ヒメアノ〜ルのネタバレレビュー・内容・結末

「ヒメアノ〜ル」に投稿されたネタバレ・内容・結末

冒頭の真っ白な空間からもう白々しい。
コメディパートでも演技は凄かったし笑えた。それでいてどのキャラもこいつヤベえなと思える。森田の支離滅裂な会話が最高。
森田パートは導入から良いしバイオレンスの不快感もバツグン。だからといってストーリーが薄れるわけではなく深みは増していく。
森田は解離性同一性障害みたいな状態だったんだろうな。優しかったからこそ本当の自分を壊すしかなかった。それでいてそんな自分は死ぬべきだという幻聴まで聴こえていて悲しすぎる。
ラストの余韻も凄まじくて超引きずりそう。
怖いから一緒に観て!と言われて怖いの苦手なんであまり気乗りせず観たんですけど、猟奇的な場面だけでなく考えさせられるものも多い映画でした👏🏻

前半は岡田くん視点の少し緊張感のありながらも楽しい日常って感じだったのに、森田くん視点の猟奇的な日常になるこの二段階構成めっちゃよかったです!森田くん視点になったと同時にタイトル出てくるの好き

安藤さんは最初やばい人だ…この人も岡田くんを殺そうとするのか…?て思ったけど、結局チェーンソーは使わず絶交だ!だけだったし、森田くん追っかけてやめるよう説得しようとしたりで危ういけど悪い人ではないんだなと…

森田くんはずっと川島の声が頭に残っててそれを聞きながら毎日過ごしてたと思うと悲しい。誰も周りの人は助けてくれなかったから被害者から加害者になってしまった
、なんとも悲しいことでやるせない…

森田くんがやってきたことは許されないことだけれども、彼も昔は友達とゲームを楽しむ子どもだったんだと伝えてくれる最後のシーン辛いけど気づかされる

森田剛くんの演技すごかったです!!家に帰ったらいるんじゃ…?と怖くなるぐらいリアルでめちゃくちゃ怖かった!!
個人的にはすごく衝撃的だった。
エロのパンパンと殺しのパンパンをシンクロさせてるシーンは鳥肌もの。
なぜ知名度が低いのか…

あと、女の子で一人暮らししてる子は絶対オートロック付きのマンションに住んだ方がいい!不法侵入のシーンが何気に一番怖かった…

とりあえず面白い!!
物凄いトラウマ映画。
ちょっと覚悟してから観た方が良い。
でも観るなら絶対最後まで観るべき。
最後は、なんていうか、ちょっと悲しい気持ちになる。
どうしてこんな未来になってしまったんだろうと。
ブルーレイだから、何度途中で見たくなくなって止めてしまったか。。。

ムロツヨシと濱田岳だから最初のうちはいい感じの映画ですけど、タイトルがまさかの中盤で出てきてからの森田剛のサイコパス具合がもうすごすぎて、この映画の大半は森田剛が素晴らしかったから成り立っていると思った。
森田剛ってこういう役うまいよね。母親は気味が悪いから嫌いって言ってたけど、僕はこういう役者ができる俳優は大好きです笑

最後の終わり方は個人的には素晴らしい。森田くんが高校生に戻って良かった。
最後、人間らしく車を避けたのは
いじめを受け壊れる前の森田に戻った、
ということなのだろう。
そして、最後の回想はいじめを受ける前の森田は人を殺めるような男ではなかった、ということを表しているのだろう。

しかし、いじめがきっかけで
人間でいるとこを諦め
人生を投げた森田。
その森田のキーパーソンとなるのが岡田だった?映画の描写からは2人の関係性など、伝わってくるものは弱く、少し無理矢理解決したような印象を受けた。

自分にとって都合の悪い人間を殺めることは森田の日常で、誰もが生きている日常の中で殺人が起きるため、妙なリアル感があった。見たあとは日常に恐怖をもたらすような作品。

そして、古谷実は人間の誰もが持っているずるい部分を描くのが上手い。

しかし二度と見ない。後味が悪い。
おもしろい
だがしかし
あまりにも人を選ぶ作品だと思うので4.0はつけずw

最初はなんだーほのぼのかと。
ムロツヨシと濱田の掛け合いがよく見るやつだーと見てたけど。
ムロツヨシストーカーかよ
きもいな。ぐらいw

おやおやおや
森田登場。
どこか嘘臭い感じがしつつ
ひとりの女と3人の男が出揃います

ストーカーや殺人などよくある映画にあると思うけど
これは読めない

てか怖い
本当にこんな人がいるのだとしたら怖い
主義も主張もなく
そして感情の高ぶりもないままに
淡々と犯罪を重ねていく
だからなにが起きるか何をするのかわからない

静かな恐怖がずっとついてまわる
とても引き込まれる展開だった
濱田岳が鬱々して暮らしているストーリーだと思って軽い気持ちで見始めたらえらい目にあう。

ふつうに見てたけど、ここでやっとタイトルバック!っていうのにも軽くワワッとなったけど、その後の衝撃的なシーンの連続(いろんな意味で)からの、衝撃。
途中で見るのやめよかな、もう耐えれへんかもな...ってぐらい、精神的にくらってしまう。みぞおちのあたりがモワモワする。もういい加減にしてーってげんなりしながら、迎えた結末。

ここまで散々残虐なことしてきたのに、犬は殺さない違和感は一瞬でわたしの目の奥ツーンへと変わる。

切なすぎた。

壮絶な姿で「またいつでも遊びに来てよ」とニッコリ笑う姿に胸が締め付けられる。

まさかの夫の前で見てたのですが、ひとりになったらいろんな思いが吹き出してきて大泣きしてしまいそうです。

森田剛すごい。
『ヒミズ』以降の古谷実は、絶望してる少年のとこに救い主のような女の子が現れて、結構猟奇的な事件が起きて…とパターンが決まっていたものの、作者自身が抜け出せないもの、描ききれていないものがあったから描き続けていたんじゃなかろうかと勝手に推測して読み続けてきた。

などと原作の思い出はどうでもよくて、この物語にはニュータウン風味な情景がとても刺さる。陰惨な事件が起こるのがわかっていながら笑っちゃうのはムロツヨシのせい。

と、ここで突然の告白であるが、『腑抜けども〜』以来、佐津川愛美が大好きで書架には写真集も数冊おさめてたりするわけなので、岡田君には安藤さん並みに「アーーーーーーーーッ!!!」っと嫉妬したのも事実。アーーーーーーーーッ!!!

あと、森田剛は20年前からこういう役が似合うと思っていた。あげつらうつもりは毛頭ないが原作との違いは森田君がイケメンなところか。回想シーンで終わるのはなんとも安っぽい気がしないでもないが、捕まったときの笑顔はやっぱりイケメン。

漫画家でいうと古谷実と新井英樹と柏木ハルコと岡田あーみんと黒田硫黄が好きで、吉田恵輔監督は古谷実と新井英樹を映画化してくれたので、他のもぜひお願いしたい。『愛しのアイリーン』見なきゃ!
こんなに色々過激な映画は初めて観た。
じゃんじゃん作業のように殺していくシーンでは、日常との対比が激しいから引き込まれる。

剛くんの役を頭がおかしいやばい奴って思ってたけど、本当におかしいのは平気で人をいじめる奴。

登場人物がみんな過去に人から受けた影響で、良くない方へと引きずりこまれるのは、社会の縮図感がある。

楽しかった時の記憶を少しでも思い出せてよかったのかなと思う。
>|