マシュー・ボーンの「白鳥の湖」3Dの作品情報・感想・評価

「マシュー・ボーンの「白鳥の湖」3D」に投稿された感想・評価

つみれ

つみれの感想・評価

3.0
YouTubeの無料配信。
どうしても、この曲古典の方ではなんのシーンやっけ、って見てしまうが。
女王のビジュアルがめちゃタイプでびっくりしたな。
lololo

lololoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

YouTubeで全編公開になっていたので。

お恥ずかしながら、バレエを丸っと見るのは初めてだった(子どもの頃に見たらしいけど覚えてない)ので、台詞がなくて約2時間飽きないかなぁなんて不安だったけど、ずっと見ていられた。

プリンスの人生は散々だったと思う。

The strangerの色気がすごかった。台詞ないのに説得力のある色男。あんな男にメロメロになってる母親、目の前で見たくないよーと思ってたら、プリンスまで縋り付いててびっくりした。
最期、亡くなってようやく母親がプリンスに触れて泣いてくれたのが悲しい。遅かったんだ…。。

バレエダンサーはそれにしてもすごい。男性同士でもひょいと体を持ち上げるし、女性のしなやかな動きにはうっとりする。

効果的な影の演出、かっこよかった。
不適切な表現をあえて使わせていただくならちょっと男らしくない王子(母からの愛情を十全に感じられないことをコンプレックスにもつ)が自殺しようとしていたところをアルファ雄(白鳥のすがた)に救われるのだが、舞踏会で再び現れたアルファ雄が母にご執心で自分とはこっそりしか会ってくれないもんだからアルファ雄と母親両方への嫉妬で狂ってしまい…というとんでもないバレエ《白鳥の湖》の翻案。同性愛の抑圧や偽装恋愛、そして同性愛治療によって起きる悲劇…。父親が完全にいない世界観なので、原典でのオデット/オディールであるところのザ・スワン/ストレンジャーが王子の運命の人かつ母親を奪う存在としての父、という凄まじい感じになっている。
……みたいなところもありつつ、やっぱりバレエはバレエなのでパ・ド・ドゥとかで素朴に感動できるのがミソだと思う。10月の新演出映画版も楽しみ。
のん

のんの感想・評価

4.5

舞台鑑賞のログです。すみません。





@オーチャードホール

ついに観たっ!コミカルな演出から、白鳥の舞の迫力、力強いパフォーマンスに息を呑む。
筋肉がそのまま羽を形づくっているようなスワン、大きくてびっくりした。

The Swan / Stranger : Will Bozier
The Prince / James Lovell

傑作だなぁ。
何回も何回も見てる。生の舞台は裏方で入ってたので舞台袖でも毎回必ず泣いてた(笑)このDVDでの王子役がその時は執事役だったとのも感慨深いです。
リチャード・ウィンザー版。初めて見たときの衝撃には及ばないけど、まあ挑発的で蠱惑的な作品。感情表現豊かであからさまなくらい、でも動きが優美で綺麗な線を描くように考えられ実現されている。美術も衣装も惚れ惚れする。禍々しいほど美しい。
とにかく美しかった。
すべての人の動きを余さず観たかったのに、目が追いつかなかった。
初めて3Dで見たけど、違和感や疲れはなかった。
DVDが欲しい。
しの

しのの感想・評価

5.0
息を呑む美しさ。

男性が演じる白鳥の湖。とても素晴らしかった。リチャードウィンザーもドミニクノースも本当に、最高。
踊りがしなやかで、きれいだった。白鳥が羽ばたいていた。

もう一回みたい。またマシューボーンの魔法にかけられてしまった!
素晴らしいとしか言いようがなく、目が足りないほどの2時間。
3D映像にストレスがないのは初めての経験。あんなに立体的に浮かび上がるとは。
衣裳もセットも素敵。プリンスのベッドのヘッドボードの王冠が好き。
古典の白鳥も大好きなので、これは比較できないベツモノ。
レミー

レミーの感想・評価

4.0
素晴らしい。
けどすごいゲイゲイしい。

最初は少し退屈かなと思ったんだけど、白鳥が出てきたところからぐんぐん引きこまれた!エネルギッシュ!

黒の白鳥がどう関わったのかが、結局よくわからなかった。Blu-rayが出たら絶対に買おう。
>|

似ている作品