ヒメアノ〜ルの作品情報・感想・評価

ヒメアノ〜ル2016年製作の映画)

上映日:2016年05月28日

製作国:

上映時間:99分

3.8

あらすじ

平凡な毎日に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働いている青年・岡田。ある日、同僚の先輩である安藤から、密かに思いを寄せるカフェ店員・ユカとの恋のキューピッド役を頼まれた彼は、ユカのカフェで高校時代の同級生・森田と再会することになる。その後、岡田はユカの口から、彼女が森田らしき人物からストーキングをされていることを知らされ、不穏な気持ちを抱き始める。かつて過酷ないじめを受けていた…

平凡な毎日に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働いている青年・岡田。ある日、同僚の先輩である安藤から、密かに思いを寄せるカフェ店員・ユカとの恋のキューピッド役を頼まれた彼は、ユカのカフェで高校時代の同級生・森田と再会することになる。その後、岡田はユカの口から、彼女が森田らしき人物からストーキングをされていることを知らされ、不穏な気持ちを抱き始める。かつて過酷ないじめを受けていた森田は、ある事件をきっかけに、欲望のままに無抵抗な相手を殺害していく快楽殺人者になっていたのだ……。

「ヒメアノ〜ル」に投稿された感想・評価

家に入るとき、こわっ。
モリタはもちろんだけど、他の人もみんな色んな意味で恐い。
見終わってすぐ、玄関の鍵閉めた。電気全部つけないと怖くてトイレ行けなくなりました。変な人に声かけるの絶対やめようと思った。
吉備

吉備の感想・評価

3.4
森田剛ってこんな演技うまかったのか...適役すぎて現実にいそう。B級雰囲気漂うラブコメからのホラーの切り替えシーン最高だった。
27

27の感想・評価

4.5
陰陽の格好良さから始まり、どんどん不気味に引き込まれ、目を背けたいのに目が離せなくなる。
森田剛の無が凄い。目が貼り付いてる。
カレーを食べてたシーンが印象的。
表のヤバい奴はムロツヨシ。

必ず最後まで観て欲しい。

1人で観に行ったんだが、未だに感想を言い会える相手がいないのが消化不良。
あり

ありの感想・評価

4.0
やばい、やばいの連続の映画だった明るいうちに見るもんじゃないけど夜見るのも怖いわ🤣
森田くんの狂気が怖過ぎた
とても似合う役。凄まじい。
佐津川愛実ちゃんの全力
この可愛い子がこんな役するのかと
そちらも衝撃だった。
まぁ普通に私がキライなジャンルなので終盤までは割とめっちゃつまらなかったんですけど、最後まで見て、んぬぉあこの森田剛って人めっちゃすっげぇな!?ってなりました。
誰なんや!?ジャニーズか!?(無知)

イヤ濱田岳も演技上手すぎるんですけど、いつも通りなんですよ!
きみは、そうやってキョドって巻き込まれてる役がうますぎて、その役ばっかり回ってきてしまうんだな。
「アヒルと鴨のコインロッカー」にも居たよねオカムラ君?

あとムロツヨシも上手すぎるんですけど、気持ち悪すぎるんですよ!
絶妙な目線のはずし方がリアルぅ!!わかるよ、きみはストーカーなんじゃなくて、ピュアなだけなんだよな。
でもな、ストーカーもな、ピュアなんだと思いますよ。つまりきみはストーカーだと思いますよ

それから佐津川愛美…。まぁこれが日常をウロウロしてたら、好きになるのはわかるわぁ…
けど、ムロツヨシの何が気持ち悪いって、彼女の内面はほとんど見ていないこと、彼女の気持ちをムシして頑張るのは、恋としては正しくても愛として方向性が違うということです。
佐津川愛美の話するんちゃうんかい。
ムロツヨシの話やんけ

ただもう本当にこういう話は、ストーリーも、人物も、もう性癖的には完全なる守備範囲外でしたからね
作品への賞賛の内容としては、森田剛の演技への賞賛が8割くらいを占めています。「人間とは思えない目」とか言われてたけど、本当にその通りの目をしてたね。

森田にはずっと、「こわっ。きもちわるっ。いみわからんぞ。」と思っていたはずなんですよ。
最後のシーンなんか、況して彼は一番怖くて、一番気持ち悪くて、一番意味がわからなかったはずなんですよ。
なのに、最後のシーンで彼は怖くなかったし、気持ち悪くもなかったし、一番彼のことがわかるような気がしてしまった
それきっと、みんな、そうでしょ。

この映画の面白いところ、めちゃくちゃわかりますよ。作中でムロツヨシと森田剛の存在が、ゆるやかに逆転していくところとか。
まあそれでも、私はこういう映画はキライなんですが。

しかし誰に一番嫌悪感があったか?と考えてみたら、私の一番は濱田岳だったので、私はこのなかでいえば濱田岳に似てるのかもしれません。やだなー。
アシロ

アシロの感想・評価

4.3
森田剛がヤバいって前々から聞いてて鑑賞しました。

本当にヤバいです。
狂気じみた演技、よくあるのだとワーっと叫んだり、奇妙な動きしたり高笑いしたり、っていうのが一般的(?)だと思うのですが、そういうのが全然無かったのにすごく気持ち悪かったのが印象的でした。
街中にこういう変な人いるよなーって感じです。目の焦点がどこにあるのかとか、キュッと小さくなった猫背とか、真顔なのか怒ってるのか分からない微妙な表情とか、そういう微妙なポイントを全部捉えているのが森田剛すごいなぁと思いました。



個人的には「森田」が「岡田くん岡田くん」呼んでたのが違和感ありました笑
doragon

doragonの感想・評価

5.0
森田のことが嫌いだし、生理的に受け付けないし、恐い
でも大切にしてやりたいっていう気持ちもあるんだ
森田とちゃんと向き合えるようになるために、ぼくは勉強をするし、映画を観てるのかもしれない
シュワちゃんなら深く考えずに殺してしまうかな、スタローンなら平凡だけどじわじわ染みるような一言が言えるのかもしれない
こんなことを考えながら焼酎を飲む
それも映画の楽しみ
ぽめこ

ぽめこの感想・評価

3.2
ムロツヨシと濱田岳の組み合わせ最高。2人のかけあいコントみたいで面白い。

ストーリーはすいませんグロいの苦手なのであんまり合いませんでした、、まあR指定作品だったのでそういう内容だろうとは思っていましたが。


子供の頃のいじめ経験から統合失調症になって猟奇的殺人鬼になるっていうお話です。警察の場面はほとんどありません。同級生たちが何人か出てきて、巻き込まれていきます。

何のために2部構成の形をとったのかは最後までよくわかりませんでした。
まあムロツヨシと濱田岳が面白かったので見てよかったです。
>|