エゴン・シーレ 死と乙女の作品情報・感想・評価

エゴン・シーレ 死と乙女2016年製作の映画)

Egon Schiele: Tod und Mädchen/Egon Schiele: Death and the Maiden

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:109分

3.6

あらすじ

20世紀の幕開けとともに彗星のごとく現れ、スキャンダラスな逸話と名画の数々を残して、わずか28歳で早逝した異端の天才画家エゴン・シーレ。数多くのモデルと浮名を流したシーレにとって、とりわけ大きな存在となった2人の女性―16歳でヌードモデルを務め、敬愛する兄を献身的に支え続けた妹ゲルティ、そしてクリムトのモデルを経て、シーレとは公私にわたるパートナーとなって彼の美のミューズであり続けたヴァリ。彼女…

20世紀の幕開けとともに彗星のごとく現れ、スキャンダラスな逸話と名画の数々を残して、わずか28歳で早逝した異端の天才画家エゴン・シーレ。数多くのモデルと浮名を流したシーレにとって、とりわけ大きな存在となった2人の女性―16歳でヌードモデルを務め、敬愛する兄を献身的に支え続けた妹ゲルティ、そしてクリムトのモデルを経て、シーレとは公私にわたるパートナーとなって彼の美のミューズであり続けたヴァリ。彼女たちとの濃密な愛の日々を通じて芸術を追求し続けるシーレの姿を赤裸々に炙り出す。

「エゴン・シーレ 死と乙女」に投稿された感想・評価

yume

yumeの感想・評価

3.4
ノアサーベトラがモデルの女性より遥かに美しい、、
自分の生涯を絵だけに捧げるその情熱に目眩がする
エゴンのヌード画は下卑た感じが微塵もなくて、もう本当にアートを見せ付けられている感じ
鑑賞後思わず『死と乙女』をホーム画面にしてしまった〜
OYRstreet

OYRstreetの感想・評価

3.7
まず映像と音楽が良かった。
ストーリーは、伝記に書いてある内容をなぞるようで、もうすこし踏み込んでもらった方が面白く見られたがまあ仕方ないかとも思う。
ヴァリの女優さんの演技が特に良かったのもあり、彼女の健気さが印象に残っている。目線の動きが細やかで心情が伝わってきた。
鳩島

鳩島の感想・評価

2.5
主役ノア・サーベトラさんがエゴンシーレの絵から出てきたような美しさでした。
芸術家の恋愛その他ゴシップをなぞる話。誰かの内面を出すわけでもなく進むのであっさりしていた。
Ayumi

Ayumiの感想・評価

3.3
今後エゴンシーレの作品を見たときに映画でみた映像を背景として思いだしてしまいそう。芸術家との恋愛は憧れる。
kana

kanaの感想・評価

4.3

お互いに良いムードになって。
「待って、そのままのポーズで動かないで」と言い、鉛筆と紙を取る。 
妻はそれを不満に思うのかと思った。
妻を描いたスケッチも「私をこんな風に描かないで。」とエゴンの絵自体を否定するような言い草に絵を描く身として辛さを感じた。

絵を描き続けるための結婚。妻はエゴンを愛していたとは思うけれど絵には魅力を感じていなかったのでしょう。
その為、ヴァリの存在はエゴンにとって良き理解者の1人だったんだと思います。
ただのタラシと思われる方もいるかも知れませんが、わかる気がしました。

"死と乙女"書き直したエゴンはヴァリにこの絵を捧げ何を思ったのだろうか。

クリムトと比べられがちだが私は断然エゴンシーレ派です。彼の描く少女たちの魅惑的な表情や危うさ好きです。
主役の人がめっちゃイケメン。
エゴンシーレという画家を知らなかったので観てみた。
いかにも芸術家だなぁという奔放な人生たった。
28歳で夭逝した天才エロ画家エゴン・シーレ。エゴン・シーレの絵は芸術かポルノか。そもそも女の裸だけ、なぜ芸術なの?

エゴン・シーレの生きた19世紀~20世紀初頭まで、時代は男尊女卑。卑しい女に教養なんてもっての外!
……なので高尚な芸術とやらは男の独壇場で、女のヌードがもて囃される時代でした。アカデミックなサロンでも「これ女神ですよ」とヌード絵画が氾濫して、エゴン・シーレも、より扇情的な官能=高尚な芸術と思い込んでいたのでしょう。

本作では「死と乙女」の1枚に焦点を当てて、史実を無視した脚色を展開しています。
特に13歳の少女タチアナの一件。本作ではヴァリが擁護して「白」の方向性で描いています。
しかし……興味の有る方は『エゴン・シーレ/夢の中の少女』で検索してご覧なさい。エゴン・シーレが「黒」だと分かります(笑)

▼エゴン・シーレ「夢の中の少女」
https://commons.m.wikimedia.org/wiki/File:Schiele_-_Die_Traumbeschaute_-_1911.jpg

少女ヌードは現代では非難のマト。つい先日もNYメトロポリタン美術館でバルテュス作「夢見るテレーズ」が少女性愛だ!と撤去を求める署名運動で盛り上がっていました。
だったら!クラナハもアングルも少女ヌード書いてるし、ラファエロも天使のモデルとして幼児のヌード書いてるし、それこそ大半の画家は児童ポルノに抵触していますよ。

その中でもエゴン・シーレの「夢の中の少女」は別格。少女が自身の指で陰唇を拡げて膣を露わにしています。その筋の専門用語で、いわゆる「くぱー」しています。

これに匹敵する芸術は、ギュスターブ・クールベの「世界の起源」や、マルセル・デュシャンの「遺作」など…およそ芸術かポルノか、判断に苦しむ作品も多々ありますが、私はエロスだと思っています。
少子高齢化の今こそ、生殖活動を促して活性化させるエロスが求められています。

▼本作で13歳の少女タチアナを誘拐したとしてエゴン・シーレは裁判官に目の前で自作の水彩画を燃やされてしまいます。
信念で書いた絵が…命を削って書いた絵が理解されずに燃やされていくシーンに涙が止まりませんでした。

インポテンツの盆暗裁判官め!

あと……エゴン・シーレが、ジャポニズムの春画を見て…屹立して脈打つ巨大な陰茎を見て、落雷を受けたような衝撃に出会うシーンも見所。
「夢の中の少女」の“くぱー”なんて比にならないほど、ぐっちょぐちょの挿入絵画は衝撃だったのでしょう。そうすると……よりエロい民族は、ジャポネーズ(日本人)なのかも😅

昨今のコンビニでは春画(エロ本)の居場所が縮小され、マスクされ、滅亡の危機です。
日本の未来を案ずる者として……エロ本の縮小と少子化は正比例している!と偉い学者に論文を発表して欲しい所。

エロいムードになっても、
「ちょっと待って、今のポーズいい感じ!」
ってとめられる芸術家の妻の不満というものありけり。
KAYA

KAYAの感想・評価

-
や〜感想が難しい…そしてこういった類の映画でまず時代の中の画家の立ち位置がよく分からなくてつまづいてしまいがち
nameless

namelessの感想・評価

3.3
芸術系の作品を探して手に取った今作。
まぁ、私は人に言えるほどの審美眼は持ち合わせてませんけど(^_^;)

エゴン・シーレはあまり知名度は高くないですけど、Self-Portrait with Physalisの自画像とかはポスターになったりしてたから、どこかで目にした事はあるかもしれませんね。

今作はエゴンの代表的な作品、死と乙女を題材に描かれています。

うわー、なるほど!✨(*´꒳`*)
って、ちょっと感動しちゃいました。
いつかエゴン・シーレ展があったら、是非足を運びたいです。

そういえば…日本って時折、エロスの意味を官能と間違ってる気がします(苦笑)

エロスは『愛』です。

彼の他の作品を見てみると体を捻らせているポーズが多いんですが、人体のしなやかさを好んでいたようにも思えますね。

スキャンダラスとかインモラルなイメージで紹介されてますけど…全て払拭して観てください。彼は割とまともな男性です(笑)

単に彼の価値観が少し特殊なだけ。
何よりも『絵を描くこと』に突き抜けていた…それだけの事だと思います。ある意味、呼吸に等しい行為なのかもしれない。

なので、ちょっと観点を変えて観賞すると違うものが見えてくると思います。エゴンにとってヴァリは特別な存在だった…そういう愛の物語として描かれてました。

絵よりもエゴン本人を描いた作品でしたが、綺麗に描きすぎてますね。表現者としての現実的な葛藤とか、パッションとかはあまり感じさせない淡々とした進行。
少し物足りない…かな。
凄味を感じさせて欲しかった。
>|