いしゃ先生の作品情報・感想・評価

いしゃ先生2015年製作の映画)

上映日:2016年01月09日

製作国:

3.2

あらすじ

昭和10年、出羽三山の主峰・月山の麓を、急ぎ歩く女性がいた。志田周子(ちかこ)、26歳。故郷の父から『ハナシタイコトアリ スグカエレ』という電報を受け取った周子は、取るものもとらず帰郷したのだ。山形の農村出身の彼女は、努力して東京女子医専(現・東京女子医大)に入学し、医者になったばかりだった。——風が鳴く峠のてっぺんに立つ、周子。眼下に懐かしい景色が広がった。8年ぶりの美しい故郷だった。久しぶり…

昭和10年、出羽三山の主峰・月山の麓を、急ぎ歩く女性がいた。志田周子(ちかこ)、26歳。故郷の父から『ハナシタイコトアリ スグカエレ』という電報を受け取った周子は、取るものもとらず帰郷したのだ。山形の農村出身の彼女は、努力して東京女子医専(現・東京女子医大)に入学し、医者になったばかりだった。——風が鳴く峠のてっぺんに立つ、周子。眼下に懐かしい景色が広がった。8年ぶりの美しい故郷だった。久しぶりの実家。幼い弟たちは周子に甘え、母・せいが手料理でもてなす。温かい出迎えを周子は喜ぶが、父・荘次郎の様子がおかしい。大井沢村の村長だった荘次郎は、周子の了承も得ぬまま周子名義で診療所建設の予算を通し、すでに建設が始まっていたのだ。「頼む、周子。3年だけお前の人生を俺にくれ。その間に必ず代わりの医者を見つけるから」父に頭を下げられた周子は、怒ることはできなかった。無医村のこの村に医者を置きたいという父の願いは、誰よりも理解していたから。まだまだ未熟な自分が一人で診療所の医師などつとまるのか……不安を抱えつつ、周子は3年間だけ頑張ってみようと心に決める。東京にいる想い人の存在を胸に秘めながら。——自身に降りかかる数々の試練に耐え、過酷な運命にも負けず、昭和37年にこの世を去るまで、たったひとりで村人の命を守った「いしゃ先生」の愛と勇気の物語。

「いしゃ先生」に投稿された感想・評価

あき

あきの感想・評価

3.5
今から見ます(o^-^o)ノ
見ました。
実話をもとにした心暖まる物語。
まぁ

まぁの感想・評価

3.7
とても淡々と描かれているな…という印象ですが、
やはり、実在した女医さんの話…と思うと…ずし〜んと…きますね…☆

父の頼みで、無医村の医者になった…*
昭和10年代……女性、若い…というだけで、
村民たちからの信頼を得るのは……時間がかかったでしょうね…*
また、お金がなくて…医者に診て貰えない…という現実…*

…映画は、その時代をメインに描かれているので…。
観ているのが…辛かった…(涙)

でも…見ている人は…いるのですね…☆

今、当たり前のように病院に行けて、国民皆保険という制度があるのは、
きっと、全国にこの医師のような方々がいらしたから…だと思います…☆

エンドロールで、ご本人の映像が流れます…☆
静か、淡々と、粛々と…♪

色々と考えさせられたけれど…*
ゆっくり、じっくり噛みしめて鑑賞しました…(*^^*)
…優しい気持ちに…最後はなれました…☆
後悔とまでは言わないけれど、
「今が一番」とは思えてないように見えたけどなあ…


自宅
oh

ohの感想・評価

1.9
う、う〜〜ん…
とにかくずっと地味…じわっといい話にもなってないしう〜ん…何をしたかった映画なのか全くわからず…
普通に志田周子の一生を少女時代から作った方が面白かったんじゃないかな…
無医村の地域医療に生涯を捧げた「志田周子」の半生を描いた作品。本作品を鑑賞するまで「志田周子」なる人物のことを知りませんでした。

昭和初期、医療の知識もない村で「女性の医者」として好奇の目に晒されるなか、映画で描かれている以外にも多くの苦労があったかと思います。

映画とての感想は、「いしゃ先生」が村人に段々と認められていったところをもっと多く観たかったかな〜という気持ち。個人的には時間を進めるタイミングがちょっと早かったかもという思いです。

ただ、「志田周子」という人物を知るにはとても良い作品です。このような献身的な方がいたということを多くの人に知ってもらいたいと思います。
ほな

ほなの感想・評価

3.8

職業で一生をまっとうするって本当にすごいと思った。
あと平山あやが綺麗だった。
僻地医療に生涯(M43〜S37)を捧げた女医"志田周子"の伝記モノ。山形の有名なドラマと言えば「おしん」があるけどこの映画もダイジェスト感あるものの朝の連続テレビ小説を去来する瞭然たる流れ。数々の心が折れそうな苦難や失意の底に突き落とされる事件に遭いつつもけして諦めず地域の為に尽力された日々が綴られる。患者に接する身としてあまりにも信頼が得られないってのは自分の存在を揺るがす程のことかも知れない。諦めなければならなかったものや圧倒的な無力を嘆く悔恨…あったでしょうが無医村で働くことを選んだことで得たものも大きかったんじゃないかなぁと推察いたします。

「仙境のナイチンゲール」
ip

ipの感想・評価

3.5
東京からやってきたあからさまに怪しいよそ者が医者始めました。って簡単に受け入れてもらえず少しずつ村人たちと打ち解けていく。
まぁフィクションならよくある話。

ただでさえゼロから何かを始めるのは難しいのに、(性差別表現はなかったが)この第一歩を女性である志田周子さんが踏み出したことは、この時代じゃ多大な功績だったのでは。
Dr.コトーを思い出しました。志田周子さんのことを知れて良かったです。
くらげ

くらげの感想・評価

3.0
地元山形での先行上映の平山あやさん舞台挨拶で鑑賞しました、地味ですがとてもいい映画でした、地元民も彼女を知りませんでした。
>|