秘密 THE TOP SECRETの作品情報・感想・評価

秘密 THE TOP SECRET2016年製作の映画)

上映日:2016年08月06日

製作国:

上映時間:149分

2.9

あらすじ

被害者の【脳に残った記憶】を映像化し、迷宮入りした事件を捜査する警察庁の特別機関「第九」。室長をつとめる天才・薪 剛(生田斗真)のもとに、新人捜査官の青木一行(岡田将生)が配属された。全ては「犯人の脳の記憶を見て、行方不明の少女を探す単純捜査」から始まった。「第九」が脳内捜査を進めると、事件を根底から覆す【驚愕の真犯人】が現れる。さらに、事件は次々と連鎖し、決して触れてはならないとされる「第九」…

被害者の【脳に残った記憶】を映像化し、迷宮入りした事件を捜査する警察庁の特別機関「第九」。室長をつとめる天才・薪 剛(生田斗真)のもとに、新人捜査官の青木一行(岡田将生)が配属された。全ては「犯人の脳の記憶を見て、行方不明の少女を探す単純捜査」から始まった。「第九」が脳内捜査を進めると、事件を根底から覆す【驚愕の真犯人】が現れる。さらに、事件は次々と連鎖し、決して触れてはならないとされる「第九」の闇、貝沼事件へとつながっていく。今は亡き薪の親友、元「第九」メンバー・鈴木(松坂桃李)との関係性まで浮上。そこには、命と引き換えにしてまで守ろうとした、絶対に知られたくない【第九最大の秘密】が隠されていた・・・・・・。

「秘密 THE TOP SECRET」に投稿された感想・評価

前半、ここから面白くなるのかな?と思わせといて、結局面白くないまま終わる映画。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

2.5
全く持って、意味不明。死人の脳から映像を映すまではよいけど、殺人鬼の皆さんの動機的なところが意味不明だった。
刑事役の大森南朋のセリフ廻しが下手過ぎて更に興醒め。
うーーーん...
キャストで観るのを決めたけど、単純につまらなかった。
意味も分からなかった。
あと絹子役の演技が下手なのか、なんなのか、とにかく演技感(演技なんだけどさー)半端なくて無理だったー

このレビューはネタバレを含みます

飽きずに観れて面白かったけど、松坂桃李が自分の命を以ってしてまで生田斗真に真実を隠す部分や火をつけた絹子をそのままにしておく部分や、岡田将生の父のあたりが疑問。

岡田将生がとにかくかっこよくてスコア高め。
mon

monの感想・評価

2.4
気持ち悪かった
伏線回収もう少し面白くできたんじゃないかなと思った
出演陣が豪華な割にはおもしろさ控えめ
きな

きなの感想・評価

2.0
2018/7/3
wowow
分かりにくい映画でした。原作の漫画もなかなか難易度が高いので、2時間ではまとめきれないのでしょうね。残念です。
抹茶

抹茶の感想・評価

3.0
観たことを忘れてたくらいそこまで印象に残ってないなあ。生田斗真の役がこういう系に傾いてきた気がする、と思いながら観た覚えがある。得意な内容ではなかったのかもしれない。ただ大友監督なだけあって完成度は高かった。ちょっとだけグロかった気が。
三本足

三本足の感想・評価

1.0
9105/192

うんうん
くそやな
くそ踏んだ
何も慌てない
もうわかってて踏んだ

とにかく
くっそださい

2016
ジャケかぶりすぎやろ
ロクヨン
全員なんとか
怒り
何者
まだありそう

次世代ラーメンブームがもたらした
環境破壊
ブームにかぶれただけの店が
すぐつぶれるくせにどんどん出きて
ルールやマナーを知らず守らず
客を育てず環境守らず
業界の未来を考えず
油をせっせと捨てまくり
うざい客ふやしまくって
荒らしまくって
汚しまくって
散らかしまくって
ゴキブリネズミふやしまくり
近隣住民がやっと気づく
それと同じ

よくある
特殊能力で事件解決しつつ特殊能力の犯人と
みたいな
スタイリッシュな役者と映像表現や音楽
トッピングでごまかして
肝心のスープはインスタントのくそラーメン
並んでまで千円だしてくれた客を馬鹿にする店と同じ
あほくさ

死人の脳を映像化して事件解決する部署
そこの室長て何のいみあるんやろ
捜査課の刑事たちがお決まりのように仲悪い
どっかでみたような寄せ集め
君の名はみたいなくそ映画
説明的に情報過多にしたのにサイコパスの一言で片付けようとするから模範で模倣的なワンパターンの黄昏に陥っていて、ささくれ程にもカタルシスが生まれない。
sae

saeの感想・評価

1.0
グロくて長い。岡田はかっこいい。
絹子役なんであの人なんだろうか、、、
>|