ズートピア(2016年製作の映画)

Zootopia

上映日:2016年04月23日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:109分
    監督
    バイロン・ハワード
    リッチ・ムーア
    脚本
    バイロン・ハワード
    ジャリッド・ブッシュ
    リッチ・ムーア
    ジム・リアドン
    フィル・ジョンストン
    ジェニファー・リー
    キャスト
    ジニファー・グッドウィン
    ジェイソン・ベイトマン
    アラン・テュディック
    ケイティ・ロウズ
    シャキーラ
    イドリス・エルバ
    ネイト・トレンス
    J・K・シモンズ
    ジェニー・スレイト
    トミー・タイニー・リスター
    オクタヴィア・スペンサー
    ボニー・ハント
    トミー・チョン
    あらすじ
    動物が人間のように暮らす大都会、ズートピア。誰もが夢を叶えられる人間も顔負けの超ハイテク文明社会に、史上最大の危機が訪れていた。立ち上がったのは、立派な警察官になることを夢見るウサギのジュディ。夢を忘れたサギ師のニックを相棒に、彼女は奇跡を起こすことができるのか…?「アナと雪の女王」「ベイマックス」のディズニーが“夢を信じる勇気”にエールを贈る、感動のファンタジー・アドベンチャー。

    「ズートピア」に投稿された感想・評価

    ビーバーが序盤で一瞬だけ出ます
    シンプルに、楽しかった(๑˃̵ᴗ˂̵)
    主人公のウサギがちょっとウザい。面白いけど一回見れば充分。
    いろいろ考えさせられる映画だった!
    あ〜!楽しかった♪
    動物たちがかわいい!
    それぞれの個性がよく描かれていて、みんな愛すべきキャラでした。
    ジュディとニックのその後が見たいなぁ!
    全世界的に未だに恒常化している差別をポップにアニメに盛り込んでいるのはすごい。
    モデルを人間ではなく動物の世界にすることで、種の大きさによってなれる職業が違ったり、自分の種だけで周りから差別を受けるなど人間界の差別よりも更に如実に差別を表している。
    ズートピアは一見誰もが幸せなユートピアに見えるが差別が横行している世界。しかもその差別はナチュラルに住民に受け入れられており、被差別者側にさえ問題意識すらない世界。まるでインドのカースト制度のよう。
    映画で登場する草食系である弱者が肉食系を森に追い出そうとしたシーンには、差別に差別で対抗してしまう人間の本質が非常に未地味出ていた。アメリカで70年代の黒人運動の中で、どうしても黒人の差別を失くそうと運動する過程で、黒人自身が白人を逆に差別してしまう勢力が出てきてしまうアイロニーを表現していたように感じた。
    こんな重いテーマを明るくポップに描き切る制作者たちは本当にすごすぎる。
    記録
    すごくすごくよかった。ニックが人間に見えます。
    >|