僕たちの戦争の作品情報・感想・評価

「僕たちの戦争」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

予算の関係だろうけど、CGとか諸々もう少しどうにかならなかったのか。と、タイムスリップの理屈は合ってる??
baba

babaの感想・評価

3.8
邦画過去鑑賞もの
めっちゃ懐かしい笑
原作めっちゃ好きやった
mippy

mippyの感想・評価

3.4
戦争の時代に生きていた人も現代に生きている人も何も心は変わらないという言葉が強く心に残る作品。
自分が魚雷に乗らなければみなみが生まれないという思いだけで爆撃に向かい、ミサンガが弾ける瞬間が切ない。
はら

はらの感想・評価

4.1
森山未來の演技力に拍手

戦争はおかしい
戦争は人を簡単に変えてしまう

森山未來かっこいい…
ryoryosan

ryoryosanの感想・評価

3.5
家族映画タイムで久しぶりに戦争もの。
うちの子どもが茨城の黒ギャルに吾一以上にビビってたのが笑った。ヤマンバギャルだったっけ。時代だなあ。
こういう軽いコメディタッチの方が子どもには戦争経験とか届くのかもね。
あんまり話覚えてないけど、なんだか胸にくるものがあったのは覚えてる。
今(2001年)を生きるフリーターと太平洋戦争時代(1944年)の特攻隊員がタイムスリップで入れ替わる話。
コミカルな感じもありつつ、シリアスな場面も多く当時小学生だった自分に衝撃を与えた作品です。

改めて見てみると、今の自分たちがどれだけ恵まれているのか嘲笑われているような気がしました。
メッセージ性が強く、こんな時だからこそ今を強く大事に生きようと思います。
本読んでから映像観たから、描写が結構カットされてて物足りないかと思ったけどすんごい良かった!
本に参考文献が沢山載ってたから、設定はフィクション感強いけど戦時中の話はきっとリアルなんだろうなって思える
ごじら

ごじらの感想・評価

4.0
戦争映画だけど、見やすい。感情移入しながら見れる数少ない映画だと思います。

当時の人たちにも
趣味があって、
家族があって、
好きな人がいた。

森山未來はいつだって最高
牛猫

牛猫の感想・評価

3.8
定職に就かずに呑気にサーフィンをしていた若者が、戦時中の1944年にタイムスリップする話。

容姿がそっくりな2人の青年が、2001年と1944年互いに異なる時代へタイムスリップしてしまう。過去から現代へやってきた方は文明の進化に戸惑いつつも、平和な日本に順応していくわけだけど、現代から過去へやってきた方は戦争によって命が失われる危機に直面するわけで、気が気でない。戦争を絡めたシリアスな展開になるのかと思いきや、互いの時代に生じるギャップや森山未来のコミカルな雰囲気が上手くハマっていて良い意味で軽いノリで見やすかった。
かと思いきや、終盤またシリアスに戻るというバランスが良かった。戦争について考えるきっかけになったし、当時を必死に生きて、特攻していった人も、今の若者と中身は変わらないということ。そこが際立っていて戦争の理不尽さや愚かさ、残酷さがヒシヒシと伝わってきた。

一人二役を見事に演じ分けた森山未来も素晴らしかったけど、一途な上野樹里と内山理名のダブルヒロインが良かった。

しかし内山理名の眉毛が1944年なのにバッチリ整いすぎているのが気になった。
あと過去にタイムスリップした健太の髪が金髪だったのにいつの間にか黒髪に戻っていたり、終盤怒涛の画面の切り替わりで少し混乱した。CGやセットがチープなのは予算の都合上仕方ない部分もあるけど、詰めれる部分はしっかり詰めて欲しい。
>|