エルネストの作品情報・感想・評価

エルネスト2017年製作の映画)

上映日:2017年10月06日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男-は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国…

キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男-は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国立ハバナ大学へと留学する。そしてキューバ危機のさなかにチェ・ゲバラと出会い、その深い魅力に心酔し、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。

「エルネスト」に投稿された感想・評価

bubbly

bubblyの感想・評価

-
俺って何にも知らないんだなって思った
その時代の事も国の事も
もっと勉強して改めて観たいと思う

でも映画館で観れて良かった
オダギリジョー観れて良かった
強い志を持ったフレディとして確かに存在してた
yellowbird

yellowbirdの感想・評価

3.4
キューバ革命の英雄チェ・ゲバラと共に戦った日系人の生涯を、オダギリジョー主演、阪本順治監督で描く。
医師を志しキューバの国立ハバナ大学へ留学した日系2世のフレディ前村ウルタード。キューバ危機下で、前原はゲバラと出会い、その魅力に心酔、ゲバラの部隊に参加する。キューバ危機後は、母親の祖国ボリビア解放のため、大学をやめて、再びゲバラとボリビア戦線に参加する…。
チェ・ゲバラと共に戦った日本人がいたことをこの作品で初めて知ったが、主人公前原の生き方の根底にあるのが、祖国のため、そして民衆のためという高潔な志。医師を目指したのも、貧しくて十分な医療行為を受けられない民衆のためであり、ゲバラの部隊に参加したのも、同じく医師の資格を持ちつつ民衆のために戦うゲバラのように、圧政に苦しむキューバやボリビアを救いたいという純粋な気持ちからである。
平和ボケしたわれわれ日本人には、革命家と呼ばれる人々の思考や気持ちを十分に理解できない面もあるが、明治維新の志士たちを見るように、彼らの祖国愛の深さに感動!
革命に身を投じた若き日系人の話。繊細で優しくて、内に闘志を秘めてる青年フレディー。彼ほどで大きくなくても、夢を持って生きるより人になりたいと思った。

彼が劇中で繰り返す詩が印象的。
así es mi vida, piedra como tu como tu puedra pequeña...だったような。

というか、40代で20代前半の青年を演じられるオダギリジョーって何物?
最後フレディと何気なく呼ばれるシーンが印象的だった。オダジョーさんと永山さんの役作りがとても好きだ。時計やジャケットを大切にする仕草、椅子を両手で下げる仕草で良く分かる。

でも肝心な二人の絡みがほぼなくて残念。それよりも最高司令官との会話が好きだった。だからバスケしたんだなぁ〜って思えた。

広島長崎行こうと思った。自分の歴史なのに年表でしか資料でしか知らないことに腹立った。
ゲバラのこと知らないとイマイチ辛いんじゃないかなー。
最後も「えッ!?終わり?」って感じ。
ただ、1965年あたりの時代を感じさせる表現は、衣装も美術も文句なしです。
個人的に評価通りかと。
ツル

ツルの感想・評価

-
11/12 新宿テアトル レイトショー
やるべき事など他人に聞くな 神さへも知らない いつか君の心が教えてくれるさ
アイコ

アイコの感想・評価

3.7
タイトルを見てゲバラの腹心に日系人がいたのかと勘違いしてました…。ゲバラに触発されゲリラに加わった学生の中に日系人がいたっていう話。しかも日系人っていうのが強調されているわりに本人は祖国ボリビアの為にゲリラに加わっていて日本に対する愛国心的な物はこれっぽっちも出て来ません。

でも1人の人間として尊敬出来るし険しい道をあえて選択する選択は誰に出来るものではないし意志を持って生きるって凄いなって思いました。
キューバ革命戦士、エルネスト・チェ・ゲバラ。彼は1967年、当時軍事政権だったボリビアの解放戦線で命を落とす。そのゲバラの部隊に帯同し、ゲバラのファーストネーム”エルネスト”を戦士名としてもらい、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人がいた。彼の名は、フレディ前村。日系2世として生まれた彼は、医学生としてキューバの国立ハバナ大学に留学していた。キューバ危機のとき、ゲバラと出会ったフレディ前村は、彼の熱意ある思想に心酔していくのだが。。「湯を沸かすほどの熱い愛」のオダギリジョーが、「団地」の阪本順治監督と3度目のタッグを組む伝記ドラマ。

今年(2017年)のノーベル文学賞は、日系イギリス人のカズオ・イシグロ氏が選ばれました。日本でも受賞後、彼の小説が売れ、ニュースでも取り上げられましたが、彼は両親とも日本人であるものの、1983年にイギリスに帰化しているため、正式にはイギリス人。日本人としての受賞が素直に喜べない人も、僕を含め、正直多かったのではないかと思います(映画ファンとしては、「日の名残り」、「わたしを離さないで」などの映画化された名作が多い彼の受賞は素直にうれしいですけど)。このように外国の映画でも、特に日系の人たちを扱う作品を見ると、民族の血としては同族意識があるけど、国籍は所詮違うものがあり、特に戦中期の日系人を扱ったドラマを見るときは複雑な想いを抱いてしまいます。ということを書く本作も例外ではなく、本作は日本映画(正式にはキューバとの合作映画)ながら、日本に一度も足を踏み入れたことのない日系人を、日本人が演じるという作品の背景もやや微妙な作品となっています。

日本映画ということで、ゲバラがキューバ革命直後に訪日した場面から始まっていますが、これは物語の効果というよりは、日本映画に引き寄せたかったということしか分からないシークエンスになっていると思います。その後は舞台をフレディの育ったボリビア、そしてキューバというところに移して描かれていきますが、フレディ前村という人物が自らの意思を持ちながら青春時代をキューバで生き、祖国ボリビアのために命を賭していったことは理解できる作りになっています。オダギリジョーの抑え気味の演技も、フレディが如何に謙虚に、誠実に生きていったかを体現しているといってもいい名演でしょう。でも、これを日本映画として、なぜ作るのかがやはりピンとこない。キューバ人だったら革命前後の雰囲気に共感できたり、ボリビア人だったら祖国解放のために戦った人々に感動できたりするのでしょうが、日本人から見ると何に共感すればいいのか、やっぱりイマイチピンとこないという感じです。

ちなみに、ゲバラがなぜボリビア戦線に身を投じていったかは、ベネチオ・デル・トロ主演、ソダーバーグ監督の「チェ 39歳別れの手紙」を見るとよく分かります。
なに着てもかっこいい。夢で終わったんかなぁ〜。
ドラマと違って現実はこうよね、という映像を見せられました。
享楽的に生活して目先の事だけで生きている人の方が長生きできるし子孫も残せますよ、という人達の集大成で、結果ボリビアは今も『黄金の玉座に座る乞食』なんて言われてるんじゃないですか。
評価される人になる前に消えるより、若い内は勉強してて欲しいです。
>|