エゴン・シーレ 死と乙女の作品情報・感想・評価

エゴン・シーレ 死と乙女2016年製作の映画)

Egon Schiele: Tod und Mädchen/Egon Schiele: Death and the Maiden

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:109分

3.6

あらすじ

20世紀の幕開けとともに彗星のごとく現れ、スキャンダラスな逸話と名画の数々を残して、わずか28歳で早逝した異端の天才画家エゴン・シーレ。数多くのモデルと浮名を流したシーレにとって、とりわけ大きな存在となった2人の女性―16歳でヌードモデルを務め、敬愛する兄を献身的に支え続けた妹ゲルティ、そしてクリムトのモデルを経て、シーレとは公私にわたるパートナーとなって彼の美のミューズであり続けたヴァリ。彼女…

20世紀の幕開けとともに彗星のごとく現れ、スキャンダラスな逸話と名画の数々を残して、わずか28歳で早逝した異端の天才画家エゴン・シーレ。数多くのモデルと浮名を流したシーレにとって、とりわけ大きな存在となった2人の女性―16歳でヌードモデルを務め、敬愛する兄を献身的に支え続けた妹ゲルティ、そしてクリムトのモデルを経て、シーレとは公私にわたるパートナーとなって彼の美のミューズであり続けたヴァリ。彼女たちとの濃密な愛の日々を通じて芸術を追求し続けるシーレの姿を赤裸々に炙り出す。

「エゴン・シーレ 死と乙女」に投稿された感想・評価

紫色部

紫色部の感想・評価

2.5
2017.11.14 DVD

鏡の配置や野外のロングショットなど、絵画的な決めのショットは多いし、照明もかなり気を遣ってる感じがするが、エゴンのキャラとは異なり、話や語り口は俗で下劣で退屈だし、史実に忠実であるが故の人物描写の甘さも目立つ上、ヴァリとかいうヒロイン(?)のルックもあまりに厳しい。
まさみ

まさみの感想・評価

3.3
エゴンシーレについて全く知らんかったから勉強になった。前知識あった方が楽しめる気がする。
芸術と異常は紙一重な感じがした。陰陽がきれいな映画やった。
miminaga

miminagaの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

凄みのある絵にふさわしい、壮絶な感じを想像してたから、ヴァリとの別れがあっけなく感じて、絵画ほどは心が動かなかった。エゴンは結婚してもうまく続けるつもりだったから、実際こんなもんなのか。結局誰も幸せにならないなんて。
nanao

nanaoの感想・評価

3.4
自分はピュアだと思ってるからクズ男なんだよなぁ。
Aya

Ayaの感想・評価

3.3
元々、シーレにはあまり興味がなく、この映画の予告も珍しく見たのですが、ちょっ、実在した画家ものってよりも、主人公のシーレ役の俳優イケメン過ぎじゃね?!時になっておりました。

※史実のため、ちょっとネタバレしております

エゴン・シーレ。
言わずと知れたオーストリアを代表するかなり独自の絵を描く人。
対象は裸婦(しかも未成年の少女が主)、セックス、死が多く、敬遠されがちなテーマであり、途中裁判にまで引っ張り出されます。

そんな彼の学校を辞めてクリムトに弟子入りし、ヴァリと出会い、別の女性と結婚し、そして若すぎる死に至るまで・・・。

この映画で久々によく見てみると、結構シーレもいいなーと思ったりw

てかマージイケメン過ぎてノックアウト!
何コイツ?!
やってることはほぼアウトだと思うんですよシーレって。

自分も若かったとは言え、16歳に満たない妹を裸にしてモデルにし、書いた絵を売り、その際優良顧客であり芸術仲間にいざ取られると激怒とか、お前何様・・・。
いや、前述したことがない普通のお兄ちゃんなら怒るのもわかるんだけど、明らかにこの兄妹・・・性関係ありましたよね?!

うーわーこういうの整理的に無理ー!

そしてマイミューズとして公私ともに暮らしてきた恋人ヴァリ(彼女も17歳とか)がいながら向かいの家の金持ってる女(予想外に徴兵試験パスしてしまい、現地までついて来てくれる女が欲しかった模様)と結婚したことですよね!

いや、もうその結婚にも愛はないし(欲はある)、調べたらお姉さんの方とも寝てたらしいじゃないですか!
サイテー。

そして極め付けにシーレはヴァリに「愛人契約書を作って来たから大丈夫!僕たちは別れなくていいしこれからも4649!」と嬉々とサインを求めるんですよ!

・・・

呆れてものも言えない・・・なんなのコイツ?!
イケメンだからどっちも俺のこと愛してるし繋ぎとめられて当たり前とでも思ってるわけ?!
しかも悪気が一切感じられないとこがまた・・・まぁ悪気あってたまるか!なんですけどね。

シーレの性に対する奔放さ、しかも近親相姦であったり幼い女の子に対する態度はもう絶対アウト。

でもぶっちゃけ100年以上も前のオーストリアなので、アリかナシか、その辺わかんない・・・。

映画ではものすっごい上品に描いていてビックリしました。

この映画で得たのは2つのこと

・エゴン・シーレの絵は意外といい

・エゴン・シーレを演じた俳優がとにかくイケメンで目の保養以外の何物でもない

尊い・・・。
ゆー

ゆーの感想・評価

-
主演のノア・サーベトラがあまりにもハンサムで色っぽいので、シーレの奔放さ、女性関係のだらしなさ、薄情さを見ても儚くて美しい1シーンとして昇華されてしまう...。“死と乙女”を思い起こさせるシーンの、暗がりに浮かぶシーレとヴァリの表情が印象的。
omizu

omizuの感想・評価

3.2
エゴンシーレは好きな作家の一人
28歳で他界するまでの生涯を
4人の女性と辿る

懐かしいような
哀しさが漂って
笑っていても長く続かない儚さがあって
見終わった頃には
部屋の暗さもあいまって
悲しい気持ちに

ポロックやモディニアーニなども
映画化されていたけれど
1番悲しい気持ちに

冬の寒い日曜日には
観るものでは
ないですね
内容をまったく知らないで観に行った。
エゴン・シーレって、画家だったのか~ 笑

“芸術家”を自負しているエゴン・シーレが描くのは、妹のヌード・首長の娘のヌードだったりと裸婦が多い。
エゴン・シーレ「僕はポルノ画家じゃない!」と主張するが、世間の見方は「少女にポルノを見せた」と言われ、エゴン・シーレは「芸術だ」と意見相違。
「裸婦を描いた絵画」はポルノか?芸術か?といういつの時代でも議論されるような(大島渚監督『愛のコリーダ』議論のような)エピソードが印象的。

クルマウなる街を見下ろすシーンが見事。

また、刑務所の面会所でキスするエゴン・シーレと(当時の)妻ヴァリ。刑務所でキスするシーンはなかなか無いのでは?

そのうち、戦争の影がエゴン・シーレにも忍び寄って来て、兵役検査→入隊。
エゴン・シーレは妻ヴァリに入隊を告げて、「君は妻に向かない」なる超自己中心的なセリフ。
芸術家は我儘で良いみたいな描き方には賛同しかねる。

高熱を出したエゴン・シーレに効くはずの薬=キニーネを闇で買ってくる妹。


エゴン・シーレという画家を描いた映画であったが、まずまずの映画であった。
(ただ、女性のヘアヌードは良くて、男性の裸体にボカシが入るのはイマイチ。別に、見たいわけではないが 笑)

<映倫No.47017>
●'17 4/1〜7&11〜14単館公開
※4/8〜10機器整備の為、休館
(首都圏等: '17 1/28〜公開)→
〇'17 8/2 DVD 発売及びレンタル
配給: アルバトロス・フィルム
提供: ニューセレクト→
発売: ニューセレクト
販売: アルバトロス・フィルム
後援: オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム
ワイド(シネスコ) 音声仕様表示無し
4/3 13:10〜メトロ劇場にて観賞
DCP上映 LPCM
パンフ未購入
※映写位置が悪い為、画面右に黒味有り。
若干、画面ソフトフォーカス気味

画は見たことはあったけど、画家については知らなかった。
正直、あまり好きではない人物。
妹の方がブラザー・コンプレックスなのか?
その心情を知ってか知らずか利用してモデルをさせている。
妹もモデルに使われてまんざらでもない様子や後にモデルになる褐色の肌の踊り子の姿をこき下ろし嫉妬心満々。
そんなにお金にも困ってない様子。
芸術家=貧乏ではないのね。
後に後見人に見離され、お金に困り出すのでは有るけど。
自分のやりたいことをやり、その為にトラブル見舞われたりして、まわりの人を困らせる。
一部の人を除いて、そんな彼をみかぎらない人達って有り難いね。
主人公の人徳なのか?
素晴らしい人達に恵まれているのか?
自分のやりたいこと目指す所にまっしぐら。
「死と乙女」はやりたい放題だった主人公の後悔が染み込んだ絵画。
主人公を演じたノア・サーベトラって、かなり日本人好みのびだんしかと。
あと、クリムトが抱いていた猫の前肢が可愛い
直美

直美の感想・評価

3.2

1912年辺りの時代ということで、先日観たナタリーのフランス映画『プラネタリウム』と同時期。

『プラネタリウム』はフィクションなので比べる事は出来ないが、衣裳の面ではフランスのゴージャスなものより、
オーストリアのやや生活臭のある雑な感じの方が好きだなぁ。

エゴンシーレ役が格好良すぎるのでは。

今迄どうも好きになれない画家だったけれど、芸術家として燃えるように散った天才だったのだと知った。
>|