ココ・シャネル 時代と闘った女の作品情報・感想・評価

ココ・シャネル 時代と闘った女2019年製作の映画)

Les guerres de Coco Chanel

上映日:2021年07月23日

製作国:

上映時間:55分

3.3

あらすじ

「ココ・シャネル 時代と闘った女」に投稿された感想・評価

BBoyX

BBoyXの感想・評価

3.6
ココ・シャネルってこんな怖い人なのかって思いながら見ていったら1時間てあっというまに終わってしまった。
odyss

odyssの感想・評価

2.0
【物足りない】

ココ・シャネルの生涯を追ったドキュメンタリー。
55分という短かめな映画です。

シャネルについては、21世紀に入ってから、「シャネル&ストラヴィンスキー」を含めて3本の映画が作られています。
それらの映画と比べて、このドキュメンタリーははっきり物足りない出来でしょう。

第二次大戦時にシャネルが(パリを占領していた)ナチ・ドイツに協力していたという問題が出て来るところがちょっと新しいのですが、その点を突きつめて追求しているわけではない。

それ以外の、有名になる以前の男関係などについては、先行する作品「ココ・アヴァン・シャネル」を見た方がいいでしょう。
デザイナーとしての成功譚なら、「ココ・シャネル」の方が上です。

先行作をふまえて、ちゃんとした作りにして欲しかったのですが、監督にそれだけの能力と準備がなかったのでしょうか。残念です。
なんとなく重めの悲しい雰囲気。
これを見ると、CHANELが好きになり、ココ・シャネルの生き方に憧れる。
先駆者だな。
kr

krの感想・評価

3.0
近年では女性でも制服のスカートとパンツを選べる仕様であったり、看護師などではパンツの制服が主流になってきているけど、ココシャネルが女性の社会進出のためにミニスカートを普及させたのは忘れないでいようと思いました。
omame

omameの感想・評価

3.6
没後50年、そしてNo.5誕生100年記念公開ドキュメンタリー

まさしく時代と闘っていた

既製品の帽子に飾りをつけて売るところが
スタートだったのを初めて知りました

コルセットを締めて、
窮屈な服を着るのが当たり前の時代に、
ジャージ素材のスーツを作ったりと
常に時代の先を見ていて、決断力、行動力、
周囲に惑わさせない強い意志を持っている本当に強い女性で、
でもどこか孤独で。

パワーあふれるかっこいい女性でした
non2

non2の感想・評価

-
見始めたはいいけどやめちゃった。再チャレンジしたい。フランス語ってボショボショしてて聞いてて退屈な気持ちになっちゃう。

劇場 No 76
 
66点
‘華麗なるファッション業界’と題して、小倉昭和館で👀
「ハウス・オブ・グッチ」との2本立て📺
上映再開が嬉しくて2号館とハシゴしました😅
 
第一次大戦後、女性として史上初の
世界的実業家となったシャネル💼
激動の時代を生き抜いてきた
20世紀最大のデザイナーの生涯と実像に迫る🎥
 
「皆殺しの天使」、19世紀の女性像を葬り去り
ファッションによって女性を因習から解放したことで
そのようにシャネルは呼ばれていたそうで
女性の社会進出が皆無だった時代に
風穴をぶち開けたシャネルは正にパイオニア的存在👍
やっぱハングリーさを糧にのし上がった者は強かった🤜💥
 
また、同じ強い女性でも、この後同時上映で観た
‘ハウス・オブ・グッチ’のグッチ家の凋落ぶりとは対照的でした😳
 
ところで先日19日に昭和館にほぼ隣接している
北九州の台所‘旦過市場’で起こった火事のため
昭和館は当面のところ臨時休館になっていたのですが
ようやくこの日から上映が再開されました🎥
映写機材や館内設備への大きな被害が
なかったというのが幸いでした🎥
尚、休館した期間だけシネマパスポートの期限が
6月10日(金)まで延長されるとのことです🎫
ryuko

ryukoの感想・評価

3.0
この時代に女性が一人で生きていくにはさぞ大変だったろうと想像がつきます。
kumi

kumiの感想・評価

3.0
55分と短く、生い立ちや
生き方が中心だったのでちょっと残念。
コクトーもダリもスキャパレリも登場は一瞬だった
あ

あの感想・評価

4.1
別にそれぞれ好きなようにしたらいいと思うけど、わたしは着るならちゃんと知って身に付けたい

ガブリエル・シャネル、カッコイイ女性だ
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品