悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46の作品情報・感想・評価

悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂462015年製作の映画)

上映日:2015年07月10日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 少女たちの密着ロングインタビューと母親だけが知っているエピソードの数々。 驚きと感動、そして勇気を与えてくれる待望の初ドキュメンタリー映画、ついに完成! 結成3周年を迎え、着実に知名度をあげてきた美少女アイドルグループ・乃木坂46。だが今までその舞台裏の姿はほとんど表には出されてこなかった……。そんな彼女たちの素顔に初めてスポットが当て…

正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 少女たちの密着ロングインタビューと母親だけが知っているエピソードの数々。 驚きと感動、そして勇気を与えてくれる待望の初ドキュメンタリー映画、ついに完成! 結成3周年を迎え、着実に知名度をあげてきた美少女アイドルグループ・乃木坂46。だが今までその舞台裏の姿はほとんど表には出されてこなかった……。そんな彼女たちの素顔に初めてスポットが当てられた、待望のドキュメンタリー映画が公開。 2011年8月、港区赤坂の乃木坂駅近くで36名の少女たちがお披露目された。久々の正統派アイドルグループの誕生に沸く一方で、彼女たちに課せられた“宿命”があった。それは「AKB48の公式ライバル」ということ。以来、常に国民的アイドルグループと比較されながらも、夢のためひたむきに走り続けてきた。 正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 密着取材で初めて明かされる幼少時代、オーディションを受けた本当の理由、秘密の場所と時間。さらに彼女たちに寄り添ってきた母親から明かされる真実。インタビューを重ねながら振り返る、メンバーそれぞれが背負ってきたつらい思い出や知られたくなかった過去の数々。ある者は学校での疎外感から逃げるように乃木坂46に入ってきた。ある者は自分が大嫌いで、半ば自暴自棄のようにオーディションに応募した。「違う自分になりたかった」  彼女たちの人生は、合格した瞬間から大きく動き出していく――。そこに待っていたのは、まぶしい光と陰の新しい世界、そして同じように“孤独”と戦っていた新しい仲間たちだった。

主題歌/挿入歌

出演者

「悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46」に投稿された感想・評価


「頑張ること」の肯定。
乃木坂ファンでなくても、こんなに感動したのはそんなテーマがあったから。

カーストの底辺だった人、内気だった人、家が貧しかった人、不登校だった人。色々な背景の人が頑張って頑張って頑張っているんだなぁ。

彼女たちはたまたま成功したアイドルだけど、どんな場所でも職業でも、頑張っている人みんなが本当にかっこいい。

橋本奈々未はサバサバした性格にも好感が持てるし、アイドルになった動機とか、人として自然と尊敬の念が湧いた。引退しているとのことで、もっと早くこの人を知れていたらよかった…。
kwr

kwrの感想・評価

2.5
乃木坂縛り(これで終わり)。
乃木坂46のドキュメンタリー映画。以前AKB48の同様のものを見たことがあるのだけれども、序盤のあまりの暗さにはっきり言うとドン引いた。彼女たちの華やかな見た目に反してかなりヘビーな身の上トークが、しかも母親目線を交えてなされるのでなかなかエグい。
しばらくそんなテンションが続くので(途中松村さんと生駒さんの口論シーンみたいなのも、これ流して良いの…となった)見るのつれえな、となっていたんだけれども、彼女たちが売れるにつれてさすがに明るいトーンになっていく。
以下個別の感想。
この映画を通して一番好感を持ったのは高山さん。
橋下さんはサバサバした物の見方が好印象。辞めたの勿体無いなあ。
西野さんの変貌っぷりがすごい。すごい。
あと松村さんのスキャンダルの裏側が下世話に一番興味深かった。
そしてやっぱ生駒さんが中心なんだなあということを…。
掘ちゃん…!
ファンなら大体知ってる話だけど、語りが親目線というのが新しい。
そして何となくそれぞれの親の性格も見えてくるというのが実は一番の見所で、西野の母が毒親っぽいのが気になった 笑

そしてあらためて、橋本奈々未が人として魅力的で、この人とは本当に身近な友人として知り合ってみたかったな〜とか思ったり
nana

nanaの感想・評価

3.4
開始2秒で西田尚美だってわかる声すごい。乃木坂のことはそんなに知らなかったけど、やっぱり輝いてる子達はそれぞれの魅力がある。
橋本奈々未の有言実行感すご。西野七瀬の垢抜け方えぐい。
とにかく生駒はいい子で松村が嫌いだ…なにあの舞台裏で泣いてるとこ。
でもやっぱりHKTの見たあとでは内容が浅くて物足りない。とても綺麗で泥臭さがない。それが私が乃木坂に惹かれない理由なんだと思う。
ぷりん

ぷりんの感想・評価

3.6
普通に感動して観てたら、
西野七瀬の成人式着付けのシーンで
私の母が登場。
以降、全く内容が頭に入って来なかった😇
りほ

りほの感想・評価

-
乃木坂好きだからあっという間に観れた!
本当に何も知らないところからスタートしたんだなと。

色んなことにぶつかりながらも、アイドルという仕事を通して少しずつ成長していく女の子達…尊かったよ…
映画としての鑑賞ではないので、スコアは無し➰

乃木坂46が好きになったことがキッカケで鑑賞してみた。

ドキュメンタリーの要素がかなり強かったので、あまり鮮明に記憶には残らなかった。
ひとつ残ったことは『尊さ』だった。
続けること
努めること
学ぶこと
戦うこと
いろんなことの尊さが感じられて、とても刺激になった。
もう一度観てみると、より深く知ることができる気がした。
なにを深くかは、想像つかないけれど。
やっぱ頑張ってる人って素敵

合唱部のfight聴いて泣いてる生駒ちゃんにうるっときた

もう少し他のメンバーもほしかったけど。
悲しみの忘れ方いい曲。
Tomi

Tomiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

一つ問題としては、初鑑賞が遅すぎた、ということであった。

何度か感動するシーンはあったが、今は既に100%の関心はない冷静な視点で鑑賞しているので、物凄く複雑な気持ちである。

もっと早く鑑賞していればよかったと本当に後悔している。
もっと早く関心のあった頃に鑑賞していれば、もっと感極まって涙が止まらなかっただろう、と。

ただ一つ言えることは、自分にとってはこの頃から2017年辺りにかけてが最も好きだったと言える。
劇場公開されたとし、AKBをはじめとする当時あった4つの48グループと、公式ライバルという扱いの乃木坂46のドキュメンタリー映画が計5タイトル公開された。ドルヲタであり、映画……特にドキュメンタリー映画のファンである自分は、全作を映画館で観た。そして今日、映画館で観て以来ネット配信で観直した。
印象は公開時のものと変わらなかった。
ドキュメンタリーにおいて一番大切なのは、撮影者と被写体の距離感だと思う。寄り添いながらも、どこかで退いて厳しい視線も向けなければならない。被写体がアイドルであったとしても、ファンの存在もあり難しいだろうが守らなければならない点であろう。その距離感を保つため、本作はナレーション原稿を彼女たちの親に託した。それが、本作をアイドルドキュメンタリーとしての枠をギリギリ乗り越えることになっている。
ごく普通の生活を歩んでいた自分の娘。ある日突然、国民的なアイドルになる。その戸惑いが手紙から読み取れ、さらに芸能界に入ることで親の思っていたより早く大人になってしまった娘と離れることへの悲しみ……手紙により、娘と親との物語へと本作はなっている。
もちろん、乃木坂メンバーたちのインタビューもあり、そこから突然芸能界に入ったために生じた悩みなども語られる。

アイドルのドキュメンタリー……というよりも、思ってもいなかった人生へと足を踏み入れた人たちと、その周辺の人たちのドキュメンタリーとして観てほしい。
>|