マシュー・ボーンの「眠れる森の美女」の作品情報・感想・評価

マシュー・ボーンの「眠れる森の美女」2013年製作の映画)

Matthew Bourne's Sleeping Beauty

上映日:2015年07月04日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

「マシュー・ボーンの「眠れる森の美女」」に投稿された感想・評価

tomirdfx

tomirdfxの感想・評価

5.0
マシュー・ボーンのバレエ作品の中で一番好きで、渋谷での公演は二度観たしBlu-rayも買ってしまった。
yorimajo

yorimajoの感想・評価

2.3
マシュー・ボーン作品に興味があって観たけど案の定寝てしまった…けど作品と世界観は素晴らしかった。私のバレエの知識がもっとあればちゃんと楽しめたかも…いつか現地で観てみたい…
ならさ

ならさの感想・評価

2.8
これほんまにカラボスの人かっこよすぎて倒れるかと思った
カラボス主役じゃない?ぐらいかっこいい
100年の眠りから覚めるオーロラ姫。
いろいろ皮肉も込められてて、悪魔や吸血鬼が出てきたりと、物語を追うには予習が必要かも。
セット、衣裳といった美術のステキさ、ダンサーそれぞれの身体能力の高さ、プロポーション。
息が止まるほどうっとり。
のん

のんの感想・評価

4.0

シアターオーブで観劇。
スコアは満点だけど映画じゃないのでとりあえず。


待ちに待ったマシュー・ボーンの舞台。

シアターバレエでも感じたけれど、バレエというよりミュージカルに近いように思う。
良い意味で敷居が低い!
それでいて、ダンサーのパフォーマンスも振り付けも演出もハイクオリティなんだもん感涙( 〃▽〃)

今回、舞台美術・衣装の美しさ、細かなところまで行き届いた設定なんて、もうほんと贅沢。
いやもうほんと、鼻の穴膨らみっぱなしでした(笑)

構成は以下。

第1幕 1890年「オーロラ姫の誕生」
第2幕 1911年「大人になったオーロラ姫」
ーー休憩ーー
第3幕「オーロラ姫の目覚め」
第4幕 きのう「オーロラ姫の結婚式」
しの

しのの感想・評価

5.0
シアターオーブにて来日公演。

感動!
胸がいっぱいになった!

まず、チャイコフスキーの音楽が流れ、マシューボーンの創る、おとぎ話「眠れる森の美女」の世界へ。
あっという間だった。もっとみていたかったな。

セリフがなくても、ダンスや表情、演出でストーリーとか、その役の気持ちがとてもよく伝わってきた。表現力がすごい。
オーロラ姫の天真爛漫なところとか、
カラドック、カラボスの色気
むんむんなところとか、レオとオーロラ姫のダンスリフトとか全部が見所でテンポがよくて、一瞬も目が離せなかった。

マシューボーンの演出は、本当に魔法をかけてるみたい!見終わっても、まだ魔法にかけられていて、、、とけてほしくないな

絶対、また来日したら観にいきたい!
りえ

りえの感想・評価

5.0
映画じゃなくてバレエ。生で観てきた!現代アレンジの眠れる森の美女。DVD出たら買いたいな
aya

ayaの感想・評価

4.0
むかしむかし、あるところに……


映画でなく本舞台を観劇できました。

3大古典バレエの中でも「眠り」は、退屈だという評価が少なくありません。

実際マシューも退屈なストーリーをどう緩急を持った演出に脚色するか執心したそう。

限りなくコンテンポラリーに近いバレエだそうです。

ディズニー版のオーロラ姫が私は好きだ…!(もちろんマシュー版も良い♡)
ゆうか

ゆうかの感想・評価

3.4
バレエ振付家マシューボーンの眠れる森の美女。
彼は古典を大胆に翻案し、作り替える方で、既に「クルミ割り人形」「白鳥の湖」は発表済み、本作がチャイコフスキー三大バレエの最後のピースになります。今回は100年眠ったオーロラ姫が目覚めたのは現代であったという設定のよう。
予告のときは、目覚めたオーロラが驚きながらも現代を満喫する話かと想像していたのですが、全く違いました。
流れとしてはオリジナルと同じで、オーロラ誕生、オーロラ成人して呪いを受ける、100年たって呪いから目覚める、結婚式という流れ。
現代と絡めたのは、100年の流れをダンスの様式の変化で表現するということらしいです。その試みも惹かれるし、確かにダンス様式は変わっていっていたけど、全体的にいまいちでした。
美術や衣装が豪華だし、感情表現たっぷりめの演出は見ていて飽きなかったけど、肝心の躍りの振り付けがもったりしていて、冴えないというか…ダンサーたちの動きはキレキレなのですが、振り付け自体が何やりたいか分からないというか、感動がなかった。ザカーマンで星5をつけるほど感激したのですが…。
とはいえ、豪華な舞台は流石です。
6l3o

6l3oの感想・評価

3.1
モダンなエッセンス程度を期待てしてた。。
私には奇抜過ぎる。
>|

似ている作品