リリーのすべての作品情報・感想・評価

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっ…

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

xi

xiの感想・評価

4.5

『毎朝“今日こそ1日中アイナーでいよう”と誓う』

世界で初めて性転換手術をうけた人の実話をもとにした話です。

調べてみると実際とは異なる部分もあり少し綺麗に描かれているようですが映画の物語として観て、私はとても好きな映画でした。

女性として生きたいと願った旦那を理解し支える妻。
私は旦那であるアイナーや女性であるリリーより妻であるゲルダの強さに惹かれ圧倒されました。

『時々アイナーを殺したくなる
でもそれはリリーも殺すことだから。』
そう、男である自分に葛藤するアイナーも

『アイナーにあいたい。夫が必要なの
せめて努力をして』
目の前にいるのは旦那なのに旦那ではないことに葛藤するゲルダも、観ていて胸が締め付けられました。

ゲルダはアイナーにもリリーにも真っ向からぶつかっていきますがリリーはアイナーに目を背けます。
そのすれ違いが悲しかったです。

この時代、まだ性に関しての理解や知識がなかったことから自分はおかしい、病気であると精神疾患扱いになる。
今の時代でも100理解されているわけではないのだから、本当に、もっと難しい時代だったと思います。

言葉1つ1つ目線や手の動き、腰の動かし方全てが上品で美しかったです。
あと、この映画の見どころのひとつとしてでてくる服が全て可愛くておしゃれでゲルダの髪型や帽子、ワクワクしました。

素敵な映画です。
ハンスがプーチン大統領にしか見えず、何とも言えない気持ち。
ぺとし

ぺとしの感想・評価

3.5
奥さんありきのストーリーですね。
二人ともお互いのこと好きなのに、互いの気持ちがちゃんと伝わってくるからこそ、余計に辛い
愛する人ができたらまたより深く見れるのだろうなと思いました。
aka

akaの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

アイナーからリリーになる様子が美しい。
とにかくエディレッドメインが儚く気品があり女性そのものだった。

かつて愛した夫が、男と幸せそうに街を歩いていたら...
そこで共に幸せを分かち合ってたのは自分なのに。
ベッドはカーテンで分けられ、
元夫が「結婚するのが夢」だと告げられたらどう思うだろう

そんなやるせない感情よりも、愛した人を最後まで支えるゲルダに涙しました

当時のトランスジェンダーへの理解も垣間見えた
Lapin

Lapinの感想・評価

4.0
たくさんのことを考えさせられる作品です。奥さんが強い人で、自分の愛する人を最後まで守り抜く姿が素敵でした。
Ryo

Ryoの感想・評価

5.0
流し見しようと思ってたのに気づいたら一切作業が手につかなくなってた...

あまりに切なくて、綺麗な作品
奥さんがすごい強い人だった
強すぎて切なくなる😭

モヤモヤしないし終わりも綺麗だったけどなんともいえない複雑な気持ちになる映画であった🤔
Mika

Mikaの感想・評価

3.5
やっと見れた!!
私も大切な人が違う性になりたいって言ったら心の底からサポートできるんだろうか。
奥さんきれいだったー☺️
なごみ

なごみの感想・評価

4.0
奥さんすごい。
奥さんの愛が本物すぎる。

主役の演技もはんぱない。
ラストがもう…ダメです…綺麗な景色と相まって涙腺が…。

見終わった後、気持ちの切り替えがなかなかできない作品でした。
>|