ズートピアの作品情報・感想・評価

ズートピア2016年製作の映画)

Zootopia

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:109分

ジャンル:

4.0

あらすじ

動物が人間のように暮らす大都会、ズートピア。誰もが夢を叶えられる人間も顔負けの超ハイテク文明社会に、史上最大の危機が訪れていた。立ち上がったのは、立派な警察官になることを夢見るウサギのジュディ。夢を忘れたサギ師のニックを相棒に、彼女は奇跡を起こすことができるのか…?「アナと雪の女王」「ベイマックス」のディズニーが“夢を信じる勇気”にエールを贈る、感動のファンタジー・アドベンチャー。

「ズートピア」に投稿された感想・評価

りこ

りこの感想・評価

3.0
たまに笑っちゃうとこもありました。特にナマケモノのシーン!(笑)
一番好きなディズニー映画!





涙あり、笑いあり、何回も観ちゃいました。

世界観と細かい設定がとっても素敵でした。
やっと観れた。笑

動物の特徴をしっかり反映させてる。
ストーリーもディズニーの王道、ディズニーらしい作画。
満点を取りにいってる映画。
子どもの時にみればハマってたやろなあ。
movielot

movielotの感想・評価

4.5
ズートピアの世界観に心を奪われました。電車の中からズートピアの各地区を眺めるシーンが特に好きです。
大人も観るべき映画でしょう。
elie

elieの感想・評価

4.1
あー面白かった🤣
選択の余儀無く吹き替えでの鑑賞
字幕の方がテンポが
スピーディで面白さが増すと
いうのをどこかで見たけど
個人的には充分楽しめた
あぁ〜愛くるしい動物たちよ...
勇敢なジュディに
お父さんのほっぺに
ぱおんぱおんに
ニックのツンデレ
そしてフラーッシュ😭
鑑賞後に聞いた情報で
スピード出し過ぎの理由
知って笑った(笑)
そりゃ確かにそうなるわ
フラッシュ愛しい
鑑賞中に気づいた
ズートピアトリビアも
ちらほらあり
調べたらもっといっぱいあって
さすがに細かすぎて
わかるかーーーい!!って
いうくらい
遊び心満載の作品だった
また改めて観直そうー♬
うちの姪っ子はこれを観て
警察官になりたいと
言い出したらしい
子供に夢を与えるディズニー
素晴らしいね.
ジュディ&ニックのコンビに拍手👏

ポップな感じでストーリーは進んで行くけど、その中にも肉食動物と草食動物の関係性であったり身体的面での格差などが描かれてて、笑いの中に考えさせられる内容が沢山詰まってて見応えあり。
なつき

なつきの感想・評価

5.0
ディズニーの凄いところは子供を楽しませつつも大人にも突き刺さる内容で作品を作るところだなと。洋服を着て二足歩行する動物達が暮らすファンシーな見た目に反して人間の現代社会のもやもやした部分もちゃんと描いてある。

生真面目で前向きで努力家なジュディと悪知恵が働き飄々としてつかみ所のないニックの生き方や考え方の対比が面白い。
初めは不真面目なニックに反発していたジュディがただ真っ直ぐなだけじゃダメだと
悟る過程や、小さい頃に悪意によって押しつぶされてしまった本来の素直で前向きな部分をジュディの熱意を身近で見る事によって取り戻して行くのがとても熱い。

そうそうバディモノってこういうのが最高なんだよねと思わせてくれる。


森川ニックがイケメンすぎてしんどいくらい。俺のことすきなんだろ?
ブレイキングバッドのどうぶつ版ノワール。偏見良くない!みたいなガワだけど、冒頭からとんでもない速度で交尾して人口が増えていくうさぎ村というとんでもない悪意をぶち込んでくる挑発的な作品だ。
rito

ritoの感想・評価

3.9
ウサギの女の子、ジュディは警察官になる夢を叶え、動物たちの楽園・ズートピアの安全を守ることとなる。

初のうさぎ警官であるジュディの警官ライフは、前例がないだけに周囲はよく思わずほろ苦いデビューとなりました。それでも、与えられた仕事を120%でやるという彼女の素晴らしいポジティブさに何故かこちらが元気づけられます。マイノリティは冷たい目で見られがちですが、マイノリティにしかできないことがある、ということがよく描かれていました。

嘘つきのキツネ、か弱いウサギ、襲う肉食動物、逃げる草食動物。周りから貼られてる偏見というレッテルはとても強力で怖いものです。しかしそのレッテルが当たり前になりすぎて偏見だと気づかない、無意識の偏見は一番怖い偏見だと感じました。それは例え心の内に秘めていても、どこかで必ず相手に伝わると思います。そしてその偏見をジュディ自身がしてしまうシーンは、良い意味でぞっとしました。

動物が大好きな私にとって、まさにユートピアな映画でした!特にナマケモノは動きが遅すぎて面白イライラしますが、最後をかっさらっていく姿は最高です!
たま

たまの感想・評価

-
アメリカ受けしそうな感じ。
麻薬を思わせるような描写があり少し怖かった。
>|