊張を与えるものであるから、血は警戒を与える色で観客に緊張感を与えやすいのではないかと思う。
公衆浴場で清掃✨のバイトを
はじめた15の少年👦は、
ちょっと妖しげ💄なスタッフの
お姉さんが気になっちゃう😳・・・


いいね~!👍
やっぱり綺麗な女性の人って
こうやって男性をもてあそぶ😜のが
楽しくて堪らないんだろうな~💦。
でも辞め所を誤ると、
こうしてディープなエンド💥に
なってしまうという事なんだね!💦

マイケル👦の、時におどおどした、
時に唐突な挙動が、
なんとなくオトナの階段🙈を
のぼる前の男の子🍒という感じで、
絶妙でした。👍

2021.7.18
Haman

Hamanの感想・評価

3.7
純愛という狂気。やっぱり童貞が暴走した時のおちんぽ剥き出しエネルギーはすごい。こいつは人類代表できるくらいの美男子だから絵になるしムホホともなるけど、もしか宇野祥平とかでやったらスーパーどホラーになるでな。
中盤に微睡んで完全に油断してたとこにCANが流れんのヤバかった。脳汁じゅわわ~~てなった。
kk61sgt

kk61sgtの感想・評価

4.1
15歳童貞の主人公と年上で気ままな美人の同僚。半ばコミカルな展開で物語は進むが…。
ラストの見せ方が最高。"ママ"も。
紗季

紗季の感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

deep end
ある意味タイトルネタバレ

雪ぶち当てられる犬がかわいそうだった
小山

小山の感想・評価

1.5
CANってほんと映画内でも流れた瞬間、すごいとびっきりな感じで最高!
いろんな人のオールタイムベストによくあがってるうえに青春映画と聞いてたもんだから繊細な映画なのかなーって思ってたらコメディのような作品だった。映画館でマイクがキスした後の表情とかたまらない。主演がイケメンだからおもろいけどそうじゃなければ見るに耐えないだろうな。
Hika

Hikaの感想・評価

5.0
童貞大暴走ってだけの内容をこんなに綺麗に描写できるのがすごい
く

くの感想・評価

-
気の狂った変態の15歳だけど、イギリスの美少年だと見ててそこまで気持ち悪くない
ポスターのシーンのやつやられたらドキドキしちゃうね。笑
話の進み方かなり好きだったー
映像も綺麗
>|