ブラックボード 〜時代と戦った教師たち〜/第一夜 軍国主義[未来]の作品情報・感想・評価

「ブラックボード 〜時代と戦った教師たち〜/第一夜 軍国主義[未来]」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。
戦争が終わって腕や足を失ってもなんとか生きていける。
けど心はなかなか取り戻せないよね。
葛藤や怒りや後悔が何よりも自分を苦しめる。目に見えないから、ぶつかることができないから、消化不良で無気力になる。
戦争が残した代償は大きいけど戦争が無かったら学べてなかったことも沢山あるよ。
見て良かった。


太賀好きすぎる
太賀の最後の涙良すぎる
戦後の苦しみと、生きるっていうことがどれだけ大変で大切かと考えた

このレビューはネタバレを含みます

3つの時代のそれぞれの教師の在り方を描いた作品

戦後の日本で家族や教え子たちと向き合い、日本が戦争に負けた事、自らが戦時中に教師として教えた事を認め、再び道を歩み出す櫻井翔の演技がすごい
ちぁず

ちぁずの感想・評価

3.6
なぜ映画にジャンル分け?

櫻井くんの熱い演技が良かったです。体重落としてるんだろうな
JudyAbbott

JudyAbbottの感想・評価

3.8
櫻井くん目当てで見てましたが、これを見て菅田将暉のファンになりました。辛い話でしたが、いいドラマだと思います!
ゆ

ゆの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

櫻井翔の役の自分だけ生き残って帰ってきてしまってごめんと家族に謝ったセリフに彼の正義感とか軍人としての覚悟とかそういう当時の日本男児特有の気持ちとかがすごく伝わってきた。
自分の教え子の死への責任感、時代のせいにできない彼の気持ちを想像するととてつもなく辛い。戦争は終わっても、戦争をした事実が人々をまだ開放しなかったんだね。無礼と言われるかもしれないけど、わたしはそんな思いはしたくない
自分が今まで信じてきたものがいきなり全否定され、世間的にもそちらがマジョリティとされ、混乱に陥る。

しかし、戦争の被害を受けた元教え子や、現状を見ていく中で、自分の考えが間違っていたと気付いていく。そしてそれを受け入れることの辛さ。

戦争は終わってからもなお続く。
絶対に繰り返してはいけない過ちである。
mako

makoの感想・評価

-
【思い出しレビュー】

三部作の一作目

三部作の舞台は東京都大田区立都中学校という架空の中学校を舞台に、一夜毎に3つの違う時代の黒板(ブラックボード)の前に立つ教師を主人公としている。Wikipediaより抜粋。

主人公の教師役は櫻井翔。戦後が舞台。
戦前生徒達を戦地に送り出し、自らも戦地に赴き復員した。

戦地に送ることが未来に繋がると信じて生徒を見送った(そういう教育をしていた)のに、敗戦し生徒の未来を奪ってしまったことに自責の念にかられる。でも当時はそれが当たり前だった。時代に翻弄された教師を櫻井翔が好演していました。

生き残った教え子がその後教師になる。二作目はその教師が主人公。

生徒役には菅田将暉、野村周平など若手俳優が出演しています。
リリー

リリーの感想・評価

3.6
映画じゃない気がするけど、あったから記録📝中3の時放送されてたけどつまらないと感じて、途中で観るの辞めた記憶。5年経った今は最後まで観れた。
大賀、菅田将暉、中村蒼、野村周平、泉澤祐希、今売れてきてる俳優沢山出てる。
あかり

あかりの感想・評価

4.0
すごく印象に残ってる。
戦争が終わって帰ってきても、これまでの生活との違いに苦しんだ人は沢山いたんだと思う。
>|

あなたにおすすめの記事