美女と野獣の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

美女と野獣2017年製作の映画)

Beauty and The Beast

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:130分

4.1

あらすじ

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”こ…

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?

「美女と野獣」に投稿された感想・評価

BiBi

BiBiの感想・評価

4.5
まず、エマが茶色の目を持ってヨーロッパに生まれてきたことに感謝。
アニメにはなかった新曲の、野獣の歌が良すぎて号泣。
ていうか、ほぼ泣いてた笑。
アニメと同じで、ベルがお父さんの身代わりになるシーンがスイッチです。

やっぱりディズニーアニメの思い入れとかイメージが強すぎて、「ここはこうじゃないなぁ」なんて思うとこは少しあったけど。
でもそれは全く問題にはならない。画面の端々から愛が溢れていました。
おなじみの曲がかかるミュージカルのシーンもとても良かったし、やっぱり美女と野獣は家来たちの愛に支えられてる部分が大きいので、変身してても呪いが解けても、魅力的なキャラクターに作られていたところが良かったです。
ラストの名優たちがいっぺんに出てくるシーンなんて、ワクワクの極みでした。
野獣は家来たちの献身では救われなかったのかな、とか思ったりするけど、ここはディズニーなので愛=恋、ってことでまぁ腑に落ちるし、クライマックスのキラキラ感で、そもそも気にならなくなる笑。
それを言ってたらあの美しいダンスシーンはなくなってしまうし、これを美女と野獣と呼ぶ!

ルーク・エバンスのガストンはちょっと男前すぎだなーと思ってたけど、あの調子に乗ってる感、まさにガストンでしたね。
Ayaka

Ayakaの感想・評価

3.2
育三郎氏の歌声最高。。。
sally

sallyの感想・評価

4.5
アニメ版みてなくても最高
yuino

yuinoの感想・評価

4.2
2回見た。エマワトソンに見惚れた。こちらもサントラを毎日のように聞いていた。
いちおう。
ん

んの感想・評価

4.8
最高です
ガストン!
むび

むびの感想・評価

3.0
エマワトソン目当て。心が洗われる映画でした。
Nodoka

Nodokaの感想・評価

4.7
冒頭の朝の風景のシーン
何回見ても鳥肌が立ちました
エマ・ワトソン、さすがに最も美しい顔ランキング常連とあって美しい
あのダンスシーン、ベルの黄色いドレスがふわっと舞う様子がとても印象的で素敵でした
CGで隠されていたダンの本当の顔が見れたとき、良かったなぁ
瞳を見て気づくっていうのが好きでした
>|