悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46の作品情報・感想・評価

悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂462015年製作の映画)

上映日:2015年07月10日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 少女たちの密着ロングインタビューと母親だけが知っているエピソードの数々。 驚きと感動、そして勇気を与えてくれる待望の初ドキュメンタリー映画、ついに完成! 結成3周年を迎え、着実に知名度をあげてきた美少女アイドルグループ・乃木坂46。だが今までその舞台裏の姿はほとんど表には出されてこなかった……。そんな彼女たちの素顔に初めてスポットが当て…

正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 少女たちの密着ロングインタビューと母親だけが知っているエピソードの数々。 驚きと感動、そして勇気を与えてくれる待望の初ドキュメンタリー映画、ついに完成! 結成3周年を迎え、着実に知名度をあげてきた美少女アイドルグループ・乃木坂46。だが今までその舞台裏の姿はほとんど表には出されてこなかった……。そんな彼女たちの素顔に初めてスポットが当てられた、待望のドキュメンタリー映画が公開。 2011年8月、港区赤坂の乃木坂駅近くで36名の少女たちがお披露目された。久々の正統派アイドルグループの誕生に沸く一方で、彼女たちに課せられた“宿命”があった。それは「AKB48の公式ライバル」ということ。以来、常に国民的アイドルグループと比較されながらも、夢のためひたむきに走り続けてきた。 正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 密着取材で初めて明かされる幼少時代、オーディションを受けた本当の理由、秘密の場所と時間。さらに彼女たちに寄り添ってきた母親から明かされる真実。インタビューを重ねながら振り返る、メンバーそれぞれが背負ってきたつらい思い出や知られたくなかった過去の数々。ある者は学校での疎外感から逃げるように乃木坂46に入ってきた。ある者は自分が大嫌いで、半ば自暴自棄のようにオーディションに応募した。「違う自分になりたかった」  彼女たちの人生は、合格した瞬間から大きく動き出していく――。そこに待っていたのは、まぶしい光と陰の新しい世界、そして同じように“孤独”と戦っていた新しい仲間たちだった。

「悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46」に投稿された感想・評価

なんとなく見てたけどドキュメンタリーやね。

松村の文春砲に触れてたのはやばいってなったけど笑
nanamonta

nanamontaの感想・評価

3.8
いや〜まぁ〜これ観たら乃木坂応援するよね〜。
乃木坂って可愛い子ばっかりのイメージだったけど、最初からって訳じゃないんだね。初めはやっぱり垢抜けないんだよ。
それがまぁみんな綺麗になって!笑

橋下は全然アイドルって感じじゃないけど魅力があったなぁ。
今何してんだろう。気になる。

全体的にやたらと自分に自信ない系女子が多かった気が。(結構前に観たから忘れたけど)
アイドルになりたいくらいだから、それなりの自信とズバ抜けた承認欲求あったんやろ?て思ってたけど、そこまでそういう感じでもないなぁと。
自分からオーディション受けてその世界に入ってるんだけど、やはり選ばれし者の特別な何かあるんかな。
生駒をセンターにするというのもなんかねぇ。。大人が思う以上に子供って真剣にやっちゃうよね。

そして思春期の女子が集まって真面目に何かに取り組むと、絶対ああいう感じになるよね。。部活頑張る女子って感じ。

あー大人はラクだ。笑
とまと

とまとの感想・評価

3.8
堀ちゃんの続きが気になる、、
是非続編を
知られざる彼女たちの物語
苦悩と喜び

あなたはまだ本当の乃木坂46を知らない
(深夜のテンションでやらかしましたイキってます)

ずっと思ってたんですけど。ドキュメンタリーってずるい。
そんな興味なかった人とか人たちでもドキュメンタリーを観て、本気で立ち向かってる人を見たら好きになっちゃうのに、もともと応援してた人たちのドキュメンタリーとなるとこれは心にくる。

普通の女の子であり一般人が徐々に、それでも確実にプロになる描写が生々しく描かれている。


みんなが苦しみながら、もがきながら、過去を抱えながら変わっていく、いや、強くなっているように感じた。

様々な立場で異なった環境で育ちながらも、それぞれの壁にぶつかり涙を流し、
強くなっていく。垢抜けたとかよりも、誰が見てもわかるいい顔になっているのだ。

自分のやりたいことを活動しながら見つけるものや夢に向かう坂道として使うもの、そして家族のために活動を続け使命を無事に終えたものだれもがとてもかっこいいと思った。強いと思った。


この時点で現在の約3年前であり、3〜4年間の活動の軌跡であるが、この時点の現在である彼女たちもまだ現在の自分たちのプロローグでしかない。

そして、1期生をクローズアップしていたこの作品の最後を飾ったのは7枚目のシングルのセンター、2期生の堀未央奈だった。そして彼女は選んだのだ。

髪を切ることを。
過去観賞
乃木坂46の結成からの軌跡を描いたドキュメンタリー映画。

舞台挨拶のときに観たので忘れられないです笑
完全に乃木坂46好きのための映画です。
新規のひとたちはまずこの映画を観るべきです!
サ

サの感想・評価

-
ボイトレの人が同じだっだ。

3年前、生田さんが「109で買い物とかしてみたい」って言ってたこと忘れられない。
まさき

まさきの感想・評価

4.2
デビューしてから今まで、どれだけの努力と葛藤を繰り返して来たのか知ることができた。
みんな綺麗なのに淡白で謙虚なとこが好き。
最高なドキュメント映画!
tKo

tKoの感想・評価

3.7
生駒、西野、白石、橋本、生田を中心とした乃木坂46の初ドキュメンタリー映画。主要メンバー5人は母親からの手紙(ナレーション: 声は西田尚美が担当)によって幼少期から本来の彼女たちの素の部分が暴かれる。
この映画は学生時代の苦悩や10代の葛藤、家庭事情などそれぞれの想いを抱えながら受けたオーディションの前半、その後の乃木坂46としての活動の後半に大きく分けられる。人目に晒され続けるアイドルの残酷さ、特にプリンシパル公演の舞台裏で生駒と松村が口論→生駒が過呼吸からのマスコミ向けフォトセッションの記者から生駒への質問→生駒逃亡のシークエンスの地獄っぷりは凄かった。それでも前を向き、日々の中に何か良い事を見つけ進んでいこうとする彼女たちのアイドルとしての自覚と逞しさは胸を打つものがあった。主要メンバーに特化した構成なのでやや物足りなさを感じるものの、ドキュメンタリーとしての純度を保ちつつ乃木坂がなぜここまで売れたのか?魅力があるのか?が伝わる作品でした。最後の掘のシークエンスの潔さたるや。
主要メンバーのみ

最後にフィーチャーされる人、凝縮されすぎぃぃい
>|