エルネストの作品情報・感想・評価

エルネスト2017年製作の映画)

上映日:2017年10月06日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男-は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国…

キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男-は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国立ハバナ大学へと留学する。そしてキューバ危機のさなかにチェ・ゲバラと出会い、その深い魅力に心酔し、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。

「エルネスト」に投稿された感想・評価

全編スペイン語の邦画。貧困は人の心も貧しくする事があるけどラストはちょっとショック。医学部の友人たちが彼を忘れずに、讃えてくれることで気持ちが救われました
フレディ前村をオダギリジョーが全編スペイン語にて熱演する。非常に見応えのある演技だった。

ボリビア出身の日系人フレディは、医学を学び貧しい祖国の農村に尽くしたいという夢のためキューバに留学するが、入学後僅か五日目にキューバ危機が訪れる。
その後チェ・ゲバラの熱い想いに感銘を受け部隊に加わる。
エルネストとは、フレディに与えられた新しい名。それはチェ・ゲバラのファーストネームであった。

チェ・ゲバラが広島を訪問した時に抱いた感想が、「何故、彼らはアメリカにこんな酷いことをされて怒らないのか」というものだったのが印象深い。
フレディには、そのままキューバで医師を目指し大切な人と子どもを一緒に育む、そんな人生も選べただろう。
しかし、自由と平和のためにどうしても戦いへ赴かなくてはならないものなのか。
そうした人生もあるのだなと、やや虚しい気持ちで観終えた。
nagisa

nagisaの感想・評価

3.7
sc-1
昨年、見逃していた作品
オダギリジョーが好青年を演じています。
記録
キューバ危機に活躍したフレディ・エルネスト・前村を描いた実話。キューバ危機の情報を知らずにこの映画を観たが、よく出来ていたと思う。
前村さんはチェ・ゲバラの側近としてキューバ革命でレジスタンスとして活躍し、その後のキューバの歴史に残った人物なんだとこの映画で知った。前村さんが如何にしてレジスタンスとして参加したのかをこの映画で語られる。

序盤のゲバラが広島へ訪問したシーンは実際あった事らしく自分もこれで知った。あとはゲバラが何故キューバ革命を引き起こした事を描いた『モーター・サイクル・ダイアリーズ』を観なければ分からないのだろうなとしみじみ思った。
jocx

jocxの感想・評価

3.8
なかなかキューバや南米のことを知らなかったけれど、内戦で多くの若者が国を憂いて戦う。オダギリジョーの全編スペイン語と真面目な医学生役が違和感無く見られ、英雄に名を連ねる訳ではないけれど、1人の日系人が闘った事実を知ることができた。優しさが時には人を傷つける、しかしその優しさは決して間違いではないと信じたい。良い映画だった。
リリー

リリーの感想・評価

3.8
観て良かったと、思いました。「モーターサイクル・ダイアリーズ」を観て以来キューバの革命戦士であるチェ・ゲバラに興味を持っていたものの、まさかゲバラが広島の原爆ドームと原爆資料館を訪れていたことは知らなかったです。そして核兵器の脅威を訴えていたことも。また、歴史には名を残さないが、ゲバラに心酔し祖国ボリビアの貧困層を救うために革命軍に参加した日系人がいたことも。
そのフレディの聡明さと意思の強さと優しさを、オダギリ・ジョーが流暢なスペイン語で見事に演じています。堀の深い顔立ちなので、南米の俳優たちに混じってもインパクトでは負けていません。ただ、予想したほどフレディはゲバラと密着して戦ったわけではないのですね。
せっかく医大に行くほど優秀なのにもったいない、ボリビアの貧しい人々を医師として救う方法もあるのに、と思ってしまいましたが、戦いたい気持ちの方が強かったのでしょう。
オダギリジョーが全てスペイン語で話していたことに感動した。他のチェ・ゲバラの作品と被るところもあったが、別の人物の角度からとらえることで、彼の人生を客観的に眺めることができた。また、こんな日本人がいたことにも驚いた。
otokei

otokeiの感想・評価

4.1
この映画は戦争を題材にした映画ではありますが、戦闘シーンは少なく、フレディ(オダギリ・ジョー)というキューバ革命前後に生きた、一人の青年の数年間(青春)を描いています。
医者を目指すフレディは、優秀な青年ではありますが、歴史に名を残すような人物ではありません。
そういう意味で、『この世界の片隅に』と同じものを感じました。
「見果てぬ夢を見て何が悪い」
オダギリジョーの熱演に終始痺れてました!

見る前は革命戦士達の様を描いているのかと思ってたのですが、「祖国のために怒り、立ち上がった一人の青年」の映画でした
フレディの生き方が真っ直ぐすぎる

ラストや続いて流れる歌も印象的でした
撮影日前日に急遽あのシーンを入れることが決まったそうですが、あれが有るのと無いのとじゃ多分余韻が全く違ったでしょう!ありがとうございました!
Isana

Isanaの感想・評価

3.7
あたかも、もっとゲバラに近い人物の話なのかと思わせるテレビCMはどうかと思ったけど、観て良かった。

無知すぎる自分を恥じるとともに、オダギリジョーの演技の素晴らさに、自分の推し俳優にもいつかこんな役が来たらいいな、と思った。
>|