エルネストの作品情報・感想・評価

エルネスト2017年製作の映画)

上映日:2017年10月06日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男-は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国…

キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男-は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国立ハバナ大学へと留学する。そしてキューバ危機のさなかにチェ・ゲバラと出会い、その深い魅力に心酔し、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。

「エルネスト」に投稿された感想・評価

とやま

とやまの感想・評価

3.2
歴史的背景がわからないと楽しめない…

フレディの生き様はかっこいい

あとオダギリジョーがかっこいい(笑)
映像の色彩とか光とか好き
ゲバラが来日してた事
日系人との繋がりがあった事
知らなかった
koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.0
何も知らないと面白さが今一伝わらない。
先にチェ・ゲバラの映画を観た方が良いかもしれない。
オダギリジョーがルパンに見えます。

このレビューはネタバレを含みます

オダギリジョー、悲壮ですねー!
彼は劇中で、もの凄く痩せてましたけれど役作りでしょうか?
あと、彼が全編スペイン語のみで台詞を通したのも、この役に賭ける意気込みを感じました!

その昔、あの憎き百田尚樹原作の映画「永遠のゼロ」を観て、岡田君の演技に思わず涙してしまったのが恥ずかしく思われます!
実は私、ジャニーズはあまり得意ではないですし。

それと比べ、反体制の匂いがプンプン香る、こういう映画は好感が持てますね。



フレディは実在の人物。

そして今の時代に何故この映画が撮られたのかを考えずにはいられませんでした。

やはり現代の日本の資本主義は弱者切り捨てですから、もうシステム的に限界に達しようとしている状況への風刺なのかな?とか、
あまりにもアメリカの腰巾着のようで、実質的に植民地のままの今の日本の弱腰過ぎる外交政策に対する警鐘なのでは?とか、
今の日本政府が独裁政権を築きつつあり、核を保有した軍事国家に変貌しそうなのだ!という危機的メッセージが込められているのではないか?とか、
ゲバラは「核戦争にひとりとして勝者はいない」と宣いましたが、戦争自体に勝者はいない!とか、観ていてあれこれ考えさせられました。


そして、フレディの最期……悲惨過ぎます(ToT)

戦場で犠牲になるのは、いつも身分の知れない若者ですからね。
フレディは実は予知能力の持ち主でもあり、それが彼のイメージとして伏線として、ストーリー展開に張られている。そしてフレディが、その予知能力通り川で溺れて亡くなってしまうと思ったら、助かって、でもまた結局処刑されてしまうなんて。

でも、この映画が訴えようとしているメッセージが届くのは、この日本国内の少数の人たちのみなのかもしれないと思うと虚しくて哀しくてやり切れません。


私は、だんだんアメリカが嫌いになってきました。
思うように日本を操作して、私腹を肥やして、のさばっているのだから。

小学校とかの義務教育でも、私達世代(40代)は旧ソ連(現ロシア)を敵国のように、不気味なイメージの国として教育されてきましたけれど、なんかそれも実は現実とはすり替えられているのかもしれません。

それから、マイノリティーを尊重せず排除しようとする社会は健全とは到底言えず、危険だとも思いましたね。

今の日本が、そうなろうとしている事をヒシヒシと感じずにはいられませんでした。

ああ、怖い怖い‼︎ ( ̄◇ ̄;)

戦争反対ーーー‼︎‼︎ (^o^)/
きょん

きょんの感想・評価

3.8
近隣TSUTAYAの邦画ランキングにひょっこりランクインしてた一作。
革命家ゲバラってすごいカリスマがあったんだろうな程度の知識だったので、めちゃ驚きましたが戦後の広島を訪問しているんですね。!
「こんなんされて、アメリカに怒りを感じないの?」
憤りを感じるエネルギーさえ奪っていった原爆。
でもそれを見てくれていたのか。。

オダジョーが出てくるので日本人?どんな交流?と思いきや日系ボリビア人。内容としては完全にキューバ×ボリビア映画です。日本×キューバ映画でも邦画でもありませんw

カストロやらゲバラやら、南米について勉強したくなる一作品でした。
タツラ

タツラの感想・評価

3.8
主人公にフォーカスし過ぎててゲバラが行った行動や戦いが掴みにくい感じがした

でも逆にそれがキューバに対しての前知識がなくても主人公に感情移入できてよかった
ayako

ayakoの感想・評価

2.9
邦画や仏映画特有の雰囲気。ただひたすら淡々と流れていく。ずっとスペイン語を話すオダギリジョーの演技とピアノの音楽は凄かった。
期待し過ぎた。
題材よし、viva Cuba!、ラティーナも❤️ でも、超薄味。
アメリカの同盟国であるせいか、日本ではキューバ革命とその後のキューバについて全くと言っていいほど知られていない。そんな中キューバ日本の合作でこの映画を作ったのはかなりの挑戦だったと思う。
自由のために闘うことの尊さ。不条理に対して怒ることのまっとうさ。そして、社会を変えるのは名もない国民であるという民主主義の力…。日本は法制度では民主主義が十分に保障されているはずだが、教育や組合破壊などで形骸化していると言っても過言ではない状況が続いていた。
そんな私たちへの鋭いメッセージを受け止めたい。
しかし映画としてはマエムラに焦点を当てすぎて掴みにくい印象でした。
snowgold

snowgoldの感想・評価

4.0
自由とは何であろう?自由を作るのは、人であり、自由を奪うのもまた人である。自由とは、何かの犠牲があって成り立つものなのか?確かに何か犠牲を払って自由を手に入れることはあるが、その何かが人の命であってはならないと思う。長い歴史の中に戦いで命を落とした人は数え切れない数である。でも、その一人一人には家族が友人がその人を必要とする誰かがいだことをいつの日も忘れてはならないのだと思う。
>|