風に立つライオンの作品情報・感想・評価

風に立つライオン2015年製作の映画)

上映日:2015年03月14日

製作国:

3.6

あらすじ

美しく壮大なケニアを舞台に、一人の日本人医師がつないだ「希望」のバトン—— 1987年、日本人医師・航一郎(大沢たかお)は、大学病院からケニアの研究施設に派遣される。アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツァーの自伝に感銘を受け医師を志した航一郎にとって、それは願ってもいないチャンスだった。しかし、それは恋人との長い別れも意味していた。父の跡を継ぎ、女医として離島医療に従事する貴子(真木よう子)を遠…

美しく壮大なケニアを舞台に、一人の日本人医師がつないだ「希望」のバトン—— 1987年、日本人医師・航一郎(大沢たかお)は、大学病院からケニアの研究施設に派遣される。アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツァーの自伝に感銘を受け医師を志した航一郎にとって、それは願ってもいないチャンスだった。しかし、それは恋人との長い別れも意味していた。父の跡を継ぎ、女医として離島医療に従事する貴子(真木よう子)を遠く日本に残さなければならなかったのだ。 理想を胸に研究と臨床の充実した日々を送っていた航一郎は半年後、現地の赤十字病院から1か月の派遣要請を受ける。物見遊山のつもりで赴いた彼は、重傷を負って次々と運ばれてくる少年が、みな麻薬を注射され戦場に立たされた少年兵である事実に愕然としながらも、この病院への転籍を志願する。過酷な状況ながらも生き生きと働く航一郎は、医療団からの信頼も厚かった。一方、同病院に看護師として派遣されてきた和歌子(石原さとみ)は、確かなスキルと手際の良さで、航一郎と時折ぶつかりあいながらも互いに認め合っていく。そして、心に傷を抱えた少年たちを「オッケー、ダイジョブ」と温かく包み込む航一郎は、いつしか少年たちの良き友であり、師となっていた。 そんなある日、病院に少年兵・ンドゥングが担ぎ込まれる。彼は銃傷よりも、両親を目の前で惨殺され、麻薬でかき消された心の傷が甚大だった——航一郎は、そんな彼の心の闇に真正面から向かっていくのだが…

「風に立つライオン」に投稿された感想・評価

自分の命をこんな風につかう人もいるんだね
Ryota

Ryotaの感想・評価

3.2
一つ一つの演技がちょっと映画らしかったけど、ホロっとくる映画でした。
nanabee

nanabeeの感想・評価

3.0
確か元になった医師がいらっしゃいますよね、映画にも同僚役で出てましたか?
伝えたいのは現地の現状で命懸けで頑張っている医師がいるんだ少しでも知って欲しいという思いのこもった映画がレベル高く製作されて良かったなと思います。
お願いだから幸せになって下さい

医者の本質は何か。人の本質は何か。
強いメッセージを感じました。
Domm

Dommの感想・評価

4.0
さだまさしの風に立つライオンからうまれたこの作品

原曲→小説→映画という風に作られた今作だが、一本の映画としてはすごく面白いわけではない
三池崇史はつまらない映画しか撮らないと思ってるため、その先入観もあるが、冗長で、2時間の映画なのに3時間にも4時間にも感じる。

それでもさだまさしのあの曲がかかると、やはり心打たれて良い映画を見た気分になるのだから音楽の力は不思議である。

風に立つライオンという曲は医療に関わる全ての人に聞いてほしい一曲だと思う
くぅー

くぅーの感想・評価

3.5
my2015映画館#24》原曲も原作も全く知らず、迷った上でスケールの大きさで映画館鑑賞決定。
久しぶりに直球勝負に出た三池監督の手腕に、改めて熱い監督だなぁとニヤリ…ケニアまで行って撮った大作に、しっかり感動させて頂きました。
本人の回想録になってないのが、ずっと引っ掛ってましたが、なるほど…彼はライオンになったんだろうと解釈。
ただし、個人的には東日本大震災を絡める必要はあったのか…疑問は残った。
さだまさしの曲を久しぶりに、しかもスクリーンで聴いたが、確かにいい曲だった。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.5
2016/8/3鑑賞(鑑賞メーターより転載)
強い使命で紛争地に赴き医療に従事した日本人を題材とした実話、ということで大いに期待したが、良いのか悪かったのかなかなか微妙。ケニア現地ロケなどを使った臨場感のある主人公の奮闘、そしてこの役への熱意がはっきり表れている大沢たかおの力の入った演技、そして言うまでもない最後のさだまさしの歌など素晴らしい個所は沢山あるのだが、一方で仕事と恋愛とを選ぶ心境に代表される登場人物の気持ちの移ろいが全然伝わって来ず、不要と感じられるエピソード含めて盛り上がりに欠けたのも事実。やっぱり三池崇史って時点で限界か...
A

Aの感想・評価

3.0
大沢たかお
nutaki

nutakiの感想・評価

2.5
タイトルとジャケットに惹かれ鑑賞。冒頭の震災の瓦礫のシーンから何やら悪い予感が。大沢たかおは『JIN』以来、医者のイメージなので確かにこの役にはピッタリだけど・・・。先ずは現地の医者仲間のセリフ棒読みから驚く、素人?お涙頂戴の過剰な演出に、途中から観るのが恥ずかしいような照れくさいような気持ちがした。ラストもイマイチ。さださんと大沢さんのファンの為の作品。
my

myの感想・評価

4.5
感動もん。人のためにあそこまで生きれるのはすごい。
>|