ポセイドン・アドベンチャーの作品情報・感想・評価

「ポセイドン・アドベンチャー」に投稿された感想・評価

○今見ても痺れるパニックもの。

○夫婦、恋人、兄弟のドラマはあっても、主人公のドラマがあまり語られない。

○牧師の主人公が自分の判断で犠牲を出しながらも、神に問いかけ、最後は自分が犠牲になるドラマは良かった。
てん

てんの感想・評価

-
アドベンチャーなんて言うワクワクする感じの響きとは裏腹な、転覆した船から脱出する話。
セットが豪華。
古い映画だけどちゃんと観れる。
ippo

ippoの感想・評価

4.0
有名(?)ゲーム、セプテントリオンの元ネタということでずっと視聴したかった作品。

流石オマージュ元ということでセプテントリオンそっくりで、終盤のシーンはゲームそのままの展開で興奮した。(笑)

キャラクター描写もしっかりしていて、そのおかげで登場人物たちの結末も胸が苦しくなること請け合い。

75年公開とのことで最早"かなり"を頭につけても問題ないであろう古い映画だったけれど大金をかけて作ったセットのおかげで陳腐さは現代でもそれほど感じなかったのが凄い。

役者陣の中ではロディ・マクドウォールが出ていたのに驚いた。これも刑事コロンボ絡みで知っていた俳優だったので。あと見てる時はピンと来なかったけどレスリー・ニールセンも船長役で。

見応えありました。
The Poseidon Adventure

上下が逆転した船のセットの力作感
汗にまみれたアーネストボーグナインの顔力
な

なの感想・評価

3.9
これぞ古き良き脱出パニック!
だけど所々惜しい…!!登場人物の心理描写や死ぬ展開をもう少し凝って欲しかった…。

でも本当に脱出劇は現代でも通用するくらいの出来。バイオハザード辺りのゲームが感化されてそう。
パニック映画の金字塔。ちょっと古い映画だけあって、船内のセット感は否めないものの、緻密で大胆なストーリーにグイグイ引き込まれます。

パニック映画だろうとなんだろうと、やっぱり人間の苦悩や葛藤にちゃんとフォーカスを当てないと感情移入もなにもないし、逆にそれが出来ていれば本当に心に迫る映画が作れるんだと教えてくれる作品です
まだ子どもの頃に観たので本当に恐ろしかった。
船は嫌だなと思って大きくなってタイタニックだもの、船は乗らないことに。
すずき

すずきの感想・評価

3.3
航海中の大晦日パーティの最中、突如として現れた大津波に巻き込まれ、上下逆さまに転覆した豪華客船ポセイドン号。
パーティに居合わせた老若男女9名は、船から脱出する為、溢れ出る水に追われながらも上を目指す…

上下が反転した船内、というロケーションが良い!
あちこち破壊されてるし、上下反転なんて状況は船の設計に想定されていないので、そこは道無き道。
あちこち道を探し、時には自ら道を作り、制限時間内に上に向かう。
なんかゲームみたいですね。まさにアドベンチャー。

CGの無い時代、大規模なパニック映画を実写で撮りきったのは金かかってそう。
でも、同じスタッフの次の作品「タワーリング・インフェルノ」の方が好きかな。

何でかって言うと、主人公のスコット牧師のキャラクターが気に食わん!アーネスト・ボーグナイン演じるマイク刑事も言ってたけど。
なんか行動に、説得力が薄いんだよなぁ。
例えば残って救助を待つ人達と、自ら上を目指す牧師の意見が対立するシーン。
動かずに救助を待つ、ってのも状況が不明ならアリな選択肢だと思うけど、牧師は頑なに脱出を力説する。
何度かそーゆー意見の対立シーンあるけど、全て「結果的に」牧師が正しい。これが主役補正か。
なんかもうちょっと、理論武装して、それっぽく正しく見せて欲しい。
これで判断が間違っていたら、相当ヤベェ奴だぞ、この牧師。
m

mの感想・評価

4.2
心臓が常にバクバク😳
見ながら自分も息止めたりしちゃってた(笑)
KMD

KMDの感想・評価

4.3
再鑑賞。もう何十回も観てるけど、正に完璧なパニック映画。様々な登場人物のドラマが次々に物語の推進力を上げて行くような、見事なまでの名作。
>|