風に立つライオンの作品情報・感想・評価

風に立つライオン2015年製作の映画)

上映日:2015年03月14日

製作国:

3.6

あらすじ

美しく壮大なケニアを舞台に、一人の日本人医師がつないだ「希望」のバトン—— 1987年、日本人医師・航一郎(大沢たかお)は、大学病院からケニアの研究施設に派遣される。アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツァーの自伝に感銘を受け医師を志した航一郎にとって、それは願ってもいないチャンスだった。しかし、それは恋人との長い別れも意味していた。父の跡を継ぎ、女医として離島医療に従事する貴子(真木よう子)を遠…

美しく壮大なケニアを舞台に、一人の日本人医師がつないだ「希望」のバトン—— 1987年、日本人医師・航一郎(大沢たかお)は、大学病院からケニアの研究施設に派遣される。アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツァーの自伝に感銘を受け医師を志した航一郎にとって、それは願ってもいないチャンスだった。しかし、それは恋人との長い別れも意味していた。父の跡を継ぎ、女医として離島医療に従事する貴子(真木よう子)を遠く日本に残さなければならなかったのだ。 理想を胸に研究と臨床の充実した日々を送っていた航一郎は半年後、現地の赤十字病院から1か月の派遣要請を受ける。物見遊山のつもりで赴いた彼は、重傷を負って次々と運ばれてくる少年が、みな麻薬を注射され戦場に立たされた少年兵である事実に愕然としながらも、この病院への転籍を志願する。過酷な状況ながらも生き生きと働く航一郎は、医療団からの信頼も厚かった。一方、同病院に看護師として派遣されてきた和歌子(石原さとみ)は、確かなスキルと手際の良さで、航一郎と時折ぶつかりあいながらも互いに認め合っていく。そして、心に傷を抱えた少年たちを「オッケー、ダイジョブ」と温かく包み込む航一郎は、いつしか少年たちの良き友であり、師となっていた。 そんなある日、病院に少年兵・ンドゥングが担ぎ込まれる。彼は銃傷よりも、両親を目の前で惨殺され、麻薬でかき消された心の傷が甚大だった——航一郎は、そんな彼の心の闇に真正面から向かっていくのだが…

「風に立つライオン」に投稿された感想・評価

永遠の0的な本人のことを周りが紡ぐ方式で進む。引き込まれて見た。感動した。
人のために何か自分の力を発揮したくなります。
日本人としてのプライドが高まります!

石原さとみがかわいいです。
marin

marinの感想・評価

4.5

エンドロールの風に立つライオンにはずっと鳥肌が立ちっぱなしでした。この映画を観終わったあとこの曲を聴くと自然と涙が溢れます。人の心をここまで動かせるさださんの音楽や映画が本当に大好きです🦒♡
れぼこ

れぼこの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

主演を務めた大沢たかおが、この楽曲の原作小説制作を楽曲作者のさだまさしに依頼をしたことで、2013年に小説が出版され、映画化も企画段階から携わった。
また企画がなかなか進まなかったため、大沢たかおは自分でアフリカのドキュメンタリーの仕事を引き受け、それをさだまさしに見せることで本気度をアピールした。
大沢たかおは他にも、東日本大震災も原動力になったと語っている。

苦手な三池崇史監督でしたが、こういった作品ならいいなと感じました。
大沢たかおが強く熱望した経緯もあり、主演として見事な演技力で作品に貢献しています。

三池監督の、「冒険しない映画はつまらない」というこだわりにより、敢えてケニアを撮影場所に選んだとのことです。
日本映画でケニアロケが行われたのは、「沈まぬ太陽」以来。
この映画めちゃくちゃ好きな感じだった。
テーマもわかりやすいし、思ってたような恋愛ものでもなくて、しっかり人と人の絆を映してた

大沢たかおさんの真っ直ぐな感じがいいなぁ
sy

syの感想・評価

3.5
感動。
さだまさしさんのうた風に立つライオン→実在する人モデル(ご健在)→大沢たかおさんありきで小説・映画だったかや。
kosui

kosuiの感想・評価

4.0
さだまさしさんの歌が元になりできた映画。
高校生の時、この歌を初めて聞いた時、世界観のすごさに号泣した覚えが…
今、自分が置かれている場所で、精一杯生きようと思った。
アフリカで医療活動を行う医師の物語。

アフリカでの過酷な現実に立ち向かいながらも
前向きに命を救うために奮闘する姿は感動的だ。
子供たちの光となる医師の姿に頭が下がる。
ラストのさだまさしの曲が心に染みた。
そして、主人公の大沢たかおの熱演が素晴らしくて、ハマリ役だった。
iidayo

iidayoの感想・評価

3.5
さだまさしで1びっくり、三池崇史で2びっくり
ミケが手術室で絵を描くシーンにやられました。
3度目の鑑賞。

私の人生において大切な作品。

劇場公開したとき、映画館で2回観た。
映画館で同じ映画2回観たのは初めてだったし、それ以降も今の所はない。

アフリカ、ケニア、赤十字、医師、看護師、子ども、、、

私の頭の中の検索に引っかかるワードばかり。

やっぱりいい。

また必ず観ようと思う。
>|