シャネル シャネルの作品情報・感想・評価

「シャネル シャネル」に投稿された感想・評価

近年では女性でも制服のスカートとパンツを選べる仕様であったり、看護師などではパンツの制服が主流になってきているけど、ココシャネルが女性の社会進出のためにミニスカートを普及させたのは忘れないでいようと思いました。
明日は天気予報で雨になる
干し草をとりこまなくちゃ
シャネルよりも大事なことよ
香

香の感想・評価

-
ドキュメンタリーであった!
ココ・シャネルのインタビューあり
ayakame

ayakameの感想・評価

3.5
ショートカット、モードファッション、煙草。かっこよくて強い女性。
JY公園

JY公園の感想・評価

3.5
流れに逆らうという鮭の精神を深く刻み込まれた奇才のドキュメンタリー。
mam

mamの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

シャネルのドキュメンタリー。20年代の作品も素晴らしいが、戦後15年の休業を経て生み出した50年代からの作品で多くの代表作を残し、シャネルスタイルを確立したとのこと。御歳なんと70歳からのリスタート!

本人の映像もあるけど、やはり声や話し方、姿勢などは、ちょっとエレガンスとは離れているかな。残念。でも年も年だしね。

カール・ラガーフェルドのコラージュブックが素晴らしい。
LEONkei

LEONkeiの感想・評価

2.5
1986年製作〝ココ・シャネル〟のドキュメンタリー。

ファッション業界最高峰〝CHANEL〟の創設者〝ココ・シャネル〟に関する映画や書籍等は、これまで自分自身も多く触れてきた中でこのドキュメンタリーの中身は今観ても新鮮味はない。

敢えてこのドキュメンタリーをひと言で表現するれば、今年他界した若き日の〝カール・ラガーフェルド〟から見る〝ココ・シャネル〟像を語った映画と言ってもいい。

1982年に〝CHANEL〟デザイナーとして就任した4年後の製作でも有り、低迷した〝CHANEL〟を復活させた立役者でもある〝カール・ラガーフェルド〟。

〝ココ・シャネル〟の意思を継承しながら彼自身の創造性を融合させ、〝CHANEL〟に新しいモードを再構築させた。

〝カール・ラガーフェルド〟亡き〝CHANEL〟の後任には、彼の右腕として使え続けてきた〝ヴィルジニー・ヴィアール〟が今後どう〝CHANEL〟を創り上げるのか期待し注目したい..★,
ymxx

ymxxの感想・評価

3.5
CHANELについて

20歳の顔は自然の贈り物
50歳の顔はあなたの功績
周りの女性たちがドレスや帽子に装飾を
ちりばめている中でクラシックなシンプルなスタイルを
貫くシーンが印象的だった

周りと違うスタイルで目を引くのも納得がいく
ポリシーを曲げないまま生きていく彼女の姿が
魅力的でかっこいい

生涯独身で自分で生きて生きたいという信念
独身だったところも彼女の強さなんだな

オドレイトゥトゥの演技もすき
アメリを代表とする可愛らしいトゥトゥじゃなくて
凛とした無表情も似合う
授業で鑑賞 内容のまとめ方がスッキリしていて分かりやすかった

シャネルにインタビューをしているシーンの構図、二人の間から大きいガラスの花瓶とチューリップが見えているのがすごくかわいいし、ショーのBGMもめちゃくちゃイケていて、かわいさやおしゃれを狙った映画ではないはずなのに惹かれるデザインがいっぱいで、また見返したい気分になった

シャネルの洋服も勿論だけど、シャネル自身がめちゃくちゃおしゃれで格好いい ショーでキャーキャー歓声があがるのも分かる。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品