キートンの大列車追跡/キートン将軍/キートンの大列車強盗の作品情報・感想・評価・動画配信

「キートンの大列車追跡/キートン将軍/キートンの大列車強盗」に投稿された感想・評価

あらた

あらたの感想・評価

4.0
めちゃくちゃ大掛かりで、撮影技術的にもスタント的にもものすごいハイレベル。
「今見ても古くない」はさすがに言い過ぎではあるが。
右から左、左から右。昔は凄くて今は駄目だとか簡単に言うけど、所得税無い人権無い時代と比べられても。
こたつ

こたつの感想・評価

4.0
初バスターキートン。線路が一通だからこその仕掛けと追跡がずっと楽しい。音楽に乗せられているのもあるかもしれないけどワクワク感止まらなかったな。キートンの無の顔がとても愛くるしい。

道中でそもそもの動機のヒロインをぼこぼこにしててドタバタ感◎
hk

hkの感想・評価

3.9
蒸気機関車を何台も使った、これまでのキートン作品では見られなかった大作。

また、南北戦争を舞台にキートンが紛れ込むという、シリアスなだけに余計に笑える設定。戦争シーンは、なかなか本格的。

運動神経は抜群だが、戦争の舞台ではいささか頼りない。だけど、たまたまうまく行っちゃって、敵の追撃を見事振り切っちゃう。

とにかく一生懸命やってれば、幸運の女神さまが微笑んでくれる。

本作もあっという間の75分。たっぷり楽しめました。
けん

けんの感想・評価

4.1
ドタバタコメディの王、バスターキートン。
これが1926年とはすごい。
そして現代映画に進歩がなさすぎる。
natsumi

natsumiの感想・評価

-
1時間無声で追いかけっこしてるだけでこんな面白いのすごい。そんなことで口を聞かなくなる彼女なんて振ってしまえと思ったけど(当時は重要だったのかもしれないけど)、バスターキートンは顔が好きだし健気な役で応援したくなる。あの汽車が橋を渡るシーン、CG無しでやったの当たり前だけどやばいな。
キートン作品の中でもトップクラスに予算がかかってそうな一作。他作よりもコメディ要素は控えめだが、ただ行って帰るだけなのに抜群に面白いのだから凄い。全シーン見どころと言えるようなスタントは、後にジャッキー・チェンらへと継承されていくのであった。
なまえ

なまえの感想・評価

4.0
江頭よりおもろい芸人とかおるんかって思ってたけどここにおったわ。
オザキ

オザキの感想・評価

3.7
キートンつえー

俺絶対怪我するわ


南軍に入隊できないためにガールフレンドに捨てられたキートンは盗まれた列車を追ううちに敵地に迷い込む
鬼滅の刃ブームだから俺も蒸気機関車のやつでも観とくかってね、これは死闘でしたね。追いかけ追いかけられ大変です。手に汗握るアクションはビビるわ。震えた。いやぁ面白かった。感激した。バスターキートンもっと観たい。

気になるのは南軍側なんだよね。史実を基にしてるみたいだけど、どういう背景があるのかなって調べたんだけどよく分からず。。
>|