海底王キートンの作品情報・感想・評価

「海底王キートン」に投稿された感想・評価

ジャックアンドベティにて
柳下美恵さんのピアノ即興と共に

漂流した船にボンボン息子とお嬢様の2人。サイレントに詰め込まれたコメディとお約束で濃厚な60分。
喜劇王キートンが無表情で右往左往したりタコと戦ったりゆで卵と格闘したりとにかくドタバタ。色違いの水兵服がとってもかわいい!

生演奏は音がすごく立体的で最初はびっくりしたけどとても贅沢な時間だった。昔はこんな風にオーケストラとかついてたんだな〜いいなあ
SHI

SHIの感想・評価

4.5
ロイドのと比べてファンタジー感強め。
セーラー服とかお魚とか海のモチーフってかわいいのが多いから、画が華やか。
落っこちたりぶつかったり、海に飛び込んだり熱々の鍋に手を突っ込んだり、過酷なシーンも全部自分でやってるっていうからすごい、、、それなのに終始ほぼ無表情なのがキートンの魅力の1つだと思う。
(ロイドはちょっと困った笑顔とか彼女を目の前にした時の笑顔が素敵。ハンサム)
おサルとか人喰い族とか、脇役も最高!

シネマ ジャック&ベティにて
柳下美恵さんによる即興演奏
さらに、喜劇研究会・新野敏也さんによる解説付き
という、なんとも豪華な環境で鑑賞出来たこと、幸せこの上ない。続くお茶会に参加出来なかったことが心残り。

映画自体はとっても面白かった。最初から最後まで笑いのポイントが散りばめられていて、どれもスベり知らず。
自宅、甲板、キッチン、海、どこを取っても印象に残るおもしろシーンが蘇る。
いいとこのお坊ちゃん・お嬢ちゃんを皮肉ってる感じもなんか「ふふっ」とくる。

(現代からすると)粗雑な画質とフィルム撮影によるカクカク感が、逆に面白味を加えてる。今、同じようなものを作ろうと思っても逆に難しいのだろうなと。
でも、現代チックに作るとしたらどんな風になるのだろうと夢想してみたり…。
これも「キートン将軍」や「探偵学入門」に並ぶぐらいのアドベンチャー映画。

ひょんなことから漂流する巡視船(これがトンでもないデカさの船)に二人っきりで取り残されてしまった金持ちのボンボン息子&お嬢さまが主人公。

このキートン扮するボンボンがのっけからキョーレツなんです。

外でいちゃついてるカップルを見て、

「ボクも結婚したい。しかも今日!」
※モチロン結婚相手なんて全然決まってないのよ。

横にいる執事からしたら「えぇ!!?んな無茶な!」って感じですわな。

さて、そんな主人公が前述の通り、向かいの家に住む令嬢と巡視船での漂流生活を送るのだが
、今まで身の回りのお世話は全部他人に任せっきりだったので炊事洗濯はまるでダメ。

コーヒーや茹で玉子を用意するだけでも四苦八苦の二人だったが、やっぱり苦労するもんですね、長い航海で逞しく成長する。

すっかり船乗り生活が馴染んだが、船はやがて(お約束のように)人食い人種のいる島に近づいてしまい……。

潜水服を着たキートンが大ダコに襲われたり(といっても画面に映るのは足だけ)、人食い人種との抗戦など、映画後半はアクションシーンが目白押し。

特に白眉が水中撮影シーンで、今から90年以上前にコレを撮ったことがまず凄い。

なおキートンと共同監督でクレジットされてるドナルド・クリスプは「わが谷は緑なりき」のお父さん役を演じた俳優さんである。

■映画 DATA==========================
監督:バスター・キートン/ドナルド・クリスプ
脚本:ジャン・ハヴェズ/ジョセフ・A・ミッチェル/クライド・ブラックマン
撮影:エルジン・レスリー/バイロン・フック
公開:1924年10月13日(米)/1925年11月8日(日)
なすび

なすびの感想・評価

5.0
小ネタたっぷりの60分!船の上ネタ楽しい!

めっちゃでっかい船でほとんどキートンと女の人二人でのギャグ!贅沢〜〜でもどれも面白すぎる笑
キートンだけじゃなくて女の人も体張ってるなあ!
キートン少し老けた?画質良すぎるのか?でもやっぱり動きがかわいい

帽子が吹っ飛んで何度もかぶったり、二人のすれ違いネタとかベタベタのベタなのに笑っちゃうな〜〜

今回は海底生物との共演も!すごい!

ギャグだらけの中でなんだかんだ恋愛も発展して行くのも見もの
さとう

さとうの感想・評価

4.3
運動性が露呈するキートン。海に飛び込み、走り回るだけで映画になってしまう。1番好きなのは実は向かいの家に車で行って、帰りは歩くところ。水兵服の2人
最後のオチがちょっと微妙だった。それ以外ははなまる面白かった❗️
キートンと相手役の女優さんの水兵服姿が妖しい魅力をかもし出していた。
り

りの感想・評価

3.5
これも授業でみた
老若男女みんなふふって笑えるコメディだとおとう
システム化されたキッチンが今回も出てきて面白かった
神

神の感想・評価

4.0
特集・甦るニコニコ大会
船内キッチンがいつの間にかシステム化されてたり潜水服着たキートンがボート代わりになったり楽しくて仕方ない。
mariboo

maribooの感想・評価

4.5
キートン映画を劇場で観れる喜びに浸りつつ…
これが90年以上も昔の映画とは!
どうしたっでお互いにたどり着けないシーンは最高で
観ながら
あーこの笑いがどうしようもなく好きだー…と改めて思いました。
とにかく素晴らしい作品でした!
>|