氷の花火 山口小夜子の作品情報・感想・評価

氷の花火 山口小夜子2015年製作の映画)

上映日:2015年10月31日

製作国:

上映時間:97分

4.0

あらすじ

1970年代初頭、オイルショックで閉塞感が漂っていた日本。自分達に自信が持てず、欧米の真似をすることにエネルギーを注いでいた時代。そんなときに“日本人であること”を武器に、たった一人で世界に闘いを挑んだ女性がいたのです。黒髪に切れ長の瞳、神秘的で妖艶な容姿の中に宿る、挑戦的かつ情熱的な魂。山口小夜子。 山本寛斎、髙田賢三、イブ・サンローラン、ジャンポール・ゴルチェら一流のファッションデザイ…

1970年代初頭、オイルショックで閉塞感が漂っていた日本。自分達に自信が持てず、欧米の真似をすることにエネルギーを注いでいた時代。そんなときに“日本人であること”を武器に、たった一人で世界に闘いを挑んだ女性がいたのです。黒髪に切れ長の瞳、神秘的で妖艶な容姿の中に宿る、挑戦的かつ情熱的な魂。山口小夜子。 山本寛斎、髙田賢三、イブ・サンローラン、ジャンポール・ゴルチェら一流のファッションデザイナーに愛され、セルジュ・ルタンス、横須賀功光などトップクリエイターのミューズとなってイマジネーションを与え、常に時代の先端を走り続けました。ミック・ジャガー、スティーリー・ダン、世界のスターと渡り合った日本女性。しかし、その正体はミステリアス。この映画は、生前、山口小夜子と交友のあった松本貴子監督が、彼女と親交のあった人々の証言を集め、残された貴重な映像に触れながら「山口小夜子」を探す旅に出ます。今初めて、彼女のまだ見ぬ扉をそっと開けます…。

「氷の花火 山口小夜子」に投稿された感想・評価

マリン

マリンの感想・評価

4.5
取り憑くように魅せる小夜子さんの全身全霊をかけた表現に、自然と涙が溢れた。己を信じ貫ききるってこういうことなんだなぁと思わされる。
ぎんが

ぎんがの感想・評価

3.9
山口小夜子という唯一無二の存在。美しい人というのはこういう人をいうのだと思う。青山スパイラルにて鑑賞。
Jean

Jeanの感想・評価

-
名画ニッコウ座で鑑賞。

自分を貫く力と表現。
山口小夜子さん知らなかったけど凄すぎて身震いしました。
久しぶりにいいドキュメンタリー見たって感じでした。

最後のマネキンのシーンは良かった。

ゴルチェと蒙古斑でシンクロ
錆犬

錆犬の感想・評価

-
2016/01/07 名古屋シネマテーク
大ファンなので感慨深かった。
ながい

ながいの感想・評価

4.1
小夜子さんのマネキンとか出てきて良かった 永遠のエキゾチカウーマン
彼女のことはなくなって数年のちに知った。この映画で初めて彼女が一重ではなくぱっちり二重だと知った。山口小夜子像はご自分で作られていたものだったのか。
yu

yuの感想・評価

4.0
山口小夜子の美しさ
この言葉に尽きる
何かの雑誌で初めて山口小夜子を見た時に今までにない衝撃みたいなのを感じたのを今でも覚えている
どの写真も惚れ惚れするほど綺麗
とても無口な方なのかと勝手に想像してたら、映像で見る山口小夜子はとても可愛らしい人で常に努力をしている方でますます好きになった
沢山の著名人がインタビューで山口小夜子に対して、暖かいコメントをしていて、とても愛されていたんだと感じた
未だにこの作品がDVD化されていないことが残念であるけど、映画館で上映期間ギリギリに観れたことはとても幸せだった
DVDやBlu-rayで出たら買いたい
サ

サの感想・評価

3.8
山口小夜子没後10年追悼上映会
「宵待月に逢いましょう」
青山スパイラルにて
ひゅ

ひゅの感想・評価

4.0
モデル業をはじめとした山口小夜子さんの活動を描いたドキュメンタリー映画。 ドキュメンタリースタイルの映画って結構途中でダレてしまったりしがちな印象なんやけどこの映画は最後まで物凄く入り込んで見ることが出来た。それは主軸にあるファッションとかアートとかに自分も興味があるからというのも勿論あるけど、やっぱり山口小夜子さんの容姿とか生き方に魅きつける力があるからだと思う。
fuo

fuoの感想・評価

4.0
山口小夜子さんが興味を持ったものに向かって突き進む姿が、狂気じみているようにさえ感じた。それほど彼女の情熱が凄まじく、周囲の方を惹き込んでいくのかなと
>|