ヴィヴィアン・ウエストウッドの作品情報・感想・評価

「ヴィヴィアン・ウエストウッド」に投稿された感想・評価

mam

mamの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

30分と短いけどヴィヴィアンのドキュメンタリーの中でぶっちぎりに好き!
90年代のまだ若い短髪でシルバーヘアのカッコいいヴィヴィアンは、創造性に満ち溢れ、静かな中にも芯のある情熱を秘めている。(後年のようなパワフルさは薄くむしろ柔和な印象)

さりげなく置かれたオーブのデスクランプが素敵すぎて釘付けに♡

個人的に思うヴィヴィアンが一番輝いてた時代のコレクションも楽しめるし、宝物だったロッキンホースの思い出も蘇り、うっとり。

マルコムやピストルズについての語りも少し(うれしい)
60年代当時からオシャレ界隈だったキングスロードに、マルコムと中古レコードと服を置きはじめ、1971年に50sテッズを意識したLet it Rockをオープン。その後コンセプトとともに幾度も店名を変更。ロッカーの為のToo Fast to Live, Too Young to Die、ラバーやSMスタイルのSEX、ピストルズに着せたSeditionaries、逆さまわりの大きな時計がアイコンとなる海賊を意識したWorlds end。

まだ活気の残る90年代のキングスロードを見てみたかったな。(2013年のWorlds end周辺は閑散としてたから)

美術教師を目指した事もある芸術を愛するヴィヴィアン。この時の服もルーベンス絵画の帽子からインスパイアされたとの事。

好きな時代に生まれる事ができたら18世紀のフランスにと。その時代がファッションも人物も自由でエキセントリックだからと。ヴィヴィアンらしく微笑ましかった。

ピストルズの音楽も沢山流れて気分もあがるしエンドロールでのマイウェイにはぴゅんっと昔の気持ちに戻ってめちゃジンときた~!
チェネ

チェネの感想・評価

2.5
誰もが初めから成功するものではない。
成功している人、偉大な人は必ずしも人並み以上に努力をして発想して考えたことを言葉に出す。
自分の意思、芯となるものがしっかありとあり自分を否定しない。人の意見も聞き入れる力がありでもそれだからと言って惑わされることはない。
kinako

kinakoの感想・評価

3.7
彼女はデザイナーになるために生まれてきた人なんだなぁー。
そして、商業的に服を作るのではなく
自分の好きなデザインの服を作ることは
大変だけど幸せなことだと思います。
それを実現できる才能は羨ましい限りです。
jujuenne

jujuenneの感想・評価

4.3
great documentary movie to learn and understand about her/ the brand
ファッションブランドのドキュメンタリー。作りが微妙…賛美しかない。よく分からない業界だからしょうがないけど。ホイットニーを見たほうが良いかな…。
oyama

oyamaの感想・評価

4.0
すごい表現者を見た。
映画が進めば進むほどに、若く美しく見えてくる不思議。
魔女感すごい。
k

kの感想・評価

2.0
ちょっと物足りない。もっと知りたいのに。

しかし、かっこいいなぁ…
MO

MOの感想・評価

3.5
移動はチャリってところに驚いた。オシャレな服着て颯爽とチャリ漕いで通勤してるのカッコいい。私服どれもオシャレで黒いシャツに黒いカーディガン、タータンチェックの膝上スカート履いてるのおばあちゃんなのにめちゃくちゃ似合ってた。ドキュメンタリーだったからもうちょっと生い立ちとか見たかったけど一番最後、「私からのアドバイスよ。なるべく服は買わないで。うちのブランドも例外じゃないわ。ただしもし買うならうちの服にしてね。」ってわりかし真面目に言った後笑いながら去ってったのがかっこよすぎた。
イシ

イシの感想・評価

-
若いときから髪の色を抜いていたら、白髪に移行する中途半端なときがめんどくないかもと思ったけど、ベリーショートじゃないと抜くのが面倒やんなー。

あと特に何も思わず。
世界の一員ねー。
ジョイ

ジョイの感想・評価

2.3
ヴィヴィアンは、センスあるかないかで語れる文脈のスタイルじゃない、ということが分かった。社会に対して興味が合って、ファッションはストーリーを語れるから好き、という言葉に共感。主張を貫き通した人もの勝ちなんだな。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品