ココ・シャネルの作品情報・感想・評価

「ココ・シャネル」に投稿された感想・評価

こちらはシャーリー・マクレーンのココ・シャネル
ココっていったいどんな女性なのよ、って彼女の小説のような人生に最後まで魅せられました。 
tori

toriの感想・評価

3.5
「プライドが強いのが君の不幸だ」と言われてしまった彼女

だがプライドの低い人間に独創的なデザインは作り出せない
あき

あきの感想・評価

-

"My life didn't please me, so I created my life."

私の右腕にはココ・シャネルが残したこの言葉が彫られています
後にも先にも頼りになるのはこの言葉だけ。
hiroki

hirokiの感想・評価

3.8
シャネルの綺麗な部分がまとまっててロマンスもあり引き込まれたので満足。
qoqo

qoqoの感想・評価

4.0
身体、あらゆる所が辛い。
見出した自分が生きていく全て。
けれどどの部分が辛いのか、どの自分が生きていく全てなのか私も見出せない。
明日も頑張ろ!っみたいな単純な友人の言葉に騙されない。
この映画を観て思った。
私って捻くれてるなぁと。
シャネルのイメージが変わった。
シャネルのスーツを着たいと思った。
PORI

PORIの感想・評価

4.8
強い女になりたいとは特に思わないけど、

こういう生き方の女性にはやっぱり憧れる。

時代を切り開いてきた人の物語はどれもスゴイなぁ。

こういう人がいてこそ、今の時代とか世の中の常識がある。

って考えると、少なからず自分にも影響してるんだなって思う。

シャネルは持ってないけどね。笑
mizono

mizonoの感想・評価

3.0
「みなさん、あのココシャネル当然ご存知ですよね!?
今回は皆様ご存知のココシャネルの知られざるB面をご覧頂きましょう」


みたいなノリがある。


フランス人(+周辺ヨーロピアン)はA面をよくご存知なのだろうが、自分はうっすらとしか知らないのでまず鬼分かりやすいA面のやつを見せてよ!!!!という気持ちになった。でもよく分からなくてもフランスの文化が説明なしで色々でてくるので観ているだけで楽しめる要素はわりかしある。優れているとされるファッションデザイナーは全員めちゃくちゃ未来人なんだなと思った。

「はい、勿論です」を
「あなたは地獄に堕ちる」みたいな言い方にしていたのがフランスの恋愛感という感じでカッコイイと思った。
(ほんとうはもっとカッコイイ言い方だったのだが、忘れたので細木数子になってしまった)

最近東大生や慶應生が自ら手にした地位に狂い破滅するニュースがしばしば報じられる(今まではレイプが隠蔽される体質でなんとかなってきてしまったのだろう)けど、日本には階級の文化がそこまで根付いていないので、高い階級とされる人に必要とされるメンタリティや哲学的側面が不足しているんだなあと思った。人間はバカになりやすいので勘違いしないようにするシステムがいる。
BANAMIYA

BANAMIYAの感想・評価

3.0
ココ・シャネルの女傑っぷり。シャーリー・マクレーンが渋いんだよね。ああいう度胸の据わった威勢のいいババアになりたいものである。
Ela

Elaの感想・評価

3.1
ココシャネルの人生を大まかに描いたもの。もう少しシャネルのこだわりや考え方についての描写が欲しかった。
>|