ヒメアノ〜ルの作品情報・感想・評価

ヒメアノ〜ル2016年製作の映画)

上映日:2016年05月28日

製作国:

上映時間:99分

3.8

あらすじ

平凡な毎日に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働いている青年・岡田。ある日、同僚の先輩である安藤から、密かに思いを寄せるカフェ店員・ユカとの恋のキューピッド役を頼まれた彼は、ユカのカフェで高校時代の同級生・森田と再会することになる。その後、岡田はユカの口から、彼女が森田らしき人物からストーキングをされていることを知らされ、不穏な気持ちを抱き始める。かつて過酷ないじめを受けていた…

平凡な毎日に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働いている青年・岡田。ある日、同僚の先輩である安藤から、密かに思いを寄せるカフェ店員・ユカとの恋のキューピッド役を頼まれた彼は、ユカのカフェで高校時代の同級生・森田と再会することになる。その後、岡田はユカの口から、彼女が森田らしき人物からストーキングをされていることを知らされ、不穏な気持ちを抱き始める。かつて過酷ないじめを受けていた森田は、ある事件をきっかけに、欲望のままに無抵抗な相手を殺害していく快楽殺人者になっていたのだ……。

「ヒメアノ〜ル」に投稿された感想・評価

古谷実の漫画が元々大好きなのだが、この映画化はとても良かった。脚本、構成が上手いなと思った。個人的にはヒミズの100倍良かった。
森田の森田役のハマり具合がすごくて、森田すげえ役者だと思った。
k16

k16の感想・評価

3.0
稲中描いた古谷実。
ヒメアノ〜ル原作も好きですが、映画も演技が良くみハマりました。
本気で見事としかいいようがない演出、構成、脚本、映像。そして森田剛。正直、森田剛の演技が凄すぎてビビった。ヒリヒリするほど現実的で、自分が本当の殺人現場やレイプ現場に何度も何度も居合わせたようなショックを受けた。実際の殺人やレイプなんて、ほんとにこうだろうな、と。ジャニーズがここまでえげつない事をしてもいいのか…とかそういう考えがなくなるほど森田剛のその目、声、たたずまい、すべての存在感が圧倒的。

ラストシーン…警察にいよいよ追い詰められたとき、森田は狂気に染まるきっかけとなった高校時代のいじめを受ける前の頃の彼に戻ってしまう。その時岡田に向けた笑顔があまりに無邪気で、声もかける言葉も優しくて、そこで初めて森田が生まれつきの狂人ではなく、辛い現実から逃れるために人としての心を捨てなければならなかったと知る。哀しさ、切なさ・やるせなさが残るラストであったのは秀逸。

クライム映画の傑作。
壺尊師

壺尊師の感想・評価

4.0
間違いなく面白かった…せつなさも…。
森田くんが森田くんの役をやっていたんですけど凄くよかった。
始まりはほんわかしていたけれど本番はそこじゃないぞ、と。
題名の出方に「はっ!」とさせられました。
プロローグ明けてからはいっきにバイオレンスに。刺し方リアルで怖かった。
なんとも言えない後味。森田くんすごく怖いんだけど、悲しかった…。
麦茶の声を聞くと、森田はお母さんと良好な関係を築いてたのがわかる。とすると、どこかのタイミングでお母さんは亡くなってるのかな…。行き当たりばったりの森田がなぜ捕まらないのかは疑問だったけど、日常と地続きの凶悪性がうまく描かれてる映画。
Kotone

Kotoneの感想・評価

3.8
一言で言うとやばすぎた

ほんわかと笑いと恋愛の初々しい感じと恐怖とドキドキと辛いのとグロさと切ないが、一つの映画にぎゅーって詰まってて感情が飲み込まれる感じがすごかった

キャスティングがほんと完ぺきだと思う

もうとにかくリアル
全部がリアル
余裕で見てられるのも最初だけ

このレビューはネタバレを含みます

胸を噛みちぎられる程の切なさが
襲いかかってくるバイオレンスサスペンス。

怪物を作り出すのは誰なのか。
人の道を踏み外すまでの絶望を抱かせたのは誰なのか。

いじめっ子は人をイジメて何を得たいのか。
何に飢えているのか。

狂ってるのは間違いなく森田だ。

けど狂わせたのは善人顔した
物言わぬ多数派かもしれない。

岡田はまともな人間に見える。
実際なんだかんだでそれなりに
上手く世の中を渡っていけるのも岡田みたいな人間だ。

物言わぬ多数派は大抵の場合
裁かれない傷つかない損しない。

世の中を騒がすのはいつもマイノリティーだけれど
世の中の悲劇を生み出すのはいつもマジョリティー。

悪いのはいじめっ子。
狂ってるのは森田。
弱虫は岡田。

岡田を減らせば死ぬほど苦しむ人間も
狂ってしまう人間も今よりは減る。

この作品の主役は一番控えめに映る岡田であり
マジョリティーに対してイエローカードを提示している作品だと思う。

既にイエロー、次はレッド(死)だと言う現実に本気で向き合うか
他人事とスルーするか。
壮年jump

壮年jumpの感想・評価

3.5
森田剛はハマってる。
濱田岳の彼女役かわいい。
マンガ原作ファンでも、それなりに楽しめるかも。
iku

ikuの感想・評価

4.0
「めんどくさいから殺していい?」というキャッチコピーに期待してこの映画を観ました。
前半はラブストーリーで、中盤から狂気に変わりました。どちらもすごく面白い展開でした!
何よりラストシーンがよかったです。終わり良き、
LUKEN

LUKENの感想・評価

3.3
初めて映画観てガチで体調悪くなっちゃった。

多分むごいからだけじゃない
警察が無能過ぎて無能過ぎて無能過ぎて終始苛々してたのも相まって。←ココが猛烈にマイナス
こういう説明がつかないご都合主義は本当に嫌い


狂気に振り切ってる点とタイトルの入りは凄かった

あぁ、そういえば序盤は声出して笑ってたっけ..

観終わった後は息上がってた。

なんかすごい映画だった(語彙力)


トラウマ
>|