ロミオ&ジュリエットの作品情報・感想・評価・動画配信

ロミオ&ジュリエット1996年製作の映画)

Romeo + Juliet

上映日:1997年04月19日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ロミオ&ジュリエット」に投稿された感想・評価

leyla

leylaの感想・評価

3.8
過去鑑賞記録

さんざんやり尽くされてるロミジュリを、現代版にし、うまく古典と融合させていて面白かった。
主役2人の美しさありきの作品。
Kenjo

Kenjoの感想・評価

4.2
去年の午前十時の映画祭で見た。
なんでこんなに感想書くの空いちゃったんやろ、、笑

シェークスピアの戯曲をそのまま忠実に再現してて素晴らしい。
ちゃんと当時のままの言語で喋るし、セリフもそのまますぎて、なんか奇妙な感じではあった。
大学の時勉強してた古英語が使われてたからなおさら、実際に使う場面を見て驚いた。

もはや、内容に関しては戯曲そのまますぎるからあえて触れない。
死んで二日後に生き返る薬とか存在するのが全ての悲劇の原因すぎて、、

キザなセリフとレオ様の顔面が完全にマッチしててさすがすぎた。他の俳優だったら絶対無理。
名作過ぎるでしょ。これは。

なんでそんな最後になっちゃうのよ!
って心締め付けられるよな。

切ない悲しいラブストーリー。定番。
かな

かなの感想・評価

3.0
やっぱり本ぐらいがちょうどいいかなー?

「ロミオ、どうしてあなたはロミオなの?」

「生まれた時から、ロミオとして認識させられている。だから何?」
ARiES

ARiESの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます


キャピュレット家のティボルト
(ジュリエットのいとこ🤠)

ジョン・レグイザモが着ている
D&Gライン

Jesusバーガンディー防弾ベスト🫰
フロントジップ×ベルベット大好きです
❇︎Body Conscious❇︎

ドルチェ&ガッバーナが映画のために
デザインした最初の作品🌹発想が素敵〜


フラメンコ&エリザベス朝時代の動きを
融合させたGun🔫捌き🤭いいね〜
Mexican Mafia taste🇲🇽癖になる

🐱キューバンヒール・ブラックブーツ
バズ・ラーマン監督作。本当は「ダンシング・ヒーロー」から観たかったけど、サブスクにもレンタルにもなく断念。

ロミオとジュリエットの物語はなんとなく知っていたが、今回初めて作品としてのそれを観た。
今作は現代版にリメイクしたものやけど、キャラたちのセリフは会話ではなく、原作のような劇調のもの。主演二人の演技も感情爆発してて、映画というより舞台を観てるよう。英語が理解できていればもっと雰囲気にのれて面白いんやろうな。

テンポがとても良い。「エルヴィス」でもそうやったけど、場面展開やカット割りがめちゃくちゃ多い。みせるとこはしっかりみせて、とばすところはとばす。はっきりしてて観やすい作品になってる。

ロミオとジュリエットのラストシーンの色使いとか、ジュリエットの部屋、ロミオが忍び込むジュリエット宅の庭みたいな所などなど、華やかでとても綺麗。現代版ではあるけれど、セットとかは普通に中世ヨーロッパに近いものを感じる。だから中世風と現代風が混ざっててなんか中途半端な感じ。現代風にするならもっと振り切ってもいいように思った。

意外と前半はコメディな感じ。原作でもそうなんかな。後半の悲劇がやっぱり報われない。良い話やねんけど、観てて悲しくなるから何回も観たいとは思わへん。なんでそこまで二人が愛し合うようになったのか、という部分の深掘りがないのが違和感。今作というより原作からなんやろうけど。こんな報われへん作品が数百年も残ってるのは普通にすごい。さっきも書いたけど、セリフの響きとか韻の踏み方とかも今作の魅力のはずやから、英語で理解できたらもっとハマるんやろうな。
英語話せる、聴けるようになってからまた観ようかな。
shinkura

shinkuraの感想・評価

2.0
美青年時代ディカプリオ、相変わらず美しすぎる🤔
ずっとポエマーっぽい台詞でちょっと疲れた。
それにしても恋に落ちるのがはやすぎる…まあそれはいいか…
Karen

Karenの感想・評価

4.1
途中から見たからまた今度見直すけど悲しいシーンでもディカプリオがカッコ良すぎてニヤけてしまったが、終わり方が好みすぎて、教会の装飾も好きすぎて途中から見たにも関わらず満足度高かった笑
S

Sの感想・評価

-
水も滴るいい男ってこの映画のディカプリオから生まれた言葉…?
水槽越しの出会いから誓いを立て合ったプールではまさに溺れる様に恋に落ちていく、そんな水の演出がとても印象的。

つまらない争いが2人の純愛を引き裂いていいワケがなかろうに、わかっていてもこの悲劇の結末には涙なくして語れない。

我々は皆罰を与えられた。
それに気づいた時の代償は途方もなく大きいものだった。
>|

あなたにおすすめの記事