キートンの線路工夫の作品情報・感想・評価

キートンの線路工夫1965年製作の映画)

The Railrodder

製作国:

上映時間:24分

3.5

「キートンの線路工夫」に投稿された感想・評価

トロッコのような乗り物でひたすら西へ西へ!って話☆

キートン作品って白黒のイメージが強いですが、カラー作品もあったんですね。

突然動き出したトロッコのような乗り物に乗っちゃったキートンさん、最初はビビっちゃいましたが、3秒で正気を取り戻し、抵抗するでもなく、走るに任せて落ち着いて座席に着く冷静さ。

とてもちっちゃなトロッコですが、″四次元ポケット″のような何でも出てくる不思議な箱が、このヘンテコな旅に華を添えます。
食事をしたり、コーヒーブレイクしたり、お昼寝したり、毛皮で暖をとりつつ編み物したりと、必要な物がなんでも出てきます。楽しいです。

飄々と冒険を楽しむキートンおじいちゃんの佇まいに、憧れを感じてしまう一本(* ̄ー ̄)☆
おじいさんになってもやっぱりなんかかわいらしいキートン。
歳をとったせいか無表情が少しこわく感じるが、味わいはぐっと増している。
カラーでキートンを見るのが初めてだったので、「へーこういう髪色なんだ〜」などなど感動している自分がいた。
ネット

ネットの感想・評価

4.0
スピード感!爆走する列車に興奮する!たいしてコメディはしてないが、風景が綺麗だし、編集もメチャかっこいい。
しかもラスト!老人の行き着く先に涙する。しかしキートンにとっては、それすらも次の笑いへのステップでしかない。コメディアンとしての徹底っぷりに脱帽。
Atyang

Atyangの感想・評価

4.2
全編セリフなし。
晩年のキートンの、ムスッとしてるけどどこか笑えてしまう表情が心地よい。
夏井誠

夏井誠の感想・評価

4.0
おじいちゃん!!!初監督作品である「キートンのハイ・サイン」のギャグは使ってるし、本当に大好き。

この人は本当に映画のことばかり考えていたんだなぁと思うと本当に涙が出てくる