風に立つライオンの作品情報・感想・評価

風に立つライオン2015年製作の映画)

上映日:2015年03月14日

製作国:

3.6

あらすじ

美しく壮大なケニアを舞台に、一人の日本人医師がつないだ「希望」のバトン—— 1987年、日本人医師・航一郎(大沢たかお)は、大学病院からケニアの研究施設に派遣される。アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツァーの自伝に感銘を受け医師を志した航一郎にとって、それは願ってもいないチャンスだった。しかし、それは恋人との長い別れも意味していた。父の跡を継ぎ、女医として離島医療に従事する貴子(真木よう子)を…

美しく壮大なケニアを舞台に、一人の日本人医師がつないだ「希望」のバトン—— 1987年、日本人医師・航一郎(大沢たかお)は、大学病院からケニアの研究施設に派遣される。アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツァーの自伝に感銘を受け医師を志した航一郎にとって、それは願ってもいないチャンスだった。しかし、それは恋人との長い別れも意味していた。父の跡を継ぎ、女医として離島医療に従事する貴子(真木よう子)を遠く日本に残さなければならなかったのだ。 理想を胸に研究と臨床の充実した日々を送っていた航一郎は半年後、現地の赤十字病院から1か月の派遣要請を受ける。物見遊山のつもりで赴いた彼は、重傷を負って次々と運ばれてくる少年が、みな麻薬を注射され戦場に立たされた少年兵である事実に愕然としながらも、この病院への転籍を志願する。過酷な状況ながらも生き生きと働く航一郎は、医療団からの信頼も厚かった。一方、同病院に看護師として派遣されてきた和歌子(石原さとみ)は、確かなスキルと手際の良さで、航一郎と時折ぶつかりあいながらも互いに認め合っていく。そして、心に傷を抱えた少年たちを「オッケー、ダイジョブ」と温かく包み込む航一郎は、いつしか少年たちの良き友であり、師となっていた。 そんなある日、病院に少年兵・ンドゥングが担ぎ込まれる。彼は銃傷よりも、両親を目の前で惨殺され、麻薬でかき消された心の傷が甚大だった——航一郎は、そんな彼の心の闇に真正面から向かっていくのだが…

「風に立つライオン」に投稿された感想・評価

久し振りに良い映画観たなぁと思えた。
傷ついた人を癒すにはそばにいてあげること。頑張れって言葉は、人に言うもんじゃなくて、自分に言うもん。
JunToku

JunTokuの感想・評価

4.3
希望をくれるいい映画だと思った。エンディングの歌が一番グッときたかも。
ShigetoN

ShigetoNの感想・評価

3.9
普通に良い映画でした。現実はもっとずっと過酷だとは思いますが。
花二郎

花二郎の感想・評価

3.3
なぜ戦争をするのか?
なぜ子供によってとんでもない生い立ちの差がでるのか?
仕方がない、仕方がない
zky14

zky14の感想・評価

3.5
ストーリーの運びは想定内だったが、アフリカの雄大な自然と美しい景色は圧巻だった。冒頭部分に出演している助手のような医師の棒演技が残念すぎた…あれで見る気をなくしてしまう人はいるかもしれない。この映画の素晴らしいところは、大沢たかおがさだまさしの歌を聴いて映画化を希望したこと。歌から1本の映画が生まれるのは、何だかとても素敵だと感じた。
THU

THUの感想・評価

3.5
さだまさしのアメージンググレース。
がんばれ!がんばれ!って言いたくなる映画。
な

なの感想・評価

2.5
歌はいい
PVが良かったので観たけど期待ハズレ
作品としてはまとまっていない気が
ガブ

ガブの感想・評価

4.0
完全にノーマークだったんですが皆さんのレビューをみて観に行ってみようと思い立ちました。

劇場は、さださんのファンなのか年配の女性が多かった様に思います。

予告を観たので話の流れは大体想像はつきましたが、それでも自然と涙があふれてきましたね。
凄く良かったです。

この作品が歌から生まれたと言うのだから更にビックリです。
2時間20分ほどの映画でしたが時間は全く気になりませんでした。

映画とは関係ないんですが残念な事があって…
感動してる折角のいいシーンで携帯で「今、映画館なのあとでかけ直す」と話してる人がいたり、友達同士なんでしょうがシーンが変わるたびに感想を言い合ってたりと興が削がれてしまったのが残念でした。

私よりも年配の人生経験ある人たちが映画始まる前にアナウンスも流れるというのに、それでもマナーを守れないのは悲しいですね。

その人たちも涙流してるんですが、なんか違うなって…もう少し映画にひたれたらよかったんですが…

とはいえ映画自体は良かったです。
自分も改めて信念を持って生きようと思いました。
予告をまだ観てない人は観ずにいった方が多少泣け具合が違ってくるかもしれません。
19731110

19731110の感想・評価

3.5
とてもいい作品でした。
皆さんがいまいちと言うさだまさしも懐かしさがあって良かったと思います(笑)
ひろみ

ひろみの感想・評価

3.6
とても良かった。只最後のさだまさしのいつもの様にくどい歌詞と曲が陳腐にさせたかんがある。脚本だけにしたほうかよかった
>|