みんなの学校の作品情報・感想・評価

みんなの学校2014年製作の映画)

上映日:2015年02月21日

製作国:

上映時間:106分

4.2

あらすじ

「みんなの学校」に投稿された感想・評価

tacos

tacosの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

誘われて見てきた。
ところどころ、涙が止まらなかった。
いろんなドラマがあって、特に最後の卒業していくところは凄かった。一人一人にメッセージを言える校長、この校長が本当にすごい。


以下、心に残ったこと

・皆が学ぶ権利がある。
・周りの子達を育てる。その子は何月でもその子なんやから
・他の先生はダメでも校長はわかってくれると思わす。だから挑戦的にみんなの前でこんなことがありましたって言う。やり直しまだ来てませんって。
・新任の人が生徒に物凄く怒った時、「体罰です。もしその子が窓から飛び降りたらどうするんか?」
・クソババアはいいません、気悪くするから
・「ですけど何か?」何かはいらん。けどもいらん。やり直し
・ママ、学校で必要なものとの線引きしっかりしてもらえます?って水着買ってもらえない子に電話する。
・反省を書いた子に「えらい!」この一言が嬉しいだろうな
・暴力は何があってもあかん。暴力で返すのはダメ。本当に強い人になろうや。って言って、友達に謝りに行くんだけど、叩かれて彼は我慢してた。こうやってぶつかってまた成長していくんだな。そのあと保護者の前でも、僕の目標は暴力を振るわないことって言ってて涙が止まらなかった。。。こうやって考えていける子どもを育てたい。
・せいちゃんが学校行きたくないーって言ってた時友達を呼んで、教室まで連れてってくれるシーン。入れなくて校長室に来る。○くん背中をさすってくれてたんやで、気付いてた??

もう彼女の言葉1つ1つがすごい。重たくて生徒を思ってて、正しくて素敵な人だった。普通の子なんていない。みんなが安心して通える学校だから大丈夫。って強いな〜。
こんな考えがちょっとずつ広がって、学校が変わって地域が変わってったらいいなと思います。
鍾馗

鍾馗の感想・評価

3.8
舞台は大阪にある『大空小学校』。
ここは《すべての子供に居場所のある学校を作りたい》を理念に作られた学校。
普通の子もいますが、中にはどこの学校にも受け入れられずに転校してくる子供もいます。
転校してくる理由は様々、暴力だったり不登校だったり協調性に欠けてたり…。
その子どもたちにどう向き合うか?
教師たちの闘いと、それによって変わってくる子どもたちを丁寧に追いかけた作品です。

教育関係者にはぜひ見てもらいたいと思いますけど、子を持つ親も必見です。
「もう子育て終わったから」と仰らずに。あの子供の親だった可能性もあったわけですし。
学校と地域と社会の関わりを考えさせる作品です。
今月いっぱい『KURAMOTO』にて上映中。
おすすめです。
支援を必要とする子どもにどう向き合うのが良いのか。この映画にでてくる色々な子供への実践を通してリアルに考えられた気がします。難しい。
ロミ

ロミの感想・評価

4.5
過去鑑賞
大空小学校の校長先生の様な考え方は素晴らしく、誰もが同じ教室に通える公立小学校。

みんなで育つ考えは、後々人生の元になるでしょう。
学問をする前段階の小学校でこの様な取り組みは大切ですね。
ハッキリ言って、今大切なの多様性を認める事。当たり前を当たり前に❗️
校長先生がすばらしいし、みんながイキイキした良いドキュメンタリー。教育とは…と思う。
「教育とは何か?」「学校とは何なのか?」を頭で考えるのではなく、心でどう感じとっていくか?ということを2時間考えっぱなしの時間だった。
人と自分は違うのであるということをどう認めていくのか?
違いを認めた上でどう支えあいながら共に生きていくことができるのか?
を考える映画だった。
sunaimai

sunaimaiの感想・評価

4.3
こういう校長先生がいるんだ!こんな教育の現場があるんだ!観れば希望が湧いてきて、今の社会をどっかで諦めている自分が恥ずかしくなる。ここで学んだ生徒、教えた先生、みんな凄い人物に育っていくんじゃないかな。
natsumi

natsumiの感想・評価

4.8
よかったなー。
なんか泣けてきた、


小学生かわいいしすごい。先生たちもすごいなー。
子供の行動の背景には親の事情が絡んでて、でもその親の事情には社会的な問題も絡んでるはずで、簡単には言えない難しさ。卒業式でのみんなの立派な姿に涙。
KIPPER

KIPPERの感想・評価

4.1
事前に本を読み、木村先生の講演会に足を運んでからの鑑賞でした。

本を読んだ時にはものすごい衝撃だったんです。それから自分の学級に生かしました。あの通りに全部はできていないけれど、ああ、こんなやり方で良いんだ(やっぱりな)みたいな実感。
今までの経験の中で子どもと関わってきたやり方と、繋がるような気がしました。

その後映画を見て、「うんうん、そうだよな。やっぱり素敵。」
あれは夢の話でもなんでもなく、これからああなっていけるだろうな。学校として変えられないことはたくさんあるけれど、子どもと関わる一人間として、実現させていけるだろうなと感じています。
>|