エルネストの作品情報・感想・評価

エルネスト2017年製作の映画)

上映日:2017年10月06日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男-は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国…

キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男-は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国立ハバナ大学へと留学する。そしてキューバ危機のさなかにチェ・ゲバラと出会い、その深い魅力に心酔し、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。

「エルネスト」に投稿された感想・評価

ひろ

ひろの感想・評価

3.3
オダギリジョーの演技力に脱帽(ノ_<)こんな歴史があるなんて知らなかった。あまり抑揚がないので眠たくなるけど、ゲバラと日本の関係が見れて良かった(о´∀`о)
Kaz66

Kaz66の感想・評価

3.3
コレ実話なんですかね?
あまり日本は関係ありませんが、日本・キューバの共同製作、阪本順治監督・脚本なので日本人の話かと思ったら、ボリビア生まれの日系二世の話でした。
オダギリジョーの役作りがいいし、唯一出てくるゲバラの広島訪問時の永山絢斗もいい演技でしたが、本筋に日本人色はありません。
丁度僕が生まる前から2,3才頃までの話なので、記憶にはありませんが、思想的な強さを醸し出す、ゲバラ/カストロ/フレディ(今回の主役)がかっこよかったです。
“自由”“尊厳”“怒り”の映画。
MU

MUの感想・評価

2.9
キューバ革命はゲバラ中心が多い中、第三者視点である所や冒頭日本を絡めた演出は非常に興味深いがちょっとゲバラと距離取りすぎたか、地味で盛り上がりにかける感じ。革命の沿革やゲバラのカリスマ性などが伝わりにくくそれなりの知識が無いと淡々としたまま終わってしまう。
えりこ

えりこの感想・評価

2.8
ごめんなさい!
20分経った位から1時間ぐらい寝てしまった…
でも、見逃した部分を見直そうとは思わなかった。
全体的にトーンが暗くて単調なので、眠くなった。
でも、ちゃんと見たらいい映画なんだと思う。
ゲバラもフレディも生き延びてほしかった…



監督が語った衣装調達の裏話にウケた。
メイキングが見たい!

このレビューはネタバレを含みます

まさか日本映画として、全編スペイン語のゲバラを描くとは、正統社会派の坂本監督らしい作品ではある。だが、何を伝えるのかだろう。フレディ前村は、日系ボリビア人というだけで、日本とはほとんど関係がない。既に経済発展を遂げた日本とは違い、祖国(ボリビア)は貧しく、クーデターにより、軍事政権が樹立する。

革命家としてカリスマ的な存在であるチェ・ゲバラがボリビアで殺害されて50年、そういえば8年ほど前にゲバラの生涯を描いた『チェ/28歳の革命』『チェ/39歳 別れの手紙』という2部作の映画が上映されたが、キューバ革命とボリビアでの死までゲバラの半世紀を実録的に描いていたがそれほど感動したわけではない。『モーターサイクル・ダイアリーズ』で見た若き日の医学生のゲバラの純真な姿の方が印象に残っている。

この映画では、ボリビアの日系人の医学生であるフレディがゲバラにあこがれ同じ道を歩むことになる。彼が、祖国ボリビアのために戦うということは理解できるのだが、その祖国での家族の姿がまったく見えない。また、広島の惨状を知るゲバラはキューバ危機にあたって核戦争に勝者がないと話し、日本との関連が意識されるのだが、ここで、移民として入国した彼の父母のことも触れるべきだったのではないか。広島原爆とフレディのつながりが、まったく見えない。また、子供を育てながら女性医学生との生活を支える姿などのエピソードも少し散漫に思える。

 

さて、この映画は、何を語ろうとしているのだろうか。日本とチェ・ゲバラとのつながりを見るなら、もっとドキュメンタリー風に綴り、オダギリジョーをフレディの影武者のように使った方が効果的だったのではないだろうか。「こんな人がいたんだ」だけではなく、ヒロシマとキューバ危機、祖国ラテンアメリカに思いを馳せるゲバラなど、もう少し幅広い映画になったのでは?と思うのだが…。
全編スペイン語の邦画。貧困は人の心も貧しくする事があるけどラストはちょっとショック。医学部の友人たちが彼を忘れずに、讃えてくれることで気持ちが救われました
フレディ前村をオダギリジョーが全編スペイン語にて熱演する。非常に見応えのある演技だった。

ボリビア出身の日系人フレディは、医学を学び貧しい祖国の農村に尽くしたいという夢のためキューバに留学するが、入学後僅か五日目にキューバ危機が訪れる。
その後チェ・ゲバラの熱い想いに感銘を受け部隊に加わる。
エルネストとは、フレディに与えられた新しい名。それはチェ・ゲバラのファーストネームであった。

チェ・ゲバラが広島を訪問した時に抱いた感想が、「何故、彼らはアメリカにこんな酷いことをされて怒らないのか」というものだったのが印象深い。
フレディには、そのままキューバで医師を目指し大切な人と子どもを一緒に育む、そんな人生も選べただろう。
しかし、自由と平和のためにどうしても戦いへ赴かなくてはならないものなのか。
そうした人生もあるのだなと、やや虚しい気持ちで観終えた。
nagisa

nagisaの感想・評価

3.7
sc-1
昨年、見逃していた作品
オダギリジョーが好青年を演じています。
記録
キューバ危機に活躍したフレディ・エルネスト・前村を描いた実話。キューバ危機の情報を知らずにこの映画を観たが、よく出来ていたと思う。
前村さんはチェ・ゲバラの側近としてキューバ革命でレジスタンスとして活躍し、その後のキューバの歴史に残った人物なんだとこの映画で知った。前村さんが如何にしてレジスタンスとして参加したのかをこの映画で語られる。

序盤のゲバラが広島へ訪問したシーンは実際あった事らしく自分もこれで知った。あとはゲバラが何故キューバ革命を引き起こした事を描いた『モーター・サイクル・ダイアリーズ』を観なければ分からないのだろうなとしみじみ思った。
>|