青いパパイヤの香りの作品情報・感想・評価

「青いパパイヤの香り」に投稿された感想・評価

CCC

CCCの感想・評価

4.0
ひたすら美しかった。幼い頃の表情も、大人になってから、喋れない?ムイも素晴らしかった。後半は主人公のセリフはほぼない。そしてひたすらに魅せる観せ方。説明を徹底的に排し、こちらが垣間見て理解させるようなカメラワーク。さらに音楽。いやぁ、素晴らしい。
奏

奏の感想・評価

3.0
終始、ムンムン蒸し暑い感じが良かった。湿度高くテカテカ光る肌、虫の動きとそれを見つめる子供、家の外と大きな境を感じない造り、これがベトナムという土地なのかな、独特で惹かれた。
パパイヤを太い包丁でコンコン叩き、シャッシャと削るシーン、その音やムイがそれを見つめる表情など、好き。特に幼児期を演じているリュ・マン・サンが生き生きとしていて良い。
この8月、早稲田松竹@高田馬場のレイトショーで鑑賞。
サイゴンの商家で奉公する少女ムイの初恋と成長後の人生を描く、静謐で美しい抒情詩です。
まとわりつくような湿度と暑さ、光の深い陰影、濡れた葉にあそぶカエル、突然のスコール、ムイが顔や手を洗うしぐさなど、官能的ともいえる映像美に引き込まれます。
これはやっぱり夏に観たい映画ですね。
東南アジアの自然の中での生活を見て楽しむことができました。虫の声などの自然の音が印象に残りました。カメラワークは動きがあってよかったです。
ベトナムのベトつく暑さと脂っこい料理を画面越しに堪能する映画。
なんか東南アジア行きたくなるようないい感じの空気と見せかけずっとなんとなくエロい。
ていうか使用人ってなんかエロい。
Ichiro

Ichiroの感想・評価

3.6
前半は面白かったが、後半で失速。動物と人間が交互に描写されることで人間の生が強調されている。
71

71の感想・評価

5.0
これは…すごく好きだ…
すべてのカットがうつくしい
言葉は少ないけど音楽と距離感がぜんぶ語ってくれてるような
主人公ムイの目を通してみるとカエルも虫も愛しくなるし、蒸し暑さや雨も悪くない気がしてくる
後半は少女漫画のようですがそういうのにときめく年頃です永遠に…

ムイの黒くてしっとりした髪いいなあ
夏にずっと流しておきたい映画
パパイヤの香りを想像しながら観る
AU

AUの感想・評価

4.5
7,8年ぶりの鑑賞。すごく好きな映画という記憶だったけど、久しぶりに見てどこが好きだったのか思い出せた。
risa

risaの感想・評価

3.7
主人公が子供の頃からすごい神秘的。あとご飯がおいしそう。子供ってアリころすよなー
obat

obatの感想・評価

4.0
0810 早稲田松竹
高温多湿でも「日陽はしづかに…」と真逆の青緑のひんやりとしたイメージ。街並みもセットだと思うけど美しい。とっても住みたい。
20年越しだけどこの季節に観られて良かった。連日の暑さへの皮膚感が少し変わる不思議。
青いパパイヤって妖艶さと慎ましさをあわせ持った香りなのかな。
>|