悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46の作品情報・感想・評価

悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂462015年製作の映画)

上映日:2015年07月10日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 少女たちの密着ロングインタビューと母親だけが知っているエピソードの数々。 驚きと感動、そして勇気を与えてくれる待望の初ドキュメンタリー映画、ついに完成! 結成3周年を迎え、着実に知名度をあげてきた美少女アイドルグループ・乃木坂46。だが今までその舞台裏の姿はほとんど表には出されてこなかった……。そんな彼女たちの素顔に初めてスポットが当て…

正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 少女たちの密着ロングインタビューと母親だけが知っているエピソードの数々。 驚きと感動、そして勇気を与えてくれる待望の初ドキュメンタリー映画、ついに完成! 結成3周年を迎え、着実に知名度をあげてきた美少女アイドルグループ・乃木坂46。だが今までその舞台裏の姿はほとんど表には出されてこなかった……。そんな彼女たちの素顔に初めてスポットが当てられた、待望のドキュメンタリー映画が公開。 2011年8月、港区赤坂の乃木坂駅近くで36名の少女たちがお披露目された。久々の正統派アイドルグループの誕生に沸く一方で、彼女たちに課せられた“宿命”があった。それは「AKB48の公式ライバル」ということ。以来、常に国民的アイドルグループと比較されながらも、夢のためひたむきに走り続けてきた。 正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 密着取材で初めて明かされる幼少時代、オーディションを受けた本当の理由、秘密の場所と時間。さらに彼女たちに寄り添ってきた母親から明かされる真実。インタビューを重ねながら振り返る、メンバーそれぞれが背負ってきたつらい思い出や知られたくなかった過去の数々。ある者は学校での疎外感から逃げるように乃木坂46に入ってきた。ある者は自分が大嫌いで、半ば自暴自棄のようにオーディションに応募した。「違う自分になりたかった」  彼女たちの人生は、合格した瞬間から大きく動き出していく――。そこに待っていたのは、まぶしい光と陰の新しい世界、そして同じように“孤独”と戦っていた新しい仲間たちだった。

「悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46」に投稿された感想・評価

たろ

たろの感想・評価

2.0
白石麻衣観たさに鑑賞
出てくる子みんな美しくて眼福〜

ドキュメンタリーと言うにはちょっと美化され過ぎかな...
多感な時期によくある闇の部分を綺麗にオーバーに撮ってるって感じがした...(卑屈

でもファンならこの闇がたまらないんだろうなぁ
kei77

kei77の感想・評価

2.8
記録し忘れ。

今でこそ清楚系の極みみたいな印象のグループだが、最初はわりと皆ギャルっぽい子が多かったのか。

いくちゃん顔が柔らかくなったなぁ。
キムラ

キムラの感想・評価

4.0
アイドルはいつだってアイドルでなければならない。彼女たちの闇の中でもがき苦しむ姿を見せられている我々。しかし必然的に彼女たちを苦しめているのは我々のほか無い。
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

3.5
2回は見てるのに書くの忘れてた
演出激しいけどやっぱり頑張ってる乃木坂ちゃんが好きで、泣いちゃう😭特にさゆりんごと喧嘩する場面、いろんな場面から生駒ちゃんの真剣さや頑張りが見える。ずっと応援したいです
ファンのための映画。楽しめた、ファンなので。
アイドル苦しみ過ぎだよなぁ。
みんな暗い
闇が深い
でももっと乃木坂応援しようって思った

アイドルって結構小さい頃憧れたけど、実際は多分戦場だし、大変そう

乃木坂好きだから余計に面白かった

AKBとかでも優子がよく過呼吸になっちゃうけど、生駒ちゃんも過呼吸多くて、欅でも平手ちゃんがよく倒れちゃうし、アイドルのプレッシャーって半端ないんだろうな

生駒ちゃん頑張れ
holly

hollyの感想・評価

4.2
ストレートな〝頑張り〟に嫌でも胸を打たれる映画。これを観た人は生涯、生駒里奈を悪く言えない。
Lakshmi

Lakshmiの感想・評価

4.3
アイドルのドキュメンタリーということでかなり美化して作られている感はあるが、感動した。

10代半ばでいきなり芸能の世界に飛び込んだ際の彼女たちの葛藤やこれまでの道のりが描かれていてファンなら必見の作品だと感じた。表向きはキラキラしている彼女たちだが、裏では親にも打ち明けられない悩みを抱え、人知れず努力を重ねてきた彼女たちの姿は、ファンでない人でも心を動かさせるものがあると思う。

2017年はインフルエンサーでレコード大賞受賞など、名実ともにトップアイドルとなり、飛躍の一年となった。世間では、過渡期にあるAKBはもう追いつき追い越したとの声もある。現状に甘んじることなく、乃木坂のさらなる躍進に期待したい。
みつな

みつなの感想・評価

4.2
お母さん目線の語り手が面白かった!
君の名は希望の名曲っぷりを改めて感じた
矢野

矢野の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

見ました。

乃木坂46、マジで誰一人として知らず曲も知らずヒストリーも知らないんですけど周りに勧められたのでトライしました。
そもそもドキュメンタリー形式が好きではないためつまらん…つまらん…とか酷い事を考えて見てたんですけど
我慢して頑張ってつらいこともたくさんあっていっぱい泣いていっぱい苦しんだ彼女達が華やかなスポットライト浴びてアイドルしてる姿には思わず泣いてしまった。
前半めちゃくちゃつまらん出来なのも体感時間を引き延ばす事で彼女らと過ごした時間を延ばしてあのシーンのカタルシスをより効果的にしようとしてたんじゃないかと思うレベル。なにせA元だからな…。

本当前半は死ぬほどつまんなくて不登校で〜とか人間関係に悩んで〜とかいかにもファン層のメンズに共感させたいんだなあざといあざとい、って感じで見てたんですけど
やれコーチに叱られ、過去の恋愛掘り出されては思春期真っ只中の女子が恋をして本当にごめんなさいと許しを乞わされ、自分達の若さと容姿に点数を付けられ人生をぶち壊され、
お前に何の権利があるんだA元!!!とキレ始めた頃にぶち込まれるプリンシパルは本当に構成がすごい。
やらされてる、じゃないんだと。やりたいんだと。
毎日毎日毎日毎日何かに追い立てられ人並みの幸せを望む事も出来ずファンの夢を叶える装置になってる彼女達が、それでも泣きながら負けたくないって言うの。
トップアイドルになりたい、プロでありたい、誰より輝く一番星になりたい。
からの君の名は希望コンサート映像はマジで汚い。誰より輝いてる。君達は誰よりもきらめいてる…好き…。

本当ドキュメンタリーなんで山とか落ちとかほぼないんですけどそれでも構成はすごいなと。
マジで乃木坂誰やねんだった私でも泣いたので乃木坂ちょっとでも知ってる人は絶対見た方がいいんじゃないかな。うん。

あと個人的に、これはマンチェスターバイザシーへの一つのアンサーかなって思いましたね。
逃げたくない。そこで生きていくしかない事を受け入れて、逃げずに戦い続ける姿勢、私は好きです。
>|